日本橋高島屋で「美しき氷上の妖精 浅田真央展」が開催されている中、福岡には残念ながら高島屋がなく、いじけているこぱんだです "p(-ω-〃) イジイジ

九州なのに、なぜか博多駅に阪急百貨店ですからね。入札で一番良い条件を出したからJRのビルに入ったんでしょうけど、何で博多に阪急なのか・・・?私は高島屋が入るものだと思い込んでいました。

それに、田舎都市なので、駅には駅ビルしか商業施設がありません。なので、JRの利用客以外博多駅に行かず、ほとんどの人が100円バスで天神に行ってしまうという状況です。

それで、大丸(松坂屋グループ)福岡天神店で開催されている『こうの史代「この世界の片隅に」原画展』2017年9月13日(水)→2017年9月24日(日)に行って来ました。

実は、「この世界の片隅に」の映画をまだ見てないんですよ。

映画『この世界の片隅に』特報

https://youtu.be/6LC0uBDSXc8

YouTubeの「あなたにおすすめ」という動画の中に、ドラマ版の「この世界の片隅に」があり、私は「今年(2017年)の終戦記念ドラマかぁー」なんて思って見ていたら、何と2011年に放送された作品だったんですね。何という遅れ者なんでしょう ヾ(;´▽`A``アセアセ

この世界の片隅に

https://youtu.be/uVTOawt6dIs

しかも、動画に中国語の字幕があるし、海賊版のコピーなんでしょうかね。

北川景子はのんびりとした主人公すずとはずいぶんかけ離れたイメージですねえ。ドラマのすずさんは周作さんの浮気を疑い、常にピリピリ嫉妬している状態なのです。本当に“のんびり”だったら、小姑からのいびりにも気付かないはずなんですけどね。

170917-1-1.jpg

りょうが演じた小姑・経子(けいこ)はマンガの絵とそっくりなんです。リン役の優香も水原役の速水もこみちもいいと思いました。義父役の篠田三郎と義母役の市毛良枝は良く似合っています。あと、子役は二人ともかわいいのですが、もっとワカメちゃんヘアだったら、完璧だと思いました。

このドラマ版を見てから、マンガ版を電子書籍で読みました。上巻が無料だったので(笑)昨年暮れから映画が公開されたのに、人気が衰えないところがすごいですね。

170917-1-2.jpg

原画展は、大丸本館の催場の片隅で行われていて、横では靴のバザールが開催されていて、大賑わいでした。原画展のパネルの横には大丸のポイントカードの端末が置いてあって、そこに人が並んでいて、写真を撮るのに結構苦労しました σ(^_^;)アセアセ...

170917-1-3.jpg

原画展は行って良かったなあと思ったのが、マンガから分からない事を知ることができました。主人公すずさんが右手を失ってから後の場面の背景を、作者のこうの史代さんは左手で描くようにしたそうです。

だから、荒いタッチになっていたのかあと感心しました。背景が荒いタッチになったので、すずさんが右手を失った事によって、いよいよ終戦に近づく壮絶さを感じることができます。

それから、口紅で描いた絵もありました。コンテという画材で描いていたと思っていましたが、本当に口紅で描いていたんですね。

私がこの作品を何度も読み返しているのは、広島弁と家族の仲の良さです。すずさんは一日中家事労働に追われる専業主婦です。年子の妹のすみちゃんは女子挺身隊として軍需工場で働いています。

すずさんは外で働いて金銭を受け取っていないけれど、とにかく暇な時間がないのです。北條家に嫁ぐ前は浦野家は海苔の養殖をしていたので、海苔の加工を手伝っていました。あと鶏の餌やりとおつかいを小さい頃からしていました。子供の頃から家の手伝いは当たり前。子供は立派な労働力です。

今のように家電がある訳でもないし、呉の中でも坂の多い所にある北條家は水を汲んで来るだけでも、一苦労です。物資不足で練炭がないので、代用練炭を作るのもすずさんの仕事です。

戦時中で供給が追いつかないのもあるのですが、昔は既製品がなかったので、服は何でも自分で作らないといけない時代でした。すずさんは着物をもんぺに作り直します。女性は女学校で料理と裁縫を習います。とにかく何でも自分でやらないといけないのです。

