浅田真央(2018-19)

181107-2-1.jpg

二日目は16時30分開演の回に行きました。二日目は広島県民優先の日なので、周りは広島の方ばかり。広島弁は可愛いけれど、イントネーションが標準語とかなりかけ離れていますね。間延びしていて、いい感じです。

皆さんはまんが日本昔ばなしの常田富士男と市原悦子のナレーションが「~じゃった」と言っていたのを覚えておいででしょうか?あれって脚本家が広島の人だったのではと思うのです。

がんす」という揚げかまぼこと「がんす饅頭」という回転焼きの広告を見掛けました。

そういえば、犬HKの2014年の後期の朝の連ドラ「マッサン」でも、玉山鉄二の扮する主人公の実家の番頭が「~でがんす」と言っていました。

藤子不二雄Ⓐの「怪物くん」のオオカミ男が「そうでがんす」と言っていましたね。エンディングの歌でも「そうでがんすのオオカミ男という歌詞がありました。

広島は観光名所も多いので、映画やドラマの舞台になる事が多いですね。外国人観光客を多く見掛けました。造船が有名なので、第二次大戦にまつわる史跡がたくさんあるからなのでしょうね。

二日目は早めに会場の中に入り、座席を確認した後、廊下の所で開演まで過ごしました。窓際の台になっている所に小学校低学年の姉弟のきょうだいが飛び乗ったり、廊下をバタバタ走っても、連れて来たお母さんはスマホに夢中で知らんぷり。

二日目もトイレでびっくりしました。リンク北側のトイレは人が空いていたのでラッキーと思ったら、な、何と明かりが点いておらず、真っ暗な中用を足すという状態でした。ひろしんビッグウェーブって何かとすごすぎなんです。

座っている人の前を通らないと自分の座席に辿り着けないのに、「失礼します」とか「すみません」というひとことがない母娘と出会いました。オープニングで舞さんが「アイスショーに初めて来られた人は手を挙げて下さい」と観客席に尋ねると、ほとんどの人がアイスショー初観戦でした。地方にはアイスショーが来ないので、なかなか観る機会なんてありませんよね。

橋本誠也くんが広島カープのユニフォームを着て応援歌のサビの部分を歌っていました。私は野球に全く興味がないのですが、広島のどこに行っても優勝おめでとうセールをしていました。その活気・熱気が他所の街と違うと感じます。さすが市民球団だけありますね。

二日目は公演中に体調が悪くなり、「蝶々夫人」の所で気分が悪くなりました。何であんな衣装なんだろうとふつふつと怒りが湧いて来ました。着物もどきじゃなく、正直チマチョゴリにしか見えません (#゚Д゚) プンスコ!

蝶々の柄があっても白装束に見えます。赤い帯ですが、帯ではなくて腰紐を前で結んでいるのです。間違いなくチマチョゴリです。しかも柄なしの赤い帯は安っぽく遊女のように見えます。袖が長いのは中国の昔の服、天女みたいな感じです。

蝶々ではなく、日本では聖徳太子の時代ぐらいの国風文化が栄える前の服に見えます。2015-16年シーズンの「蝶々夫人」は薄紫色で腰帯がありましたよね。あちらの方が良かったです。

せっかく真央さんが美しい「蝶々夫人」を滑っているのに、怒りに狂った朝鮮泣き女の舞にしか見えなくなったのです。非常に残念な事です。あの衣装だけは気品と徳のある真央さんには似合っていません。

181107-2-2.jpg

2日目の2回目の公演はアンコールにエルニと無良くんがジャンプを披露してくれました。エルニは怪我をしたので、全体的に不調でしたが、早く治ろうと努力しているのが伺えます。

サンクスツアーは無良くんがすごく良い味を出していて、メンバーのジャンプミスを無良くんがフォローしてくれているように見えました。最終日の「ピアノ協奏曲第2番」が終わった時、真央さんと無良くんが抱き合ってショーの成功を称え合っていました。

無良くんは2016-17年シーズンに「ピアノ協奏曲第2番」でフリーを滑っているのですが、サンクスツアーでは「」をソロパートで滑ります。いやー現役時代に「鐘」で滑っておけば良かったのにと思う程、無良くんにとってはまりプロです。

181107-2-3.jpg

最終日はアルソアアイスパーティがあるので、12時開始の公演だけです。立見席に番号が振ってあるので、そこに立って観るのかと思いきや、入場の際は番号順ですが、観る時は好きな所でご覧下さいとの事でした。

立見席しか取れなかったのでどんなもんかねえとあまり期待していなかったのですが、案外よく見えました。先にいらっしゃった方に声をかけて公演が始まる前にお話しました。その方は福山からバスで来られていて、福岡公演にも行かれたそうです。また双眼鏡まで準備されていました。私も用意しておけば良かったと後悔しましたが、なしでも全然OKでした。

町田樹くんはこのひろしんビッグウェーブで練習していたそうです。このスケートリンクから世界的なスケーターが育ったんですね。

舞さんの「ポル・ウナ・カベサ」がとってもかわいくて、髪型も長い時より今のボブぐらいの長さがよく似合っています。

181107-2-4.jpg

舞さんは次の島根公演でサンクスツアーのメンバーから外れますが、誰がメンバーに加わるのでしょうかね。私の予想なのですが、女性1名ではなく2名加わるのではないかと思うのです。

