ウリナラ伝統芸能

FOX13 NEWS
セント・ピーターズの家族はジープはサムソンノート7の爆発によって全壊された
更新日時:2016年9月7日 午後10:51
http://www.fox13news.com/news/local-news/203295058-story

VIDEO - Jeep on Fire Totaled by Exploding Samsung Galaxy Note 7 - FLORIDA

https://youtu.be/utHRQtuzuYo

セント・ピーターズ(FOX 13)-サムスンがギャラクシー7スマートフォンを回収したわずか数日後に、彼はリコールが最初の場所で実施された重大な理由を発見したと言います。

ネイサン・ドナーカーさんの妻リディアは、家族が労働者の日の朝にガレージセールへ行くと言いました。夫妻が娘に買った机を車から降ろしている間、ネイサンは彼のジープグランドチェロキーのセンターコンソールにギャラクシー7の充電中のままにしていました。

リディアは家族がより多くの用を足すために去ろうとしていたので、彼らは車に戻るために、家族の介護犬と一緒に8歳の娘を行かせたと述べました。しかし、犬は何かが間違っていたと知っていました。ネイサンは窓の外を見て、彼のジープが燃えていると気付きました。

電話は爆発して炎はネイサンのジープを飲み込みました。

セント・ピーターズの消防隊員は火を消しにやって来ました。

ネイサンは彼の車が誇りだと言いました。彼が車に多くのカスタマイズをしていたとFOX13ニュースに話しました。今、それらのカスタマイズは灰になり、ネイサンは新たな乗り心地を見付ける必要があります。

ノート7Sの発火や爆発が確認された後、サムスンは先週10カ国でスマートフォンを回収しました。

一方、サムスンはすでにノート7Sを買った顧客は約2週間で新しいスマートフォンに交換することができると言いました。それはネイサンにはあまりにも遅すぎる2週間です。

これまでのところ、携帯電話に関する問題に関連した怪我の報告はありません。

160922-6-1.jpg
160922-6-2.jpg
160922-6-3.jpg
160922-6-4.jpg

これテロじゃないの?ジープが爆発炎上なんて、どんなスマホなんだ!ケガ人がいなくて本当に良かったよ ε=( ̄。 ̄;)フゥ

保守速報
【米国】韓国サムスンのGalaxyNote7が爆発してジープが炎上!!!!!!!(動画あり)
公開日時:2016年09月16日17:00
http://hosyusokuhou.jp/archives/48460025.html

Gigazine
サムスンのGalaxyNote7が爆発してジープが炎上、FAAが飛行機内への持ち込み時には電源オフを勧告
配信日時:2016年09月09日 10時53分00秒
http://gigazine.net/news/20160909-jeep-totaled-samsung-galaxy-note-7/

WMBF NEWS
リコール対象のサムスンノート7 オリー郡の住宅火災の原因
更新日時:2016年9月8日 午前1:09  報告者:ジョシュ・ロバーソン
http://www.wmbfnews.com/story/33034080/recalled-samsung-note-7-possible-cause-of-horry-county-house-fire

WMBFNews.com, Myrtle Beach/Florence SC, Weather

オリー郡、SC(WMBF) - 彼のガレージは週末に出火した後、オリー郡の人々は答えを探しています。

オリー郡消防救助の研究者らは、火が男の電話が充電された壁のコンセントの付近で始まったと述べました。携帯電話はサムソンギャラクシーノート7でした。

ノート7が回収され、サムスンはバッテリーに問題があったと決定された後、同社は金曜日にサムソンギャラクシーノート7スマートフォンの販売を停止すると述べた声明を発表しました。

ウェズリー・ハルツォグは、彼が日曜日に​​充電するためにノート7にプラグを差し込んで、2人の娘を迎えに行くために家を出たと述べました。彼が戻った時、彼は炎とそれを取り巻く仲間の消防士の自宅を発見しました。

「誰もがここにいて、そして、彼らは中に入ると最初の火災攻撃を行う準備ができている玄関のドアにいました。誰かがガレージで火災があったことを私に言いました。ちょうどそれが本当にあなたの身にに起こるとは決して思いません。」とハルツォグは言いました。「彼らは何かをガレージで接続していたかどうかと私に尋ねました。私の携帯電話(それは新しいノート7でした)ガレージに差し込まれていました。私はまた空気圧縮機が同じコンセントに差し込まれていたが、空気圧縮機はスイッチがオンになっていませんでした。」