すずさんと周作さんの結婚式が仏前で行われていたのが印象的です。戦前は今よりかなり仏教が盛んだったと思います。高度経済成長期に田舎から都会に出て来た人が、新興宗教に勧誘されて入信してしまったり、冠婚葬祭を地域共同体で行わず、業者に頼むことになってしまい、仏教が廃れたように思います。

広島弁に惹かれるのは、私の母親が島根出身で、祖母が話していた言葉がほとんど広島弁に近いので懐かしく思い出します。母から、親の事を「お父さん、お母さん」なんて呼ぶのは何かいい所の家の人という感じだったと聞きました。「お父ちゃん、お母ちゃん」と呼んでいたそうです。

伝聞「~げな」は福岡も使いますし、名古屋でも使います。語尾に「~けん」は愛媛でも使います。中国・四国地方は単語は京言葉に近いけど、関西弁とはイントネーションが違いますよね。

小学生の時、島根の親戚宅に行って、金額がいくらか聞くのに、「なんぼ」と言うのを聞いて、びっくりした事があります。接続詞は「それで=そんで、ほんで、そいで」という感じですかね。

「ほうかね」、「~のう」、「良かった=えかった」、「~かいな」等を聞くと何かほわわんとして、懐かしくなりました。往々にして、中国地方の方言は間が抜けていて、のんびりしています。映画版ののん(旧・能年玲奈)さんの話し方がしっくりきます。あのくらいおっとりした感じがすずさんのイメージにぴったりです。

170917-1-4.jpg

入場の際、ハガキを貰いました。このお話は戦時の末期で、しかも東洋一の軍港がある呉を舞台にした作品で、悲惨な事を描いています。だけど、なぜか「はだしのゲン」と違って、明るく何度でも読みたいと思える作品に仕上がっているのは、家族愛が中心に描かれているからなんだと思います。

上にも述べたように、戦前は性分業がはっきりしていて、結婚は女性にとって、就職と同じ意味でした。家事労働は機械化されていない分、人海戦術でやらないといけません。子供は親の仕事を手伝うのが当たり前で、家が自営業の場合は、一家全員手伝わないといけません。家族がいないと生きていくのが困る時代だったのですよね。

170917-1-5.jpg

敗戦後の様子も描かれています。戦前は靴がなかったので、大人から子供まで下駄を履いていました。冬には足袋を履きますが、それを見てテョンが豚の蹄(ひづめ)のようだと思い、日本人の事を“チョッパリ”という侮蔑語を作り出しました。

【桜井誠】戦後の朝鮮人犯罪と山口組【高倉健さんの映画は実話】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24956108

戦後、第三国人として、悪行の限りを尽くしたテョン。強制連行されて日本に来たんですよね。恨みを晴らしてせいせいした事でしょう。恩を仇で返すキ〇ガイ民族。日本に出稼ぎに来る人は半島でも貧しい下層の人達でしょうね。

170917-1-6.jpg

占領期のアメリカの婦女暴行は特に神奈川県の方が被害に多く遭われて、日本がサンフランシスコ講和条約で独立後は沖縄が長きに渡って被害に遭われたのは周知の事なんですが。ろくでもない奴が日本に派遣されていたのだと思うと、非常に腹が立ちます。

それにしても、こうの史代さんはリケジョなんですね。広島大学の理学部中退。この作品を描くに当たって、調べた事は膨大な量だったことでしょう。よくあの当事の事を調べているなあと感心しました。まるで学者のようです。
スポンサーサイト
これまた興味深い展示が九州にやって来るとはと感心していました。九州国立博物館単独でこういう開催ができるのかと不思議に思っていたら、東京・東北・九州という3拠点での開催だったんですね。関西と東海をすっ飛ばしているのも変ですねえ。

太宰府天満宮の菖蒲園の方から九州国立博物館に向かうと、長い長いエスカレーターに歩く歩道。歩く歩道の所にラスコー展のポスターとパネルがありました。

170905-1-2.jpg
170905-1-1.jpg

特別展「世界遺産 ラスコー展」 クロマニョン人が残した洞窟壁画

東京・国立科学博物館
2016年11月1日(火)~2017年2月19日(日)

宮城・東北歴史博物館
2017年3月25日(土)~5月28日(日)

福岡・九州国立博物館
2017年7月11日(火)~2017年9月3日(日)

