爽やか国の感覚

シンシアリーのブログ
シンシアリーさんのブログ
日本は、いい国だ
公開日時:2016-07-30 20:01:17
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12185663887.html

いつだったか、「私の好きなことが、他の人の嫌いなことかもしれない(韓国にはそんな考え方が無い)」という趣旨を書いたことがあります。

ある意味、それこそが、人が「配慮」の必要性に気づく基本の中の基本かもしれません。

9月の本にも同じ趣旨の内容がありますが(まだ完成前ですが)、

韓国人が相手に「あなたの意見はどうか」「あなたはどう思いますか」と聞くのは、実は「相手が自分の意見に同意しているかどうか」を確かめるためにすぎません。

相手の「違う意見」を聞くことで自分の意見に欠けていた何かに気づいたり、改善したりするためではありません。

その相手が自分の意見と違う意見を出すと、その人は「敵」です。

韓国で言う「意見交換」とは、結局はウリとナム(味方と敵)を確かめるためでしかありません。

韓国人にとって、自分と違う意見は、「異なる」ではありません。「間違っている」のですから。

私はですね、こう思います。国の範囲を越え、人間とは、そういう生き物ではないと。

そんな中で「私の好きなことが、他の人の嫌いなことかもしれない」を期待できるはずもなく、「配慮」の概念がちゃんと出来上がるはずもなく。

何度か書いてきた「韓国人にとって配慮とは、他人が自分に対して行うものでしかない」という歪みも、そこから来ているのでしょう。

今回の日本旅行・・山手線の車両広告に、こういうのがありました(うろおぼえです。人が多くて写真は撮れませんでしたが、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?)。

「あなたはタバコが好きかもしれませんが、他の誰かはタバコが嫌いかもしれません」

そして、別の車両には、こう書いてありました。

「あなたの好きなことが、誰かには嫌いなことかもしれません」。

多分、タバコに関するマナーを訴えるための先のフレーズがメインだとは思いますが、さらなる説得力のために、もっと広い範囲を扱った似たようなフレーズも用意しておいたのでしょう。

率直に言って、涙が出そうになりました。

家族の病気を治すために薬を探していた人が、薬を見つけたような気分でした。

その薬を「持ち帰る」ことはできないと、わかっているからでしょうか。なんか、本気で泣きそうになりました。

すぐちかくに座っていた人(大学生かな?楽器みたいなカバンを持っていました)と目があいました。

彼も、そのフレーズを見ていました。

わたしはついこう言いました。「良いフレーズですね」

彼は「あ、はい」とニコリしながら答えました。

「日本は、いい国ですね」

私はそう言いましたが、彼は意外だと思われたのか、「え?あ、はい、いいえ、こんなの当たり前ですし」と少し照れそうに答えました。

私もニコッと笑ってお辞儀し、すぐ田町駅で降りましたけど・・

それを当たり前だと思っているから、いい国です。そう思いました。

夜、ホテルに帰ってきて、

「やはり、私は日本が好きです」とツイートしました

160820-1-1.jpg
https://twitter.com/sincereleeblog/status/756786786852937728

あーやだーなにかいてんだわたしーはずかしー

シンシアリーさんぐらいまともな方だとあかん国で暮らすのは本音が一切言えないので、窮屈でたまらないだろうね。

テョン国人は団結心がなく、一致団結するために反日を用いて国民をまとめているだけなんだよね。内心各々の考えは違うはずなのに、そんな事口にできないんだ。

日本は本音と建前が欧米より強固にある国で、正論吐いたら毒舌と言われるしね。学校には教室内にスクールカーストが目立たないようにしているし、女の人はいくつになってもつるんでるしね。