火災の正確な原因はまだ調査中です。

サムスンは問題のある携帯電話の35のケースが、9月1日以降に報告されていると述べました。

ハルツォグは家が使用禁止で、そして彼と彼の子供達は当分の間、ホテルでの生活を余儀なくされていると言いました。

「保険会社の調査をできるだけ早く終えて、サムスンはそれが何であれ火災の正確な原因を特定し、その後に家に戻って来れることができて、私達は家をきれいにすることができます」と彼は言いました。

160922-6-5.jpg
160922-6-6.jpg

今度は家まで燃えちゃったよー!!大惨事ばかりじゃないの。こんなの商品じゃないよ、兵器だよ (ノll゚Д゚llヽ)オソロスィ~!!!

Class Action Lawsuits
ギャラクシーS7 Edgeは3度のやけどを引き起こす爆発した後に、男性はサムスンを提訴します
最終更新日:2016年9月14日
https://www.classaction.com/news/exploding-galaxy-edge-s7-causes-3rd-degree-burns-man/

↑ 【閲覧注意】 やけどの痛々しい画像があります。スマホで大やけどなんて、悲惨だわー。゚(P'ω`q)゚。

ZAKZAK
サムスン発火問題、米当局“激怒” 「深刻な火災や火傷の危険性」と指摘
配信日時:2016.09.17
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160917/frn1609171700003-n1.htm

 韓国サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリー爆発問題をめぐり、米当局が下した「100万台リコール(無料の回収・修理)」が波紋を広げている。「深刻な火災ややけどの危険性がある」と明言、今後の同機種の販売が「違法」となるなど強硬な姿勢を打ち出した。

 「消費者は9月15日以前に購入したリコール対象のノート7について、使用を直ちに停止し、電源を切るべきだ」

 米消費者製品安全委員会(CPSC)は15日の声明でこう呼びかけ、「深刻な火災ややけどの危険が大きい」と指摘した。米当局が携帯電話のリコールで「深刻な」という表現を使ったのは初めてとの報道もある。

 米国では車内での発火など92件の事例がサムスンに報告された。世界では計250万台が流通しているとみられている。韓国でも既に代替品との交換などの対応を始めている。

 ブルームバーグによると、サムスンは、リコールの際の説明不足や、正式なリコールという手順を踏まずに、独自に定めた製品の交換計画を発表したことで批判を受けていた。

 CPSCのエリオット・ケイ議長はサムスンへの直接的な非難を避けつつも、企業が当局に先に相談せずにリコールを発表することは、政府対応の後れにつながりうると苦言を呈した。

 CPSCの発表を受けて、米政府はギャラクシーノート7の航空機内での使用を正式に禁じ、今後の販売が違法となった。

 今回のリコール費用は1000億円規模に達するとの見方があるが、被害を受けた米国の消費者らによる巨額訴訟もサムスンを直撃する恐れもある。

厳選★韓国情報
pandianiさんのブログ
スマホ爆発問題でサムスン株急落、2兆円が露と消える
公開日時:2016年09月18日 08:16
http://gensen2ch.com/archives/65867782.html

【韓国 経済 最新 情報】 爆発ギャラクシーを全回収!サムスン株価は大暴落!

https://youtu.be/1k4unYgDgwI

韓国経済が悪化して破綻寸前だけど、破綻してくれるとざまあと思うと半面、日本に密入国されたら困る。特に、我が町福岡にわんさかやって来る。まだニダーの密入国らしき人物を見かけたことはないけどさ。民泊しているシナーはすぐシナーと分かるし、ニダーもエラと頬骨の高さと妙ちくりんなファッションですぐ分かるんだけどね (;^ω^)
スポンサーサイト
飛鳥新社

月刊Hanada 2016年7月号
月刊Hanada 2016年7月号

2016年5月26日発売  (地域により2日遅れで発売)