というのが、「仮面舞踏会」を真央さんと舞さん以外のメンバー8名で男女ペアになって滑ります。振付が面白くて、こういう演出もあるんだなあと感心しました。

DAZZLEというダンスユニットの長谷川達也さんが振付けが斬新でいいですねえ。

それで真央さん・舞さん・無良くんはソロパートがあるのですが、男性のメンバー3名は1つのプログラムを分割して滑ります。女性は群舞でソロパートがありません。

なので、舞さんというソロパートを滑る重要な役割があるメンバーが一人抜けた場合、それに代わるプロスケーターでサンクスツアーに参加できる人が思い当たりません。

ソロパートの部分を交代で滑るぐらいの知名度で今ある意味暇な人・フリーな人を探している最中、あるいはもう決まって練習に参加しているのかもしれません。もしかしたら、追加メンバーを入れずに来年も9人で滑るのかしらねえ。

私はアルソアアイスパーティが始まる前に帰りましたが、並んでいる人達を見た限り、男性の比率が結構多かったのです。奥さんにアルソアの化粧品を買って貰って応募したのでしょうかね。

サンクスツアーの観客の年齢構成はアイスショーに来る度に思うのが、年齢層が高めですね。お金と時間に余裕がある人しかアイスショーには行けませんよねえ。

181107-2-5.jpg

真央さんはどんな時でも姿勢がいいので、見ていて気持ちがいいですね。サンクスツアーは自然と笑顔になるショーでした。こういう素敵なショーの企画をして実践してしまう真央さんは本当に素晴らしい才能を持っていると改めて感心&尊敬しました。
福岡県民優先でチケットが取れず、チケット転売屋から買う気にもならず、今年はサンクスツアーに行けないだろうなあと諦めていました。あるいは、追加公演の島根公演に賭けようかと思ったりもしました。

私がツイッターで福岡公演のチケットを探していた時にチケットを譲って貰おうと思い、ダイレクトメッセージを送りました。お返事が来て、譲って貰えるのは福岡ではなく広島公演の分でした。しかも福岡の人だと思い込んでいたら、関西在住の方でした。

その関西にお住まいの方がおっしゃるには西日本の公演が少ないので、福岡と広島の分をご家族の方を動員してチケットを手に入れたそうです。余った分を譲ろうと思い、ツイッターで募集をかけていたのだそうです。

来年のサンクスツアーの場所が偏っているように感じるんですよね。均等に開催されないものでしょうかねえ。サンクスツアーは数年続けて欲しいです。真央さんの体力と「私の街にも来て~!」という声が聞こえなくなるまでやり続けて貰いたいです。

どうせ行くなら島根より広島の方が交通の便がいいので、広島公演のチケットを転売屋から買う事にしました。チケットを取ったはいいけど、久しぶりの旅行なので準備でバタバタしました。

9年ぶりの広島訪問です。行きは地下鉄で乗り換えに地下街を歩き、博多駅へ。乗り換えも含めて30分以内で着きました。それから新幹線でたったの66分です。新幹線の速さと山の中のトンネルを通す技術。日本って本当にすごい国ですね!

広島駅からJR可部線緑井行きに乗り換えましたが、新幹線の乗車券(博多(市内)~広島(市内)有効)でそのまま白島(はくしま)駅まで行けました。

白島駅からアストラムラインでひろしんビッグウェーブのある牛田(うした)駅まで移動します。

初めてアストラムラインに乗りました。モノレールとも違うし、愛知県小牧市の廃線になった桃花台のピーチライナーみたいなものでしょうかね。

広島は地盤が花崗岩で雨や風で真砂土になります。地盤がもろく特殊土壌地帯に指定されています。

なので、福岡も浅瀬を埋め立てて土地を広げたのに地下鉄が掘れたのですが、北九州と広島は地盤がもろいので地下鉄が作れなかったと聞きました。

ですが、最終日の立見席で福山からバスで見に来られていた方に聞いたのですが、アストラムラインも地下を通るとのこと。確かに、県庁前駅には紙屋町シャレオという地下街があります。

広島は地下街を作れても狭いので、やはり地盤が弱いのでしょうね。地下鉄は金がかかりますので、新交通システム・ニュートラムの方がいいと思いました。

181107-1-1.jpg

牛田駅に着いて初日の公演は入場スムーズに行われず、開演が遅れました。牛田駅を降りたらすぐに行列が始まっているのです。どんだけ運営は手際が悪いのでしょうかと感じずにいられませんでした。

入場前のトイレが不便で、スポーツセンターのトイレを貸して貰うのですが、靴を脱いでスリッパを借りて、さらにトイレでトイレ用の下駄に履き替えるという面倒なものでした。

公園のベンチで待っていると席を空けても礼も言わない母娘に出会いました。もみじ饅頭をコンビニから送ろうと言ってるところをみると、他所からいらっしゃった方々なのでしょう。

その母娘が去った後、女性二人がやって来ました。私が荷物をどけようとしたら、「いえいえ、いいんですよ」と言ってくれました。それで「どこから来たか?」という話から、「何年から真央さんのアイスショーに行ってるか?」、「現役選手をどう思うか?」というような話をしました。