でもおかしいなあ・・・バ韓国はウリスト教だからかなあ。

阿部勤也氏曰く、キリスト教にも贈与互酬の関係があったのだが、キリスト教が普及していく段階でそれが禁止されていったので、世間から淘汰されていったとのこと。

やっぱり、ニダーさん達が信仰しているのは、正統なキリスト教ではなく、ウリスト教なんだわ。

みんなちがって みんないい

 「 私と小鳥と鈴と 」
金子みすゞ

私が両手をひろげても、
   
お空はちっとも飛べないが
   
飛べる小鳥は私のやうに、
   
地面を速くは走れない。
   
私がからだをゆすっても、
   
きれいな音は出ないけど、
   
あの鳴る鈴は私のやうに
   
たくさんな唄は知らないよ。
   
鈴と、小鳥と、それから私、
   
みんなちがって、みんないい。

日本で社会不適合者の人は息苦しいなあと思いながら生きているけど、まああかん国に生まれるぐらいだったら、日本人で良かったと思うよ。

だって、自由な生き方ができるからね。日本にはあかん国と違って、価値観の多様性が認められるし、個性的な性格の人も存在が認められる。本当に日本に生まれて良かったよ!!

【ニダ国人におススメの本】

「空気」の研究
「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3)) 文庫 – 1983/10
山本 七平 (著)

「世間」とは何か (講談社現代新書)
「世間」とは何か (講談社現代新書) 新書 – 1995/7/20
阿部 謹也 (著)

「空気」と「世間」 (講談社現代新書)
「空気」と「世間」 (講談社現代新書) 新書 – 2009/7/17
鴻上尚史 (著)

世間さまが許さない!―「日本的モラリズム」対「自由と民主主義」 (ちくま新書)
世間さまが許さない!―「日本的モラリズム」対「自由と民主主義」 (ちくま新書) 新書 – 2009/4

暴走する「世間」―世間のオキテを解析する (木星叢書)
暴走する「世間」―世間のオキテを解析する (木星叢書) 単行本 – 2008/1/19
佐藤 直樹 (著)

なぜ私たちは他人の目を気にしてしまうのか――日本人は誰でも“世間さま”が怖い!?
なぜ私たちは他人の目を気にしてしまうのか (単行本) 単行本 – 2014/6/20
竹内 一郎 (著)

友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル (ちくま新書)
友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル (ちくま新書) 新書 – 2008/3
土井 隆義 (著)

友だち幻想 ――人と人の〈つながり〉を考える (ちくま新書)
友だち幻想―人と人の“つながり”を考える (ちくまプリマー新書) 新書 – 2008/3
菅野 仁 (著)

日本人に生まれて、まあよかった (新潮新書)
日本人に生まれて、まあよかった (新潮新書) 新書 – 2014/5/16
平川 祐弘 (著)
スポンサーサイト
一つ前の記事、 

ホラマサ、やっぱり開催危機!②
公開日時:2016-03-27 20:45:00
http://nutscopanda.blog.fc2.com/blog-entry-664.html

パク・クネ大統領は「平昌単独開催で問題なし」と言うけど、テョン国は何かあれば日本に泣きついてくる。

私はあかん国はまだ独立した国家じゃない、日本から独立するのは早すぎた、日本が戦争に負けなかったらと考えていた。そんな考えを持っていた私に衝撃を受けた言葉が―――

2016年3月22日(火)放送の『虎ノ門ニュース 8時入り!』で作家の百田尚樹氏が中国と韓国の日本に対する内政干渉についてズバッと斬ってくれています。

47NEWS
尖閣は「中国に主権」と反論
教科書検定で中国外務省

配信日時:2016/3/18 18:43
http://this.kiji.is/83496107426709511?c=39546741839462401

 【北京共同】中国外務省の陸慷報道局長は18日の定例記者会見で、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を日本の「固有の領土」と記述した教科書を合格させた日本の文部科学省の検定について、「中国が釣魚島に対して固有の主権を持っていることには疑いがない」と反論した。

 さらに「教科書は日本が過去の侵略の歴史を正確に認識し、向き合うことができるかどうかを示す本質的なものだ」と指摘。日本側に歴史を正視し、若い世代に「正確な歴史を教える」よう求めた。

47NEWS
竹島記述で在韓公使呼び抗議
高校の教科書「日本の領土」

配信日時:2016/3/18 18:49
http://this.kiji.is/83475804156397047?c=39546741839462401

160328-1-1.jpg
韓国外務省に入る在韓日本大使館の鈴木秀生公使=18日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】韓国外務省の鄭炳元東北アジア局長は18日午後、竹島(韓国名・独島)が日本の領土だと記述した高校の教科書が日本の文部科学省の検定を合格したことに対し、在韓日本大使館の鈴木秀生公使を外務省に呼んで抗議した。