真嶋夏歩 「アスリート薬物事情」

記事の内容は、

リオ五輪出場も危ない ドーピング大国、ロシア

フィギュアスケートについて触れていませんが、世界を騒がせたロシアのドーピング問題について書かれています。夏季競技のみに終わらず、冬季競技でも行われている可能性があります。ですので、読んで損ではない内容だと思います。

他の寄稿者の面々も保守・左翼と思想は違えど、行き過ぎたグローバリズムに警鐘を鳴らして来た論客ばかりです。編集長の花田紀凱(はなだ かずよし)さんならではの人選だと思います。ぜひご一読したいものです。

この「月刊Hanada」は一瞬、ワックの「月刊WiLL」と見間違えるような表紙になっている。花田紀凱さんが両方の雑誌の編集長なのか、大変だなあと思っていたら―――

ねとらぼ
「New WiLL」ではなく「月刊HANADA」に 編集長を解任された花田氏が部員全員引き連れて飛鳥新社で新雑誌
配信日時:2016年04月03日 13時57分
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/03/news023.html

ワックの「月刊WiLL」を2016年3月28日に解任されていた模様。それで、飛鳥新社に移って、「月刊Hanada」を立ち上げたのね。

ねとらぼ
「WiLL」元編集長・花田氏による新雑誌「Hanada」、表紙のデザインがそっくりだと「WILL」編集部が怒りあらわに
配信日時:2016年04月25日 19時26分
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/25/news148.html

こりゃ、まんまパクったとしか思えない表紙だね。「月刊WiLL」編集部の怒りのツイートをするのも分かる気がする。せめて色ぐらい変えたら良かったように思うのだが・・・(゚ー゚;Aアセアセ

月刊Hanada 2016年7月号」に掲載された真嶋夏帆さんの記事を読まれた後、ご意見・ご感想をお寄せ下さい!

 この本に関するお問い合わせ・感想
http://www.asukashinsha.co.jp/contact/?book_no=238260

真嶋夏帆さんの記事に対するご意見・ご感想が飛鳥新社に寄せられると、次回の「月刊Hanada」に掲載する機会が増えます。ご協力の程よろしくお願い申し上げます!! m(*_ _)m
①からの続き~L(‘▽‘)/

世界大嫌韓時代 (MSムック)
世界大嫌韓時代 (MSムック) ムック – 2015/12/19

第4の力「卑怯力」

 一時期話題になったベストセラー本で『老人力』(ちくま文庫)がありました。著者は、先だって物故された美術家の赤瀬川源平氏です。この中で赤瀬川氏は、年齢を重ねるとともに誰にでも現れる、物忘れや視力の低下といった種々の現象を「老人力」という言葉に置き換え、「老いた」ではなく「老人力がついた」とポジティブな解釈で捉えることを提案しています。まさに発送の転換です。この本が高齢者社会のバイブルといわれたゆえんでしょう。

老人力 全一冊 (ちくま文庫)
老人力 全一冊 (ちくま文庫) – 2001/9
赤瀬川 原平 (著)

 その上で赤瀬川氏から発想の一片をいただくことにしました。それがタイトルにもある「卑怯力」という言葉です。

 韓国チームは「卑怯力に優れている」、韓国は日本より「卑怯力で勝る」という具合に使います。逆にいえば、日本チームは韓国チームに比べ「卑怯力に劣る」のです。現に「卑怯力」では日本は、韓国チームの足元にも及ばないという事実を、数々の大会で思い知らされたものでした。

 「卑怯力」という言葉にまだ若干抵抗があるという場合は、「H力」でも、語源まで遡って「比興力」でもかまいませんが、要するに韓国人アスリートに天性として備わった第4の力があると仮定するのです。ここでは一応「卑怯力」の語で統一させていただきます。

 昔から日本では、スポーツの真髄を心技体と言い表してきました。要するにアスリートに不可欠な、精神力、技術力、体力(身体能力)の3つの要素のうち「心」(精神力)を筆頭に置くところが実に日本らしいと思います。西欧のスポーツ理論では、これが逆で、体技心の順番になるでしょう。まず、身体能力を自己の最高値まで高め、技術力の向上をはかり、最後にイメージ・トレーニングを含めたメンタル部分の鍛錬というわけです。