その女性達は二人で真央さんのアイスショーに12年以上も一緒に行ってるので、私が「気の合うお友達がいていいですね」と言ったら、「実は私達きょうだいなんです」とお姉さんがおっしゃいました。香川県の愛媛寄りの所からお越しの姉妹でした。同じ趣味のきょうだいがいるのはいいですね♪

すっかり辺りが暗くなり、私が入場して間もなく公演が始まりました。サンクスツアーは慈愛酢のようなインタビューやダンスタイムがなく、休憩がないのでシンプルでいいと思います。

ショーのオープニングは真央さんが「This Little Light of Mine」の曲で頭に布を被って滑ります。そして、「Smile」に移り、舞さんがMCをします。真央さんは中学選手権ぶりに広島に来たそうで、舞さんが「東北から来た人」と観客席に向かって尋ねます。

そうすると「(宮城県)仙台から」と「岩手」と答えた方がいました。北海道から二人来られていて、じゃ、逆に「沖縄は?」と舞さんが尋ねると、女性が一人手を挙げました。

初日の席はA席でセンターなのですが、私の前に座高の高い女性が座っていて、前の人の頭と頭の間から覗き見する事になりました (;´д`)=3トホホ

公演が終わるとアンコールでメンバーが出て来てくれたけれど、挨拶だけして控えに戻りました。あっさり公演初日は終了。メンバーの方々も移動でお疲れのことでしょう。

サンクスツアーは真央さんが皆さんの町に感謝を届けに日本全国を周るショーだけあって、メンバー一人一人の個性が光るように設計してあっていいですね。ジャ慰安ショーじゃない点に感心します。

衣装の早着替えがすごいですね。メンバー皆大急ぎで衣装を着替えて出て来るので、よく息が切れないものだと感心します。敢えて下手な例えをすれば、紅白歌合戦や新春かくし芸的なものに感じるかもしれないけれど、真央さんがするとそれすらも爽やかなものに変わってしまうのです。

181107-1-2.jpg 
181107-1-3.jpg 
181107-1-4.jpg 
181107-1-5.jpg 
181107-1-6.jpg

帰りは皆さんが出た最後の方で出たのですが、牛田駅の階段の下で待つ事10分以上でしたね。いざホームに入ったけれど、定員オーバーで次の便に乗るようにと言われました。

駅のホームは小さいし、帰りは混雑するのは容易に想像できたので、牛田駅に来た時点で帰りの切符を買うようにアナウンスがありました。回数券があればなあと思ったのですが、普通運賃しかありませんでした。
Olympic Channel - 競技、アスリート、動画など
浅田真央 独占インタビュー:「可能性はまったくもってゼロ」
https://www.olympicchannel.com/ja/stories/news/detail/浅田真央-独占インタヒュ-可能性はまったくもってセロ/

181002-1-1.jpg

日本のスーパースター、浅田真央さんがオリンピックチャンネルの独占インタビューに答えて「浅田真央サンクスツアー」や自身の将来について語ってくれました。 インタビューの中でフィギュアスケートの五輪銀メダリストである浅田さんは、自身のカムバックについては全く考えてないと可能性を否定しました。

浅田真央独占インタビュー:「可能性はゼロパーセント」

フィギュアスケート銀メダリストが独占インタビューに応じ、「サンクスツアー」や自身の今後について語った。

181002-1-2.jpg
https://twitter.com/olympicchannel/status/1046427125505544197

Q:まず何故サンクスツアーを開催されることになったのか教えてください

引退発表をしてから、毎年10年間自分が出続けていたショーが7、8月にあって、そのショーを終えたら、私は今後一生スケートを滑ることもないだろうと思っていましたし、そのアイスショーで皆さんに感謝の思いを届けられたらいいなと思っていたんですけど、終わってみて沢山の方からまだまだ私の演技が見れてないよという方だったり、まだまだ見たいよと言う方が本当に沢山いらしてくださって、私自身も自分がこれから何をしていきたいのかなとずっと考えていた時に、やっぱり自分に今出来ることはスケートを滑って22年間応援してくださった方や支えてくださった方へ感謝の滑りを届けることだと思ってそれからこの「浅田真央サンクスツアー」を始めようと思いました。

181002-1-3.jpg
181002-1-4.jpg
181002-1-5.jpg
181002-1-6.jpg
181002-1-7.jpg
181002-1-8.jpg
181002-1-9.jpg


Q:現役選手の生活で一番恋しいことは何ですか?

私、引退発表をしてから選手としての生活だったり、試合が恋しいと思ったことは一度もないんです。

Q:私は浅田さんのスケートを生で見たことが何度かあり、とても楽しませていただきました。実は私のガールフレンドも浅田さんのファンです。私たち以外にも浅田さんが再びメダルを目指して滑る姿を見たい人は何万人もいると思います。いつになったら浅田さんは現役復帰をしますか?