 韓国外務省は18日午前、検定結果を「嘆かわしい」と批判する報道官声明を発表し、記述の是正も要求した。しかし日本に「責任ある役割を果たす意志がない」などとした昨年までの言い回しよりも和らげた。

 同省は昨年の中学校教科書の検定結果発表時には別所浩郎大使を呼んで抗議したが、18日の呼び出しは公使にとどめ、抗議のレベルを下げた。

3/22(火)~百田尚樹・居島一平~【虎ノ門ニュース 8時入り!】【Toranomon NEWS】
動画は削除されています。

中国 日本の教科書に反論「尖閣は中国に主権」韓国 竹島記述で在韓公使予備抗議について――

160328-1-2.jpg

百田尚樹さん: 韓国っちゅうのは、中国もそうですが、韓国は特にね、日本の政策に対して何やかんや言いますね。

日本がこんな政策をとる、いや、こんな政策反対やとか。

日本こうこうこんな風にやりますって言うたら、いやーそれはおかしいとか。

もう日本の法律に関して内政干渉をもう滅茶苦茶してくるんで、とにかく何やかんや何でもかんでも言うてくる。

あの例えば、在日朝鮮人には地方参政権を与えろとかね、好きな事言うてくるんですが。

何でよその国が別な国に対して、その別な国の政治に対して、こうしろ、ああしろ、それについて反対だとか、これにはこうするとか、何でこんだけ言うてくるんだろう?

これ国際的にこんな国ないですよ。

だって、全然違う国がね、よその国の法律に対して、いやこの国の法律はこうせいやと、いやお前の所の教科書はこう書けやとか、お前のとこの次の政策はこうしろやとか、こんな事を言うような国、世界の国どこにもないですよ。

なぜ韓国は、よその国には言わないんですよ。日本にだけ言うんですよ。

中国には言わないし、北朝鮮には言わないし、例えばもちろんフィリピンにも言わないし、ヴェトナムにも言いませんよね。

ただ韓国は日本にだけ、もうその何やかんや、いろいろこうせいああせいって、日本の内政にいっぱい言うてくる。

何でこんだけ言うんかなあと考えた。いろいろ考えた。ものすごーく分かりやすい答えが見付かった。

160328-1-3.jpg

韓国人は自分は日本やと思うてるんですよ。

居島一平さん: あの、何とお答えして良いか・・・(笑)

百田さん: あの、だから、韓国はまあ日韓併合35年やってましたよね。で、その間に、

居島さん: じゃあ、そういう言い続ける韓国の人達の心情では、大日本帝国は生きてるんですね。

百田さん: そうそう。だからね、もう独立して70年経つんですけど、自分はまだ日本の属国やと思うてるんですよ。

居島さん: 帝国臣民の、

百田さん: だから、今日本人やから、当然日本の政治に対して、声を上げて当然やと思うてるんですよ。どう?これ分かりやすいでしょう?

居島さん: 大変明解なご意見だなあと思います。

百田さん: そこに僕は気が付いたんですよ。

居島さん: ある一部の評論家の方が日韓の関係はイギリスとアイルランドの関係に例えた方がいらっしゃったんですけど。イギリスとアイルランドに例えるなら、アイルランドは別にイギリスにそんな言いませんよねえ?