東京で開催されている時は、天皇皇后両陛下に秋篠宮ご夫妻もお越しになったようです。

両陛下、「世界遺産ラスコー展」を鑑賞

https://youtu.be/ykOlEyUVAYQ

秋篠宮ご夫妻が「世界遺産 ラスコー展」をご鑑賞

https://youtu.be/BF_OVNiLtZU

展示内容は以下の動画をご覧下さい。

ラスコー展 IN 福岡

https://youtu.be/jEcdNbfq9ds

特別展「世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が見た世界」

https://youtu.be/2brn3oQ5Rzc

国立科学博物館、ラスコー展=クロマニョン人が残した洞窟壁画再現

https://youtu.be/N98sOOAZe7w

国立科学博物館 「世界遺産 ラスコー展」

https://youtu.be/ahuVWF9xdf4

ラスコー展では3箇所で写真を撮れることになっていました。フラッシュ撮影はできないため、デジカメで下手糞撮影な私はさらに上手に写真が撮れず、たくさんボツになりました。

170905-1-3.jpg
170905-1-4.jpg
170905-1-5.jpg

私はクロマニョン人が出没する最後の日を狙って行きました。ナイトミュージアム(17時以降の入館)で200円引きでした。しかも、梅ヶ枝餅1個(120円)の引き換え券付き♪実質、1,280円での入館でした。

はじめての☆クロマニョン語

https://youtu.be/xZlAJeJRrF4

九州国立博物館の太宰府天満宮側の入口にある浦ノ田遺跡で撮影していますね。

170905-1-6.jpg

【ゴンツヨ】 九州国立博物館 ラスコー展 クロマニヨン人現れー

https://youtu.be/iFJlYXWTuNw

私はこのクロマニョン人の役者さん達は東京・宮城、そして福岡と回っていると思ってたんです。旅費代も博物館側が出すと・・・とんだ勘違いで、九州国立博物館の独自のイベントだったんですね。

じゃあ、このお二人は福岡の地元の劇団の人なのでしょうか?あるいは博物館の学芸員がやってます、なんてことはさすがにないよな。

170905-1-7.jpg
170905-1-8.jpg

親切なお二人で、私が最後まで上手に写真が撮れずに困っていると、手を振って近付いて来てくれました。そして、ポーズを決めてくれました。無事、写真を撮ることができました。

お二人が50~60代のご夫婦の所に行って、推定のクロマニョン語で話しかけても、ノリが悪くて、固まってる状態でした。クロマニョン人のヘッタさん達はマックのドナルドみたいな感じなのかな。テーマパークのキャラクターみたいな立ち位置ね。

170905-1-9.jpg

博物館から出て来ると、だいざいふ遊園地が閉園していました。門前町はほとんどの店が17時で閉店でした。

170905-1-10.jpg

太宰府天満宮といえば、梅ヶ枝餅なんですが、福岡三大餅というのがあるんですよ。梅ヶ枝餅太宰府天満宮)・愛宕餅愛宕神社)・松ヶ枝餅宮地嶽神社)とあるんです。

門前町のかさの家が一番有名です。しかし、私は菖蒲園の所にあるうぐいす茶屋の物が一番美味しいと思います。ここを知ったのは、以前、博物館に行く前に、お茶をしようということになり、ふらりと入ったからでした。

もし、大宰府天満宮にお越しの際は、ぜひ門前町ではなく、もうちょっと奥にある菖蒲園のお店に立ち寄られてみて下さい。
ウィキペディア  ベン・ブルース・ブレイクニー
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベン・ブルース・ブレイクニー

反日・自虐史観を排した歴史年表
ブレークニー弁護人の発言
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/yougo/burekuni.html

東京裁判の法廷でアメリカ人弁護人のベン・ブルース・ブレークニーは、昭和22年3月3日、以下のように発言した。

「国家の行為である戦争の個人責任を問うことは、法律的に誤りである。なぜならば、国際法は国家に対して適用されるものであって、個人に対してではない。個人に依る戦争行為という新しい犯罪をこの法廷で裁くのは誤りである。戦争での殺人は罪にならない。それは殺人罪ではない。戦争が合法的だからである。つまり合法的人殺しである殺人行為の正当化である。たとえ嫌悪すべき行為でも、犯罪としてその責任は問われなかった。
キッド提督の死が真珠湾攻撃による殺人罪になるならば、我々はヒロシマに原爆を投下した者の名を挙げることができる。投下を計画した参謀長の名も承知している。その国の元首の名前も我々は承知している。彼等は殺人罪を意識していたか? していまい。我々もそう思う。それは彼等(米国)の戦闘が正義で、敵(日本)の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからである。」
何の罪科で、いかなる証拠で、戦争による殺人が違法なのか?
原爆を投下した者がいる。この投下を計画し、その実行を命じ、それを黙認した者がいる。その人達が(東京裁判を)裁いている。
原子爆弾という国際法で禁止されている残虐な武器を使用して多数の一般市民を殺した連合国側が、捕虜虐待について日本の責任を問う資格があるのか