本当に復帰は0パーセントです。

181002-1-10.jpg

それだけ私はソチオリンピックが終わった時に自分の全てを出し尽くしたと思って一度やめたんですけれども、また自分が出来ると思って復帰してからスケート人生全てをその2シーズン、復帰してからの2シーズンに捧げてきましたし、全てを出し尽くしたので、本当に復帰はしたいと思いませんし、可能性としては0パーセントだと思います。

Q:何故このような質問をするかと言うと、例えばボクシング界ではチャンピオンが引退した後、すごいオファーを受け、「じゃあもう一度復帰してみよう」と言う例もあります。ですので、浅田さんを説得するには何が必要でしょうか?

ボクシングではどういったオファーがあるんですか?

―大抵はすごい大金のオファーをもらうそうです。

フィギュアの世界ではそういったオファーはないと思います。

181002-1-11.jpg
浅田真央は2014年ソチのフリースケートで彼女のスコアを待つ

Q:浅田さんはフィギィアスケートでは経験すべきことは全て経験されたと言えます。コーチとしても最適だと思います。コーチとしての浅田真央は?

そうですね、、、コーチは、、、

今の所は頭の中の片隅にはありますね。でもそれが本当に今したいことかと言われたら、今はまだ本格的なコーチとしてはしないのかなと思ってます。

181002-1-12.jpg
181002-1-13.jpg
181002-1-14.jpg

Q:では何年も先には可能性としてありますか?

どうかな、、、分からないけど、まだ考えてます。

181002-1-15.jpg

Q:若い世代のスケート選手にどのようなアドバイスがありますか?

スケートが好きと言う気持ちだけは忘れないで、スケートを続けて欲しいなと思います。

Q:フィギュアの話をしましょう。ロシアの若手選手アレクサンドラ・トゥルソワは今季プログラムに4回転ジュンプを三つ入れることに挑んでいます。評論家の中にはフィギュアはジャンプ中心になり過ぎていると言う人も多いですがそれについてどう思われますか?

いや、もう本当にジュニアのレベルって、すごい私たちのジュニアの頃よりもさらに上がっていますし、その頃には考えられないぐらいのレベルになっていることにまず私は驚いています。

フィギュアスケートはやはりあの技術面、難しいジャンプをやることも大切ですけど、それだけではなくて表現力だったりも合わさることでフィギュアスケートの魅力っていうのが増すのかって思っています。

でもフィギュアスケートも一つ、スポーツと言うこともあると思いますので、私は色んな難しいことにチャレンジすることは決して悪くないことだと思っています。それにプラス、表現力だったり、その見せるスケートができれば、それはもっともっと良くなるのではないかなと思っています。

181002-1-16.jpg
https://twitter.com/ISU_Figure/status/1039133894577147904

Q:浅田さんは現役時代大変なプレッシャーを受けていたと思います、日本のプライドでもあったので。最近多くのスポーツ選手はメンタルのコーチともトレーニングしています。これについてどう思われますか?そして若いスケート選手にとってそれは役立つと思いますか?

やはりもちろんスポーツもそうですけれども、フィギィアスケートでも私実際経験してきて、やはり精神面ってすごい大切だと思いました。

すごい繊細なスポーツですし、心理的なもので自分の調子が乱れてきてしまったこともあったので。

私もこれからのスケーターの子達には心理学や、そういう専門のコーチをつけることはとてもいいことなんじゃないかと思っています。

Q:浅田さんはキャリアの中で何度かコーチを変えられました。ご自身の経験からコーチを変えることによってどういうことを得られましたか?

私は選手の中ではコーチをたくさん変えていた方だと思うんですけども、やっぱり新しいコーチに付くことで色んな新しいことを吸収できますし、また違った気持ちで練習に臨むことが出来ていたので、色んなものを吸収できたと思っています。

(中 略)

181002-1-17.jpg

Q:浅田さんはTVコメンテーター、女優、DJなどとして活躍されたり、マラソンを走られたりと。色んなことに挑戦されていいますが、次に人生の中でしたいことって何ですか?

女優はやってないです!

えっとですね、、、このサンクスツアーも今までのショーとは違って、全く新しいアイスショーでこれも本当に新たな挑戦だと思っています。なので今後も私はやはり色々なことに挑戦し続けることが好きなので。

また自分がこういうのやってみたいなと思うものがあればそれに挑戦していきたいと思っています。

Q:このサンクスツアーのどういうところが挑戦であると思いますか?

普段のアイスショーでは多くて自分のソロが2曲なんですけど、このサンクスツアーでは自分の滑る曲が8曲あるんですね。

181002-1-18.jpg
181002-1-19.jpg

なのでその数滑ること自体がまず新たな挑戦でもありますし、また全て今まで自分が作ってきた曲をキャストのみんなと一緒に交代交代で滑っていくと言う新たなショーを作ったので、そういった全てが一から、0から私自身が考えてスタートしたアイスショーなので、この「浅田真央サンクスツアー」全て内容も含めて新たな挑戦だと思っています。

181002-1-20.jpg
181002-1-21.jpg
浅田真央が2017年ホノルルマラソン完走を祝う

Q:浅田さんがホノルルマラソンを走ったと聞いたとき、「次は何に挑戦されるんだろう?」と思いました。例えばバンジージャンプとか?

バンジージャンピングはやりました。

Q: ではスカイダイビングは?

スカイダイビングはやってみたいです。

181002-1-22.jpg

Q:ご自分がアドレナリン中毒だと思いますか?