百田さん: 言いません。

居島さん: ああでもない、こうでもないってね。ちょっとその比喩はどうなのかと思ったもんですから。そういう風に考えるとまた全然違って見えますね。

百田さん: わしら日本人やから、当然日本の政策に対して声を上げて当然やと思ってる訳です。

居島さん: 権利があると。

百田さん: 当然わしら日本人やから、日本の参政権あるのは当然やと思ってる訳ですよ。

居島さん: なるほど、そういう発想で考えたら、また違って見えてきますね。

百田さん: もうええ加減独立して欲しい、もう!独立して!もう関係ないから!
あのケント・ギルバートさんはね、「別れた女房がしつこくストーカーしてくる」と言うてましたけど。

居島さん: ケントさんはずばり韓国は日本のストーカーとまで断言されてますから。

百田さん: もうね、70年も経ったんやから、独立して下さい。もう本当に。もう日本に構わないで下さい。

居島さん: 独立、どこから独立するかっていうこともありますよね。ひょっとしたら、中国からなのかもしれませんしね。

百田さん: 元々、韓国っちゅうのは独立国じゃなかったですから。中国の属国でしたからね。

居島さん: 長いことねえ。

まあ、「相手が言ってくる二倍の声で言い返さないとやられる。もう国連も浸食されているか?」というお声がYouTubeの視聴者の方から届いております。ありがとうございました。

そうか、百田さんのようにあかん国はまだウリナラは日本だと思っていると解釈すれば、あかん国の奇行珍事件も合点がいく。私みたいにバ韓国には独り立ちが早かったと考えるのではなく、ニダーさん達はまだ日本人のままでいると思い込んで(妄想して)いると解釈した方がいいね。

ニダーさん達は法律に遡及効が発生するウリジナルの思考回路だから、文明国人として扱えない。

日本が善政を行ったのに、アメリカから強要されたから、なぜか賠償金を支払う羽目になった。植民地として搾取していたのなら分かるけど、あの国から何を奪うの?

何の鉱物資源もないし、教育も施されていないから、知的な仕事は使えないし、単純作業でも黒人のように体力がないからすぐへたれる。その上に口だけは達者で文句ばっかり言う。

あかん国は日本を見ないで欲しい ε=ε=ε=(艸゚Д゚*)嫌ァー
本当に、もう勘弁して欲しい ( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!
ストーカーでねちっこいジメジメした性質で、気持ち悪い (´д゚lllノ)ノ ヒイィィィ!!
(・∀・)つ①からの続きだよ!ヽ(・∀・` )っ☆彡

160120-4-1.jpg
160120-4-2.jpg
160120-4-3.jpg
160120-4-4.jpg
160120-4-5.jpg
160120-4-6.jpg
160120-4-7.jpg
160120-4-9.jpg
160120-4-8.jpg
160120-4-10.jpg
160120-4-11.jpg

ヨン棒の表現力は卑怯・・・というより、芸術性が低い人だなあと思うね。まず、姿勢が悪いし、手先の動きがコメディとしか思えない。素人が見ても、体が硬くてカチコチだと分かるものね。汚いものを見せられて、一体何の罰ゲームなんだろう。

メイクはあちらの化粧は濃いから、仕方ない。それにしても、薄いと坂田師匠に見えるし、濃すぎると昭和のにほいのする夜の商売という感じね。この時二十歳やそこらでアジュンマに見えるのは、大人っぽいのではなく、老けているだけだよね。年相応がいいと思うんだけど。

これに高得点を与えるのはかなり無理がある。まあ、終わってしまったから、もうどうでもいいけど。プロでやっていくには難しいでしょう。それを分かっているから、本人も滑る気がしないのね。

アイスショーを開いてもチケットが捌けない。オモニにお尻ペンペンされて渋々練習する。試合では初めから点数をお買い上げしているから、一見ノーミスで滑り切ればいい。それじゃあ、高みを目指す必要はないよね。

ヨン棒はホラマサ誘致の顔のために作られた人だから、誘致が終わればもう関係ないものね。けれど、ホラマサが開催できなくなった時、ヨン棒は誘致の責任を取らされるかもしれない。ヨン棒は今夜はぐっすり眠れてるのかな?