裁判長のウェッブ(オーストラリア人)は、「仮に原子爆弾の投下が国際犯罪であるにしても、アメリカがそれを行ったということは、本審理といかなる関係もない」とほざき、ブレークニーの発言を無視しようとした。

しかしブレークニーは引き下がらず以下のように主張した。

日本はその非法なる原爆投下に対して報復する権利を持つ。報復の権利は国際法の認めるところである

このときのビデオはこちらで見れる。ブレークニー弁護人の肉声も聞くことができる。

インチキ裁判の最中にも立派なアメリカ人がいたことを日本人は知っておくべきだろう。

東京裁判: ブレイクニー弁護人の弁論

https://youtu.be/EFpB2oN-scU

tomoのブログ
tomoさんのブログ
東京裁判で正義を貫いた米国人弁護士
公開日時:2011/11/16(水) 午前 6:42
http://blogs.yahoo.co.jp/tomopapa1023/6997588.html

かつて日本は美しかった
JJ太郎さんのブログ
東京裁判で原爆投下を追及したブレークニー弁護人
公開日時:2013年1月29日 (火)
http://jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2013/01/post-d125.html

ネイビーブルーに恋をして
お節介船屋さんのブログ
東京裁判のアメリカ人弁護人たち~ベン・ブルース・ブレイクニー少佐
配信日時:2015-01-05
http://blog.goo.ne.jp/raffaell0/e/9f5178cf70581b710cc806063be867f2

170126-2-1.jpg
170126-2-2.jpg
170126-2-3.jpg
170126-2-4.jpg
170126-2-5.jpg
170126-2-6.jpg
170126-2-7.jpg
170126-2-8.jpg
170126-2-9.jpg
170126-2-10.jpg

戦争した相手国だから、感情論でいったら弁護の余地はないはずなのに、法律家として「正義とは何か?」という観点から日本の弁護をしたブレイクニー弁護士。

縁故やしがらみの多い文化の国だとこういう高潔な人は出て来ない。アメリカは欠点が多い国だけど、このような公平な人も出て来る土壌がある。

ウィキペディアより東京に法律事務所を開設したが、1963年3月4日セスナ機を操縦中、伊豆半島にある天城山の山腹に激突し死亡した。

しかし、ブレイクニー弁護士の最期が事故死とは、いい人が不幸な死に方というのは人生平等じゃないんだねえ。
12/15(木)日下公人「日本出動」第17回 ゲスト:関岡英之<アジア〜グローバリゼーションの行き着く彼方>
https://youtu.be/0TcCiihzW2o?t=5m44s

2016/12/15 にライブ配信
今回はゲストに、満を持して、関岡英之さん(ノンフィクション作家・評論家)をお招きします!

DHCシアターの討論番組「やらまいか」でもおなじみの関岡さんですが、実は元銀行員(日下先生と同じ)。
また、若かりし頃はアジア放浪の旅を繰り返していたとか。
そんなミステリアスな一面もお持ちの関岡さんが見る、現在のアジア、そして最近も訪問したというインドについて、さまざまなお話を伺えればと思います。

=====================================
◎ゲスト:関岡英之 (ノンフィクション作家・評論家)
1961年東京生まれ。
1984年慶應大学卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
2001年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程を修了。

著書は『拒否できない日本』(文春新書2004年 24刷のロングセラー)など多数。
デビュー作は『なんじ自身のために泣け』(河出書房新社2002年)

=====================================

テレビを捨てて7年になるので、地上波で何が放送されているのか知りません。それで、2016年12月15日(木)放送、DHCシアターの日下公人さんの番組を視聴していたら、年次改革要望書の存在を世に知らしめた『拒否できない日本』で有名な関岡英之さんがゲストでした。(1:02:03~)