それはあると思います。

やっぱり緊張したり興奮したりするのってやはり試合に似てる部分があるので。

もちろんフィギィアスケートの試合に出たいとは思いませんけど、そういった挑戦だったり達成感を味わえるっていう挑戦はして行きたいと思っています。

Q:まず浅田さんが夏の競技、夏のオリンピックで競うとしたら、どの競技を選びますか?

今、ぱっと思い付いたのはテニスですね。

私テニス良く見るんですけど、最近ですけどね、やって見たいなと思っていて。

大坂なおみちゃんと錦織圭くんが勝ち進んでいるのを今ライブで見ているので、私も経験してみたいなと思いました。

もう10月になってしまいました。今年は運がついているのか?私の住む街には日本の各地で起こっている甚大な被害の災害がありませんでした。本当にありがたやーでございます O(-人-)O アリガタヤ・・ 来年、何か起こるかもしれません。

トップ画面の画像なのですが、日本語版だけで英語版の記事にはトップ画像がありませんでした。日本語版なのに・・・なぜかバンクーバー五輪の時の長洲未来ちゃんの画像になっています。日本語版を作った方が真央さんと勘違いしたのでしょうか?(-ω-;)ウーン

真央さんが現役復帰すると考えているなんて、真央ファンは誰も考えが及ばないでしょう。例え、記事にあるようにボクシングのような大金を提示されても、真央さんはなびかないでしょう。お金には困っていないし、お金に執着していません。

伊藤みどりさんのようにスケート教室で指導していたら、スケートを滑る喜びと楽しさを再確認して、人前で滑ってみたいので、アダルト選手権に出るというような事は将来あり得るかもしれませんね。

真央さんのサンクスツアーに対する心構えは、現役の頃の「さらなる高みを目指して」に通じるところにありますよね。お金が目的であれば、真央さんはもうとっくにフィギュアスケートとおさらばしているでしょう。

真央さんの演技を見たいと言うファンの気持ちを想って、立ち上げてくれたアイスショー。気軽に観に行けるようにチケット料金の設定を普通のショーの半額以下にして、スケーターが間近で滑っているのをお客さんに見て欲しいと狭いリンクで開催してくれています。

コーチに関しては真央さんは今はまだ新しい挑戦のアイスショーを立ち上げたばかりなので、だいぶ先の話だと思います。

真央さんがかつて師事した山田満知子コーチが以前、語っていた事は「本当はスケートのコーチをしたくない。選手を引退して、一旦家庭に入った後、子供達を見ることになった。しかし、子供達が試合で負けて泣くのを見るのが辛いので、本当は嫌なんだ」というような事をおっしゃっていました。

他のスポーツも似たようなもんでしょうが、特にフィギュアスケートは採点競技の中にあって、理不尽な採点に苦しめられている選手が多い競技なので、トップ選手のコーチになるのは並大抵の決意じゃ勤まらないと思います。

中略した箇所は、本家のIOCサイトでは分割された動画でしたが、日本語版の記事にはしっかりねじ込まれていました。動画を文字起こしして、割り込まれていました。ご覧になりたい方は下記のリンクからどうぞ (*>ω<)つ├゛-`/゛♪

Mao ASADA | Mao ASADA Videos | Olympic Channel
https://www.olympicchannel.com/en/athletes/detail/mao-asada/videos/

真央さんはスカイダイビングに挑戦したいと言ってるけども、バンジージャンプができる人だから、たぶんやってのけてしまうでしょうね。それにしても、真央さんは勇気あるよねえ。アドレナリン中毒というか、ものすごくアクティブだわぁ。

最後に忘れていましたが、ノーベル賞の受賞者の発表時期なんですね。今年も日本人の受賞がありました。まあ、今までの蓄積で研究場所も海外、主にアメリカなので、今後は恐らく日本人の受賞者はいなくなると思いますが。

今年の日本は自然災害が猛威を振るって深刻な被害をもたらしたので、日本人の受賞はとても嬉しいですね。ノーベル医学・生理学賞に輝いた京都大特別教授の本庶佑(ほんじょ たすく)先生、おめでとうございます!!(*^▽^)/★*☆オメデト♪

また半島が泣き喚いてノーベル症を発症しているんでしょうかねえ。目的が違う時点で、永遠に無理だと思うんですけどね。ニダーさんには人の為に役立ちたいという気持ちが欠落していますものねえ。
美しき氷上の妖精 浅田真央展 |博多阪急: 阪急百貨店
http://www.hankyu-dept.co.jp/hakata/h/2018/0710asada/index.html

博多阪急 WEBチラシ
http://www.hankyu-dept.co.jp/hakata/h/digi_p/2018/0625asada/index.html

あまりの暑さに出不精がさらに加速しているこぱんだです。せっかく真央さんの衣装展が福岡初開催なんですが、行かないでおこうかなと思っていました。あまりの暑さにバテて、ブログもこのまま放置プレイでいこうかと (;´Д`A ```

私は地下鉄七隈線で行くのですが、地下鉄空港線に乗り換えするのに、アパレルだらけの天神地下街を500mぐらい歩かねばなりません。要所駅と連結しておらず、こんなアホな地下鉄があるのは日本でもいや世界でも福岡だけでしょうね(怒)