 明治以降、近代スポーツを導入して以来、日本は常に「体力」の壁に泣かされました。同じ競技で争う場合、どうしても体格、パワーで勝る欧米選手に比べ不利は免れず、ゆえに精神力、技術力でその不利をカバーする方向に日本のスポーツは進化していったのです。ときに軽い揶揄をこめて根性主義などともいわれます。

 その象徴的存在だったのが、1964年(昭和39年)東京五輪の「東洋の魔女」と異名を取った日本女子バレーボール・チームでした。

 大松博文監督の「俺についてこい」式の根性主義の下、柔道の受け身にヒントを得たという回転レシーブなどの日本人ならではの小回りを利かせた各種テクニックを駆使し、みごと強豪ソ連チームを破って金メダルを獲得、世界をうならせたのでした。

 つまり、10点満点として、「体力(4)、技術力(3)、精神力(3)」が平均的な欧米選手(チーム)であるとすれば、日本選手(チーム)は「体力(2)、技術力(4)、精神力(4)」でこれに挑んできたのです。

 翻って韓国はといえば、体躯は日本人選手とそんなに変わりませんが、しかし、彼らには今いった「卑怯力」という第4の「力」がデフォルトで備わっています。「体力(2)、技術力(3)、精神力(3)、卑怯力(2)」とすればどれだけで10点です。大変有利ということになります。時に卑怯力は(4)の場合もあるでしょう。

 では、日本も彼らに見習って「卑怯力」を養えばいいかといえば、やはりそれは美意識や価値観というものが阻んでしまいます。世界有数の「卑怯力」を誇る韓国に、「卑怯力」なしで対抗するのですから、最初から苦戦を覚悟しなくてはいけません。やはり、日本人にはよくも悪くも根性主義がお似合いのようです。

韓国人連盟会長で変わる女子フィギュア

 女子フィギュア・スケートの埜国際大会では、毎度のように韓国選手の疑惑の採点がとりざたされますが、その不可解な加点ぶんを「芸術点」ならぬ「卑怯点」と認識すれば、また違った見方ができるかもしれません。

 さらに一歩進んで、今後、国際スケート連盟の会長に韓国人が就任したことを念頭に、「卑怯点」が正式に導入される可能性についても語るべきでしょう。もし、それが実現したのならば、「卑怯」は競技を構成する重要な要素となり、「正々堂々としていないこと」でも「卑怯な行為」でもなくなるわけです。

 「華麗なる卑怯」「流れるような卑怯美」「氷上の卑怯芸術」などというスポーツマスコミ用語も生まれているかもしれません。

160120-2-1.jpg

 問題はそのとき、日本がどこまで美意識というハードルを乗り越え、「卑怯力」を身につけることができるかということです。これは日本選手の新たな試練、課題となることと思います。

 2018年平昌冬季五輪、2020年東京オリンピック、2018年サッカー・ワールドカップ・ロシア大会、2022年同カタール大会・・・・・・これからも韓国アスリートは、熱い卑怯スピリットで世界を魅了してくれることでしょう。

160120-2-2.jpg

但馬オサム 文筆人)

「華麗なる卑怯」「流れるような卑怯美」「氷上の卑怯芸術」

蕎麦国にはもう小作資金は残ってないでしょう。新しく出てきたジュニアの子はホラマサには出られない。ヘジンとソヨンはアンダーを使っても台乗りできない。したことがない。

北京五輪にユヨン棒が出て台乗りできるように、ホラマサ後の四年間をぜひ頑張って下さいまし。益々、フィギュアスケートがつまらなくなるわ。もう完全に見る気力さえなくなった。試合結果を見てふーんという状態。

私の子供の頃からの娯楽がまたひとつなくなってしまったよ。

ホラマサはバ韓国の選手が表彰台に乗るのをホルホルしながら見るのを楽しみにしているだけのことでしょう。それは2014年アチャー大会で十分証明されたよ。そんな下らない野望&欲望のために、世界中の選手と観客に迷惑をかける。