あと2年したら、五輪を開催しないといけないのにね。世界中から観戦客が来て外貨を落としてくれることを期待しているのだろうけど、その前に蕎麦国経済がデフォルト起こさないといいけどさ。

日韓通貨スワップを再開するという話が蕎麦国側からあったけど、日本は蕎麦国がなくても困らない。マキャベリの『君主論』の中に「他人を強力にする原因となる者は没落する」と一節がある。

独立国なら他所の国に世話にならずに、自分の力でちゃんとやれ!!
あかん国のスポーツにおける不正について「卑怯力」という観点から見ると良いということから、ヨン棒のコラを見直してみた。

ソチでは正義が勝つんだと思っていたけど、終わってみたら、もうほぼ2年になるんだよね。冷静に見ることができるようになった。というか、もう何の興味がない。

160120-3-1.jpg
160120-3-2.jpg
160120-3-3.jpg
160120-3-4.jpg
160120-3-5.jpg
160120-3-6.jpg
160120-3-7.jpg
160120-3-8.jpg
160120-3-9.jpg
160120-3-10.jpg

しお韓さんのコラはユーモアがあって、本当に素敵だよね。画像職人様の技術力も素晴らしくて、ヨン棒を上手に調理してあってとっても愉快♪(´ー・・ー;)
産経ニュース
愛国心はどこへ? 国籍放棄の“コリア難民”年2万人 全て諦める「n抛(エヌポ)世代」も増加中…
配信日時:2015.10.10 15:00
http://www.sankei.com/premium/news/151010/prm1510100029-n1.html

151013-1-1.jpg
韓国のインターネット上で「ヘル(地獄)朝鮮」という用語とともに度々使われる業火にあぶられる朝鮮半島をイメージした図

 結婚に出産、家、夢や希望まで全てを諦めないといけないと自嘲する韓国の若者の間で、「韓国はもう嫌だ」と海外への移住を目指す“コリア難民”が増えているという。韓国のネットメディアは、韓国籍を放棄した人が年間2万人近くに上ると指摘し、「韓国社会が競争力を失う」と警鐘を鳴らす。この記事に共感する書き込みも相次ぎ、海外に飛び出せるだけ「うらやましい」といった嘆き節が漏れた。(桜井紀雄)

 恋愛と結婚、出産、夢や希望まで…諦めは未知数

 韓国の若者の間で最近、全てを諦めることを強いられた「n抛(エヌポ)世代」という言葉が流行しているという。

 就職が難しく、職を得ても家族を扶養するだけの収入がなかなか得られず、恋愛と結婚、出産の3つを放棄しなければならない「3抛(放棄)世代」という言葉がしばらく前に登場した。

 これに親から独立して家を持つことを諦めたり、人間関係まで犠牲にしたりしなければならないという2つが加わって「5抛世代」と呼ばれ、夢や希望まで捨てると自嘲する意味で「7抛世代」に数字が増えた。

 さらに“進化”した「n抛世代」とは、数学などで数値が未定という不定数を示す記号「n」を使って数えきれないほど、何から何まで諦めなければならない若者世代を指すという。

 この「n抛世代」の間で、「これ以上、一生懸命働いても生活の質は改善しない」と諦観し、よりよい労働環境や住環境を求め、欧米などに移住する動きがみられるという。

 「誰のための国」「帰国を後悔」共感呼んだネット記事

 《私も2年以内に他の国に行くか悩んでいる。韓国は好きだが、未来を描くことができない…。少しでも経済的に好転すれば、ここで暮らし続けたいが、残念。物価は上がる一方で、月給はそのまま。変わったのは、国会議員らの報酬ぐらい。韓国は誰のための国なのか》

 《私が一生の後悔をしているのは、15年前に米国留学から帰国してしまったこと。そこに居座り続ければよかったのに…》

 韓国のインターネットニュース「マネー・トゥデイ」に最近、掲載された「海外を目指す“コリア難民”」と題した記事に対する反応の一部だ。この記事に対し、「いいね」をクリックするネットユーザーも多く、自分の境遇に照らして感想を記した2000件を超える書き込みがあった。

 記事ではまず、10年前に米国に渡り、ニューヨークのIT企業に勤めているという30代のAさんの実体験が紹介されている。

 Aさんは夜勤や週末勤務をしても収入は増えず、「未練なく」韓国を後にしたという。収入や住環境の好転のほかに、現在は午後5時には退勤でき、「夜の飲み会」を強いられないことが強調されている。両親はAさんの帰国を望んでいるが、「同じように働いても、韓国では絶対にこうは暮らせない」と、いまのところ帰国の意志はないという。