天神地下街は人で溢れかえっていました。夏休みかつお盆で家族連れが多かったし、シナー&テョンの観光客がいっぱいいました。福岡にはGWに博多どんたくというお祭りと9月に元寇(蒙古襲来)に縁のある筥崎宮(はこざきぐう)時の放生会(ほうじょうや)というお祭りがあるのですが、それぐらい人が多かったです。

日参しているフィギュアスケートブログ様が浅田真央展が“九州発”と表記してました。実際、九州初なんですけど、東京の人からすると、九州はひとまとめに考えているでしょうね。確かに、関門海峡を隔てて、ひとつの島ですから、ひとくくりにしてしまう気持ちは分かります。首都から見ると、いわば僻地ですからね。

が、北部九州と南部九州で文化が全然違うんですよね。それに小さな島ですから、九州新幹線は高速バスで良かったかもしれません。東北は県の面積が広いし、平野が多いし、東京に近いので、新幹線を通すメリットがたくさんあります。

博多駅にはJRで旅行に行く時にしか行かないので、今回の真央さんの衣装展で初めて博多阪急の催事場に行きました。デパ地下には行った事があるのですが、8階には行った事なかったので、8階に着いて「催事場はどこ?」とほんの少し迷いました(笑)

近くの衣料品コーナーの店員さんに、「真央展はどこですか?」と尋ねていた年配の女性の方がいらっしゃいました。真央展に来ていた人は、男性もちらほら見掛けましたが、9割女性。しかも、年齢高めでした。超高齢化社会の波が・・・と感じてしまいました。

真央さんが2005-06シーズンからシニアに参戦してから引退までの10年間、真央ファンの皆さんは真央さんの事を自分の娘だったり孫のように、成長を見つめていたのだと思います。

180813-1-1.jpg 
180813-1-2.jpg 
180813-1-3.jpg 
180813-1-4.jpg 
180813-1-5.jpg 
180813-1-6.jpg

写真撮影可の衣装が6点ほどありました。

180813-1-7.jpg 
180813-1-8.jpg 
180813-1-9.jpg 
180813-1-10.jpg 
180813-1-11.jpg 
180813-1-12.jpg

実際に衣装を間近で見ての感想は、真央さんのスタイルはマネキン人形レベルです。ウエストのくびれがすごすぎます。この衣装を着こなせるスタイルの持主はなかなかいませんね。正しく「氷上の妖精」さんです。

昨年末、TBSのKYOKUGENでKiroroの曲に合わせて滑った真央さんの衣装の展示の横にモニターがあり、その時の映像が流れていました。

浅田真央 スペシャル EX 2017 ~ 「氷上のメッセージ」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32522097

上映室では私が行った時には、浅田真央『Smile Forever』が上映されていました。

浅田真央『Smile Forever』 - ポニーキャニオン
http://visual.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCBG000052530/

浅田真央 『Smile Forever ~美しき氷上の妖精~』 Blu-ray&DVD 2017年10月4日発売

https://youtu.be/oTlWfKLJp5M

ソチのフリーの場面でハンカチを取り出し、涙を拭いている人がいました。

180813-1-13.jpg 
180813-1-14.jpg

真央さんグッズの販売とメッセージボードがありました。グッズの値段を見て、びっくりー (゜ロ゜) ギョエェェェー
タオルハンカチが¥1,080よ?エコバッグが2,500円していました。税抜きなのか税込価格か覚えてませんが。

180813-1-17.jpg

携帯ストラップだけ買って帰りました。それでも¥1,080也~♪(・∀・)つ⌒⑩

180813-1-15.jpg

出口でーす ε=ε=ε=ε=ε=┏( >_<)┛ さよーならー

エスカレーターでデパ地下を目指して帰る時に、5階にテディベアのお店がありました。夏なのに暑苦しく感じますが、シュタイフのぬいぐるみが置いてあるのかと思い、ちょっと覗いてみました。くまのぬいぐるみを見ると、飼っていた♀のヨークシャーテリアを思い出します。

Teddy Bear's Club 博多阪急店
http://canal-bear.com/shop_hakatahankyu.html

ぬいぐるみは飾るスペースがないし、酷暑に見るだけでも、余計暑さが増しますねえ。ということで、先ほどの真央展で買うのを惜しんだエコバッグを買いました。

180813-1-16.jpg

真央エコバッグの3分の1の価格で買えました。真央エコバッグは小さいし、あれじゃ、スーパーの買い物での荷物は入りませんね。

「テディベアーズクラブ」のショップのお姉さんも小さくて可愛らしい方でしたが、隣のお店に目を向けると、ハワイアンの恰好をして、日焼けサロンでばっちり小麦色の肌にしているお姉さんがいました。えっ、すごすぎーこんな店があるんだ~とプチ驚きです。

フラハワイ博多阪急店
https://www.instagram.com/hulahawaii.hakata/

たぶん、フラダンスのインストラクターの方なのかなあ?シチュエーションに徹しているのがすごいなあと感心しました。真冬は暖房があるとは、ハワイアン柄のチューブトップドレスとサンダル姿なのかしら?ちょっと気になるので、冬にまた博多阪急に行ってみようかね。