それにしても、但馬オサムさんの文章は面白い。そして、蕎麦国への解釈がポジティブすぎる。恐らく、もう沸点を超えて、諦めの境地に達していらっしゃると思う。

それで、テョン国の被害を受けて苦しんでいる人のために、ストレスを軽減するための方法を提言して下さっているのでしょう。あかん国が係わった採点競技は全て死んでいくんだ。
世界大嫌韓時代 (MSムック)
世界大嫌韓時代 (MSムック) ムック – 2015/12/19

恨の国とスポーツ
韓国人アスリートはなぜ強いのか

第4の力「卑怯力」の秘密

但馬オサム 文筆人

彼らを「卑怯だ!」と非難したところで、そんなの無意味
「卑怯」は彼らの「美徳」だからだ
あの国に国際大会なんて100年早い


高等戦術「音攻」とはなにか

 韓国という国の価値観や美意識と我々のそれがいかに違うのかをまじまじと見せ付けられるのはスポーツの国際大会です。

 試合中のラフプレーや対戦チームを侮辱するジェスチャーはもちろんのこと、ホームでの疑惑の裁定、試合結果を不服とする座り込み抗議など、スポーツに「正々堂々」とか「潔さ」というものを求める日本人からすれば、唖然とさせられることばかりといえます。

 1969年アジア青少年サッカー選手権大会で、韓国選手たちは優勝筆頭候補のイランを対戦チームに迎えるにあたってある秘策を練りました。それは、ゲーム中、接触に乗じてあらかじめシャツに隠し持っていた釘で、イラン選手の尻や腕を刺すという驚くべきものでした。

 韓国チームはこの反則を駆使することで、みごとイラン・チームを打ち負かし、準決勝出場をもぎとったと、これは韓国のTV番組(2006年5月放送)の中で「韓国サッカー史の秘話」として誇らしげに紹介されたエピソードです。

 アスリートがアスリートならサポーターも推して知るべしで、スタンドで政治的主張の書かれたプラカードや対戦選手を侮辱するボードを掲げるなど朝飯前。

 かの国には「音攻」という言葉があるそうです。これは、対戦チームの宿舎をサポーターが囲み、夜通し銅鑼(どら)や(しょう)を叩いて騒いだり、客室の電話のベルを鳴らし続けて選手の睡眠を奪うという「高等戦術」で、元韓国サッカー協会技術委員のチョン・ウォンジェ崇実大学教授は、「開催国が享受する当然の権利として認められている」であると主張してはばかりません。

 実際に、2002年のワールドカップでは、ポーランド代表が対韓国線の前夜、宿泊する釜山のホテルでこれをやられて、本領を発揮できぬまま敗退しているのです。

 2007年6月の女子バスケットボール・アジア大会で仁川に宿泊していた日本チームも「音攻」の洗礼を浴びています。

韓国流の価値観を知れ

 スポーツ大会における韓国人のこのようなふるまいを一語で表現する日本語がありました。――「卑怯」です。

 この語を辞書で引くと、《勇気がなく、物事に正面から取り組もうとしないこと。正々堂々としていないこと。また、そのさま》とあります。

 さらに調べると、語源は『詩経』の「六儀」の風、雅、頌、賦、比、興のうち、比(直喩)と興(隠喩)を合わせた「比興」で、本来は「面白い喩え」のことをいい、平安時代まではこの意味で使われていたそうです。

160120-1-1.jpg

レコードチャイナ
<仁川アジア大会>馬術強豪の日本も経験=「韓国が音楽で妨害か」、中国は不安覚える―中国メディア
配信日時:2014年9月25日(木) 16時47分
http://www.recordchina.co.jp/a94728.html

 それがいつごろから今われわれが使っている「卑怯」の意味に転じたかはわかりませんが、「卑怯」といえば、日本人がまず忌み嫌う言葉であるのはいうまでもありません。

 とはいえ、韓国の一連の行動を「卑怯だ」「卑怯なことはやめなさい」と非難したところで、「卑怯」を忌む文化にない人たちにそれが通じるわけがありません。非難の前提として、「卑怯はよくないこと」という認識の共有が必要ですが、それが成立しないのです。

 彼らに対して「卑怯」という概念を説くのは、飛行機というものを見たことのない未開の原住民に「金属の乗り物が人を乗せて空を飛ぶ」のだと説明するようなものかもしれません。