その番組の中で関岡英之さんがNHKで「東京裁判」のドラマが放送されている事を言及されていました。NHKが作ったドラマなので東京裁判史観に凝り固まった偏向のものかと思ったら、比較的中立的に作られているということでした。

170125-1-2.jpg
170125-1-3.jpg
170125-1-4.jpg
170125-1-5.jpg

それで、パル判事に同情的に描かれていて、イギリスの判事がカナダとニュージーランドの判事と結託して裁判を牛耳ろうとしたり、母国政府に働きかけ政治工作をしてウェッブ裁判長に帰国命令を出させる。イギリスを中心とした裁判の多数派を否定的に描いているような気がするとのことです。NHKにしては珍しいこと。

170125-1-6.jpg
170125-1-7.jpg

それから、キャストが有名な人に依頼しているので、随分金をかけているなあということです。パル判事役のイルファン・カーンはハリウッドに進出しているので、判事役の中では一番ギャラが高かったのではないかと思います。

170125-1-12.jpg

ミスキャストだと思う人が一人いました。マッカーサー役の人がハゲてて肥満でチビだったので、マッカーサーは滅茶苦茶な占領政策をして嫌いな奴ですが、さすがにこのキャストはどうかと思いました。せめてカツラを被るとかあったと思うんですが、似ても似つかぬ全く別人でした。

NHKスペシャル ドラマ 「東京裁判」
http://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=tokyotrial

初回放送 2016年12月12日(月)~15日(木) 夜10時25分  総合 午後10時25分~11時25分

ドラマあらすじ
70年前の東京で、11人の判事たちが「戦争は犯罪なのか」という根源的な問いに真剣な議論で取り組んだ東京裁判。NHKは世界各地の公文書館や関係者に取材を行い、判事たちの公的、私的両面にわたる文書や手記、証言を入手した。浮かび上がるのは、彼ら一人一人が出身国の威信と歴史文化を背負いつつ、仲間である判事たちとの激しいあつれきを経てようやく判決へ達したという、裁判の舞台裏の姿だった。11か国から集まった多彩な背景を持つ判事たちの多角的な視点で「東京裁判」を描く。人は戦争を裁くことができるか、という厳しい問いに向き合った男たちが繰り広げる、緊迫感あふれるヒューマンドラマ。

1946年の春。東京の帝国ホテルに戦勝国11か国の判事たちが集まった。日本の戦争指導者を裁く「東京裁判」を開くためだ。裁判の焦点になったのは、ナチスを裁くニュルンベルク裁判と同時に新しく制定された「平和に対する罪」。それまで国際法では合法とされていた「戦争」そのものを史上初めて犯罪とみなし、国家の指導者個人の責任を問う新しい罪の概念であった。この「平和に対する罪」を弁護側は事後法として否定する。判事室では各々の判事の意見が鋭く対立、最初は短期間で決着がつくと思われた裁判は、混迷と長期化の様相を見せてゆく。
裁判の舞台裏の攻防に、日本滞在中の判事たちの私的な行動や、周辺に現われる人物の思惑が混じり合う。1948年の秋、ついに11人の判事たちは2年半に及んだ東京裁判の結論となる判決を出すべく、最後の評議の場に臨むのだった。被告たちの生と死が分かれる瞬間。それは、「人は戦争を裁けるか」という、人類の根源的な問いに答えが出されるときでもあった。

キャスト
*判事役を演じる俳優たちの多くは、それぞれの判事の母国出身
豪・ウィリアム・ウェッブ裁判長(ジョナサン・ハイド
英・ウィリアム・パトリック判事(ポール・フリーマン
蘭・ベルト・レーリンク判事(マルセル・ヘンセマ
印・ラダ・ビノード・パル判事(イルファン・カーン
加・ダグラス・マッカーサー連合国軍最高司令官(マイケル・アイアンサイド
日・竹山道雄塚本晋也

脚本・主題歌など
*NHKの企画原案による、カナダ、オランダとの国際共同制作
【テーマ音楽】中島ノブユキ
【題字】赤松陽構造
【語り】草笛光子

170125-1-1.jpg

YouTubeやDailymotionにうpして下さっている動画を見せていただきました。奇特なお方のおかげで助かります。解説が三宅民夫アナで、私は声質としては好きなアナウンサーなんだけど、反日番組「日本の、これから」の司会をしている三宅アナに対する批判が多く存在する。