その後、デパ地下に行ったのですが、家の近所の喫茶店のオーナーさんと話した時に、天神のデパ地下よりも博多阪急の方が充実してるし、お客さんが多いとおっしゃっていました。本当にその通りでした。

天神には三越と大丸と地元の百貨店(伊勢丹の傘下)があります。天神のデパ地下はつまらないです。というか、そもそもデパ地下にもう飽きたし、値段がスーパーより高いし、並んで迄買う程美味しいか?と言われたら、そこ迄じゃないんですよね。

阪急が博多駅に来る前には、今は北九州の小倉に残っている井筒屋という百貨店がありました。駅ビルのくせに、やる気がなくて、かなり寂れていましたよ。駅ビルが再開発されて、阪急が入って、関西のお店(九州初出店)が来たので、目新しさがあっていいと思いました。
とれたてフジテレビ
もう一度滑ろう、そして感謝を届けたい!
更新日時:2018.05.21
https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/180518-141.html

幸せはリンクの中に ~浅田真央 人生の第2章~
6月17日(日)16時5分~17時20分

浅田真央さんが引退後に初めて取り組むプロジェクトがあります。それは、真央さんが感謝を届けるアイスショー全国ツアー“サンクスツアー”。引退後、一度はスケートをやめることも考えた真央さんですが、「もう一度真央さんの演技が見たい」という声を聞いたとき、「やっぱりもう一度滑ろう。そして感謝を届けよう」と思うようになりました。新しいアイスショーは、できるだけ多くの人に見てもらうことにこだわり、値段を抑え、自分の出番を増やし、日本中を回るものにしたいと、自分自身でプロデュース。オーディションで集めた仲間とともに、選手時代に負けないほどの練習の日々を過ごしました。自身のプログラムの新しいアレンジ、衣装、全体の構成にこだわり抜き、納得のいくアイスショーを作り上げました。

カメラは、この新プロジェクトを作り上げていくまでの約半年間、舞台裏に密着し、新しい人生を歩みだした真央さんの素顔を描き出します。初回公演を終えた真央さんの表情に浮かんだものは…。そのすべてに迫ります。

[コメント]
渡辺克樹ディレクター
「選手時代も浅田真央さんのスケート人生に密着してきましたが、“サンクスツアー”が出来上がるまでに迫ったこの約半年は、これまでを遥かに超える密着映像であふれます。笑い、泣き、感情をぶつけあい、そして一つのゴールに向かってみんなで頑張る姿はこれまでの真央さんには決して見られなかった姿です。初回公演のあとの達成感に満ちた真央さんの表情は必見!今の真央さんのすべてが詰まっています。」

[番組概要]
タイトル
『幸せはリンクの中に ~浅田真央 人生の第2章~』

放送日時
6月17日(日)
16時5分~17時20分

出演者
浅田真央、浅田舞 ほか

ナレーター
Superfly

スタッフ
プロデューサー渡辺克彦(東海テレビ)

ディレクター渡辺克樹(東海テレビプロダクション)

制作協力東海テレビプロダクション

制作著作東海テレビ

フジテレビ マスカット
15年もの間、浅田真央を取材し続けるディレクターが語る素顔の真央とは!? 6月17日(日)放送
更新日時:2018.06.15
http://www.fujitv.co.jp/muscat/20180363.html

浅田真央と最初の出会いは?

180618-1-1.jpg
浅田真央を取材する渡辺ディレクター

浅田真央さんと厚い信頼関係を築いてきたディレクターがいます。彼の名は、渡辺克樹(東海テレビプロダクション)。東海テレビが制作・放送してきた浅田さんの番組制作には全て彼が関わっていたのです。

「浅田真央選手が、まだ小学校6年生の時、2002年12月の全日本選手権で3回転を3回連続して飛びました。それからほどなく、自分が真央選手の担当をすることになりました。翌年2003年の4月、練習リンクにお邪魔し真央選手を指導していた山田満知子コーチに挨拶させていただきました。当時は、まだネットも普及してなく専門書も少なく、一から勉強するため、毎週月曜、木曜に行われていたスケートクラブの練習に毎週のようにお邪魔していました。後で知ったのですが、真央選手や同じクラブで練習していた村上佳菜子選手も、頻繁にやって来る自分の事が話題になっていたそうです。そして、その年、真央選手が中学1年生の時、全日本ノービス選手権の予選大会があり、ぶっちぎりで優勝しました。その頃からあらゆる大会で、好成績を収め注目を集めました。フィギュアスケート選手は、身長が1cmでも伸びると、ジャンプのバランスがものすごくとりにくくなるといわれています。彼女は中学2年生の時、身長が10cmも伸びました。そこからの努力は並大抵のものではなかったはずなのに、常に勝ち続けていました」

こう語る渡辺ディレクターは、競技者としての浅田さんを冷静な目で見つめ続けていたのです。

180618-1-2.jpg
サンクスツアーの練習に取り組む浅田真央

そして、渡辺ディレクターは、浅田真央が競技人生にピリオドを打ち、プロスケーターとして初めて取り組んだビックプロジェクトをも長期間に渡って追い続けていたのです。この番組の取材と編集に追われる中、彼に見どころを聞きました。