 とりあえず、韓国に対して「卑怯」という非難は無意味であると思ってください。それが本稿の提案です。

 その上で危険な釘攻撃や睡眠不足による判断ミスが事故を招きかねない「音攻」論外にしても、ある程度の「卑怯」は彼らの価値観、美意識として認めてみるのです。

 徹底的にポジティブに、そして冷めた目で韓国を見つめてみるのです。

160120-1-2.jpg

NEWSポストセブン
韓国TV局 アジア大会で日本を「周辺国と深刻な問題ある国」
配信日時:2014.09.29 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140929_278872.html

 スポーツ大会での韓国の反日工作でもはや恒例となっているのが、ユニフォームのデザインなどについて「(軍国主義の象徴である)旭日旗に似ている」とクレームをつけることだが、韓国・仁川で開かれているアジア競技大会でも開幕前の9月16日にホッケー男子代表チームが餌食となった。

 仁川市内の女子高の屋内練習場で調整した代表選手が、友好の印として約20人の女子高生にホッケー協会のエンブレムをかたどったバッジを渡したところ、「旭日旗が描かれている!」と大会組織委員会に通報される騒ぎになったのだ。

 韓国のインターネット掲示板では、「日本人が嫌がらせで女子高生にバッジをバラ撒いた」とまで書き込まれる事態になった。日本ホッケー協会は困惑を隠さない。

「ホッケーでは試合前にバッジ交換するのが慣例で、この時には余ったものを練習を見学していた女子高生に記念品として渡したんです。彼女たちは喜んでいたと聞いています。過去に韓国で試合をした時は何もいわれなかったのに……」

 ジャーナリストの室谷克実氏は、開会式から不安が拭えなかったとする。

「日本選手団が入場してきた時、韓国のテレビ局SBSは『周辺国と深刻な問題がある国』とテロップを入れて紹介していました。それを見た時から、大会中に何か卑怯な妨害工作があるのではないかと感じていました」

※週刊ポスト2014年10月10日号

(*´□`)っ⌒②に続く~★
日刊ゲンダイ
また発覚…韓国スポーツ界からなぜ八百長はなくならない
配信日時:2015年9月11日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/163728/1

「またか」という話だ。

 韓国警察は8日、バスケットボール男子の韓国プロリーグKBLの試合で、シュートを故意に外すなど八百長に加担した疑いが持たれている元選手など、違法なスポーツ賭博に関与した疑いでバスケットや柔道、レスリングの選手ら計26人を検挙したと、聯合ニュースが伝えた。

 事件のきっかけはインターネットの違法賭博サイト。自分が所属するチームが負ける方に100万ウォン(約10万円)を賭けた友人のために、試合中にシュートを数本、わざと失敗していた疑いが持たれている。

 韓国では11年から13年までに、プロ野球、サッカー、バスケット、バレーボールのメジャースポーツで八百長が行われ、大勢の逮捕者に自殺者まで出た。

 日本も11年に大相撲の八百長問題が発覚。隣国の不祥事を偉そうに批判できないが、それにしても韓国はこの手の話がやたら多い。韓国事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏がこう語る。

韓国人はギャンブル好きで、例えばゴルフ場に行くと賭けゴルフの負けを払え、払わないでよく殴り合いのケンカをしている。軍事政権時代、ギャンブルは完全に禁止されていたので、今はその時の反動もあって多くの人が賭け事をやっているのではないでしょうか」

 韓国国内には17カ所のカジノ施設があるが、韓国人が唯一利用できるのが、ソウルから200キロ離れたところに00年にできた江原ランドという施設です。そこでのギャンブル中毒や大金をすっての自殺が問題になっている。

八百長に関しては、儒教の影響で、監督や先輩、年上の親戚などから頼まれたら、年下や後輩はなかなか断れない。そういう社会背景もあると思う」(太刀川氏)

 事情はどうあれ、スポーツ界に八百長が蔓延している国は、世界から信用されない。

まとめるALL速っぽい~
【ゲンダイ】八百長がやたら多い韓国 スポーツ界に八百長が蔓延している国は世界から信用されない
公開日時:2015年09月12日
http://blog.livedoor.jp/umamiti/archives/1039772725.html

150913-2-1.jpg
150913-2-2.jpg
page back