170125-1-13.jpg

全文書き起こしサイト
NHKスペシャル ドラマ 東京裁判
http://kakiokoshi.hatenablog.com/search?q=NHKスペシャル ドラマ 東京裁判

パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)
パール判事の日本無罪論 (小学館文庫) 文庫 – 2001/10
田中 正明 (著)

世界がさばく東京裁判
世界がさばく東京裁判 単行本 – 2005/8
佐藤 和男 (監修)

私が読んだことがある東京裁判関連の本は↑の二冊です。このドラマを見て、東京裁判について勉強したくなりました。

170125-1-8.jpg
170125-1-9.jpg

日本は戦前特高がいたのに、ぱっと見、異邦人と分かる人にスパイ活動させていたとは、、、いやはや情けないですね。

170125-1-10.jpg

本物の梅判事はアナゴ顔でブサイクだけど、この俳優さんはなかなかハンサム。英語で演じてるから香港の俳優さんかしら。蒋介石が任命した国民党選出の判事なのに、共産党を支持して文革で失脚ですか?人生の悲哀を感じますね。

170125-1-11.jpg

Yahoo!知恵袋
どうして東京裁判のフィリピン派遣の判事デルフィン・ハラニーリャは戦犯追及の急先鋒で戦犯全員の死刑を要求したのですか?
質問日時:2013/1/2007:43:26
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12100561577

フィリピンは親日というイメージがあるんだけど、このドラマでハラニーリャ判事が一番日本への恨みをぶちまけていました。
ライブドアニュース
バイデン米副大統領 日本の憲法は「我々が書いた」と異例の発言
配信日時:2016年8月16日 12時46分
http://news.livedoor.com/article/detail/11895480/

160822-1-1.jpg

ざっくり言うと

 米大統領選の共和党候補トランプ氏は、日本の核保有を認める発言をしている

 バイデン米副大統領は15日、発言について「学校で習わなかったのか」と批判

 「日本は我々が書いた憲法で核保有国になれない」と述べた

トピックニュース
日本の憲法「我々が書いた」…米副大統領
読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 【ワシントン=黒見周平】バイデン米副大統領は15日、ペンシルベニア州の集会で、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)が日本の核保有を認める発言をしたことを巡り、「日本は我々が書いた憲法で核保有国になれないことを彼は理解していない。学校で習わなかったのか」と批判した。

 バイデン氏の発言は、日本国憲法が連合国軍総司令部(GHQ)主導で作成されたことを踏まえたものとみられるが、米政府高官が公の場で「我々が書いた」と表現するのは極めて異例だ。

 日本政府は、「憲法9条は一切の核兵器の保有及び使用を禁止しているわけではない」との立場をとっている。ただ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)など「他国の国土の壊滅的破壊のためにのみ用いられる兵器」は、自衛のための必要最小限度を超えるため、9条との関係で保有できない。

産経ニュース
バイデン副大統領「私たちが日本国憲法を書いた。日本は核保有国になり得ない」 トランプ氏の容認論批判、異例の発言
配信日時:2016.8.16 13:34
http://www.sankei.com/world/news/160816/wor1608160022-n1.html

160822-1-2.jpg
15日、米ペンシルベニア州で集会に参加するバイデン副大統領(左)とクリントン氏(タイムズ・アンド・トリビューン提供・AP)

 【ワシントン=青木伸行】バイデン米副大統領は15日、ペンシルベニア州で演説し、共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏を批判する文脈の中で「(日本が)核保有国になり得ないとする日本国憲法を、私たちが書いたことを彼(トランプ氏)は知らないのか」と発言した。

 米政府の要人が、日本国憲法を米国が起草したと強調することは異例。バイデン氏は日本などの核保有容認論を展開しているトランプ氏を批判しようと、日本国憲法を持ち出した。

 バイデン氏は「(トランプ氏は)学校で習わなかったのか」とも皮肉り、「彼に(大統領として)核兵器発射のコードを知る資格はない」と非難した。

 バイデン氏は6月、米公共テレビ(PBS)のインタビューで、中国の習近平国家主席に対し、北朝鮮の核開発を阻止しなければ「日本は一夜のうちに核を開発できる」と語ったことを明らかにしている。

zakzak
【痛快!テキサス親父】バイデン米副大統領の演説「日本国憲法はわれわれが書いた」は重要だぜ
投稿日時:2016.08.19
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160819/dms1608191140009-n1.htm