「選手時代も浅田真央さんのスケート人生に密着してきましたが、“サンクスツアー”が出来上がるまでに迫ったこの約半年は、これまでを遥かに超える密着映像であふれます。笑い、泣き、感情をぶつけあい、そして一つのゴールに向かってみんなで頑張る姿はこれまでの真央さんには決して見られなかった姿です。初回公演のあとの達成感に満ちた真央さんの表情は必見!今の浅田真央のすべてが詰まっています。番組では、真央選手が何をモチベーションに滑り続けたのか、これまでの映像をふんだんに盛り込み、その軌跡をお伝えします」

180618-1-3.jpg
ツアーメンバーと練習する浅田真央

そして、浅田さんもツアー直前に胸の内を語ってくれました。

「(このツアーをやりたいと)姉の舞に声をかけたとき、すぐに一緒にやろうと言ってくれて、とてもうれしかったです。とにかくたくさんの人に、今の自分の感謝のスケートを見てほしい、ただそれだけを思っています。自分で曲を決め、アレンジを新しくしていく作業は、イベント実現に向けて、苦労という苦労ではなかったと思います。自分の滑りやプログラムを見つめなおす意味で楽しくもありました。そのパフォーマンスをオーディションで選んだメンバーに伝え、グループナンバーとしてみんなと動きを合わせていく練習には多くの時間をかけました。苦労したからこそ、いいものができたと思っています」

浅田真央×Superflyの対談が実現!

180618-1-4.jpg

浅田さんが大好きなアーティスト、Superfly・越智志帆さんが番組のナレーションを担当することになりました。越智さんがナレーションを担当するのは初めてのことです。浅田さんが「浅田真央サンクスツアー」を自身でプロデュースしていく上で、Superflyが昨年11月に行ったライブ“Bloom”が、浅田さんに大きな刺激を与えました。ステージの上で意識していることは?ライブの達成感とは?など「パフォーマー浅田真央」が気になる話題をぶつけていくスペシャル対談も実現。渡辺ディレクターによると、越智さんを起用した理由は、「真央さんがアーティストSuperflyの越智志帆さんが大好きだということでしたので、越智さんに出演を依頼しました。対談だけではなく、ナレーションもご担当していただきました」とのこと。浅田さんがこの対談をどれだけ楽しみにして、どんな表情で対談したのでしょうか。

今の浅田真央さんを映し出すこの番組にご期待下さい。

番組情報

幸せはリンクの中に ~浅田真央 人生の第2章~

<放送日時>
6月17日(日)16時5分~17時20分

<出演者>
浅田真央、浅田舞 他

<ナレーター>
Superfly

YouTubeに動画をうpして下さっている奇特なお方がいらっしゃったので、ローカル放送であるにも関わらず、放送された日に見ることができました。うp主様、どうもありがとうございました!!((ヾ(o゚∀゚o)ノ☆゚+.ァリガトゥ♪

15年も浅田姉妹と付き合いのある「かっちゃん」によるドキュメンタリーなので、真央さん達が自然に振る舞っていて、こんな感じにショーを創り上げていっていたんだあと興味深く見ることができました。

一人で練習するだけなら、自分を追い込むことができるけれど、メンバー10人で動きを合わせることにかなり苦戦していました。しかも、貸し切りのスケートリンクを確保するために、夜9時から真夜中にかけての練習です。

帰宅は朝方になるのでしょうか?そこから少しだけ寝て、テレビ・雑誌・ラジオとメディアに出て「サンクスツアー」を宣伝するために、営業していた真央さんの血の滲むような努力には頭が下がります。

そして、初演の新潟公演の控えの様子を見ることができましたが、真央さんはショーに出ずっぱりなので、体力を消耗していて、パイプ椅子でぐったりしている姿が捉えられていました。

本当に良くここまでショーを一から創り上げて来たんだなあと真央さんの実力に感心した番組でした。12、3歳からアイスショーに出ていた経験と慈愛酢で座長を経験した事が「サンクスツアー」に生かされていました。

メンバーの中には主要な大会に出た事がなかったり、アイスショー未経験の人もいて、真央さんが今まで経験して来た事を惜しみなく伝えていました。

真央さんは後進の指導、ショーの演出、振付と多彩な才能を開花させています。試合でしか達成感は出せないと思っていたのに、ショーを一から創り上げる事の達成感の大きさに真央さん本人も驚いていました。

真央さんは今が一番充実している時なのではないかと思います。現役選手の頃はただ機械のように動いているだけだったとsuperflyの越智志帆さんとの対談で語っていましたね。

superfly(スーパーフライ)というバンド名を初めて知りました(;''∀'') 歌は聞いた事があったのですが、誰の歌なのか知りませんでした。越智さんのナレーションは落ち着いた声なので、聞きやすかったです。

真央さんも越智さんも自然に帰りたいということで意気投合しましたが、本当にお二人が隣に住んで農業を営んでいたりしたら、面白いよね ( *´艸`)クスッ♪

越智さんのご実家が愛媛県今治市(旧朝倉村)出身なので、真央さんはタオルの街・今治に移住したりして(笑)愛知県から愛媛県に同じ「愛」の付く県に移住することになるかもしれないね。
page back