160822-1-3.jpg
バイデン米副大統領の演説は、日本人を目覚めさせるのか=15日(AP)

 ハ~イ! みなさん。

 バイデン米副大統領が、日本の「終戦の日」にあたる15日、ペンシルベニア州で、注目すべき演説をしたぜ。敵対する共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏を批判する文脈で、「(日本が)核保有国になり得ないとする日本国憲法を、私たちが書いたことを彼(トランプ氏)は知らないのか!」と発言したんだ。

 民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントン元国務長官を応援する意図だろうが、これには重大な問題が含まれている。日本でも知られつつあるが、日本国憲法は占領下の1946年、GHQ(連合国軍総司令部)スタッフがわずか1週間で原案を作成し、日本側に押し付けたとも言われている。

 これは、占領者が占領地の法律を尊重することを定めたハーグ条約(1907年)に違反すると考えられているんだ。敗戦国には、戦勝国に抵抗する力はない。「快く受け入れた」と言っても、説得力に乏しい。特に「第9条」は、戦勝国が「二度と俺たちに逆らうな」と敗戦国に与えた懲罰という指摘まであるぜ。

 俺は以前から、「憲法第9条では、日本は国を守ることができない。国を守ることができる憲法に改正すべきだ」と言い続けている。国家は、国民の生命や財産を守るのが当たり前だからだ。

 日本には「憲法第9条が日本の平和を守ってきた」と主張する人々がいるが、事実はまったく違うと思うぜ。第9条があっても、島根県・竹島では日本人の命が奪われ、韓国に不法占拠された。バイデン演説があった15日、韓国の超党派の国会議員10人が竹島に強行上陸したぜ。第9条があっても、沖縄県・尖閣諸島周辺海域に、中国の公船や漁船が連日侵入しているじゃないか。このままでは、竹島同様に尖閣も強奪されるぜ。

 静かに生活していても、泥棒や強盗に入られることはある。それを防ぐために、家のカギを厳重にして、防犯システムを強化するのは当然だ。日本の現状をみると、自宅の一部をすでに泥棒に奪われ、玄関先に強盗が出入りしているように思えるぜ。泥棒や強盗とは、交渉などできないことを肝に銘じるべきだ。

 米国を含めて、日本を取り巻く世界情勢は極めて不安定になっている。今こそ、日本人には「自分の国は自分で守る」という強い意志が必要だ。戦後71年もたった。いつまで、戦勝国の懲罰を守り続けているんだ? バイデン演説を聞いて、誇り高き日本人は何か感じないのか?

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。あとは、外国人がとやかく言う問題ではない。日本人が自分たちで決めることだ。

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』『素晴らしい国・日本に告ぐ』(ともに青林堂)など。

NAVERまとめ
バイデン米副大統領「日本国憲法は我々が書いた」→日本国憲法は押しつけ憲法だった?
更新日時:2016年08月17日
http://matome.naver.jp/odai/2147134527164346701

私はサヨクの人から歴史修正主義者(リビジョニスト)と言われるんだろうけど、日本国憲法はアメリカから押し付けられたので、さっさと作り変えるべきだと思っている。

160822-1-4.jpg

https://twitter.com/hyakutanaoki/status/386872777426210816

デイリー新潮
百田尚樹氏「九条信者を前線に送り出せ」 “放言”の真意は
投稿者:デイリー新潮編集部
http://www.dailyshincho.jp/article/2015/09040850/?all=1

憲法9条があったから平和が続いたのではなく、アメリカの核の傘に居ることが出来たからなんだよね。そのアメリカが少しずつ衰退して来ていて、将来的には覇権国であるかは分からない。

このままぬるま湯にいたらいざとなった時に自力で立ち上がれなくなる。共和党候補のドナルド・トランプが次期米国大統領になれば、日本が立ち上がるチャンスができる可能性がある。

もし、女性初の米国大統領としてヒラリー・クリントンが次期米国大統領になれば、日本はこのままゆでガエルになってしまうだろう。

民主党のバイデン米副大統領がアメリカが日本国憲法は押し付けだったと認めたのは、共和党の議員の発言ではないところがミソ。日米開戦をしたかったのが民主党政権のフランクリン・ルーズベルト大統領だったからである。

カエルの楽園
カエルの楽園 単行本 – 2016/2/26
百田尚樹 (著)

「カエルの楽園」が予言の書となりつつある・・・
page back