 病院でマッサージ治療などの仕事をしてきた30代の理学療法士のケースも描かれている。オーストラリアに向かったが、最低賃金が韓国の2・5倍という労働環境のよさだけでなく、韓国では「単なるマッサージ役」と見下される「偏見」が「移住」を決心した動機の一つだったという。

 「外国に比べてウリナラは…」日本への帰化も3200人超

 これらは極端なケースではない。筆者もソウルで短期間生活したが、街中のレストランで昼食をとっていると、OL風の若い女性グループが漏らす嘆き節をよく耳にした。

 女性らは「海外のどこそこに行ってきたが、どこそこはよかった。それに比べてウリナラ(韓国)は…」というため息とともに、「海外で暮らしたい」と続ける。こういった言葉を口にするのは、1組や2組ではなく、耳にする話題の主流といっていいのが、こうした「自国への不満」と「海外への憧れ」だった。

 韓国人の知り合いの中にも、海外の大学で教えていたり、海外の病院で看護師をしていたりする30、40代がいる。

 前出の記事では、2013年から今年7月まで、韓国国籍の放棄者は5万2000人以上に上るとの統計を紹介。年間平均1万9000人に上る計算になる。

 新たに選択した国籍のうち、2万人を超え最も多いのが米国。カナダ、中国と続き日本への帰化者も4位の3200人超を占めるという。一方、同時期に韓国に帰化した外国人は約2万9500人。「韓国国籍を捨てる」人の数が倍近くに上るため、記事は「韓国社会が競争力を失っていく指標だ」と憂慮を示す。

 続けて韓国は、所得や財産といった物質的生活の質より、健康や教育、社会的関係といった精神的生活の質に対する満足度が低いとする経済協力開発機構(OECD)の調査を引用。努力してもいい暮らしに上っていけない「階層のはしごの崩壊」が背景にあるとの専門家の分析を挙げた。

 セウォル号事故で矛盾が噴出、「ヘル朝鮮」って?

 《(海外に)飛び出せるのは、うらやましい》

 《どうすれば(移住)できるか教えてください》


 記事には、こんなネットユーザーからのコメントが書き込まれ、コメントに対して共感を示す「いいね」のクリック数は8000~5800件に上った。海外に出たくても出られず、現状に我慢するしかないというサイレント・マジョリティーの意見を代表しているからだろう。

 それとともに、《答えなき「ヘル朝鮮」》などと、現状の韓国社会への不満を表す言葉として「ヘル(地獄)朝鮮」という用語が目についた。

 ネットの百科事典、ウィキペディア韓国語版によると、2010年ごろからネットに登場した造語で、「韓国が地獄に近く、全く希望がない社会」だということを指しているのだという。特に昨年4月、高校生ら300人以上が犠牲となった旅客船「セウォル号」沈没事故以降、政府の無策ぶりやさまざまな社会矛盾が一気に露呈し、自国に嫌気が差したネットユーザーらの間で使われるようになったという。

 「地獄火半島」という言葉も似た意味で使われ、ネット上では、業火にあぶられる朝鮮半島をイメージしたグラフィックも目にする。

 韓国社会が、働けば働くだけ収入が増え、暮らし向きがよくなり、国全体の経済も成長するという高度成長期を卒業して久しい。成長の頭打ちに伴う「勝ち組」「負け組」の固定化は、ある種の成熟社会にとって、仕方がない現象だといえなくもない。

 ただ、韓国より先に「失われた20年」に突入した日本でも、格差社会の問題が指摘されるが、自国を見限って海外移住を志向するという風潮はあまり見受けられない。逆に最近は、海外留学などを目指す若者が減り、「現状維持に甘んじる内向志向の若者が増えている」と心配する声が聞かれる。韓国とは、対照的だ。

 韓国も日本のように高望みしない若者が増える時代は来るのだろうか。それが一概に幸せとは、言い切れないが…。

厳選!韓国情報
pandianiさんのブログ
【ヘル朝鮮】 愛国心はどこへ?国籍放棄の「コリア難民」年2万人 日本への帰化も3200人超
公開日時:2015年10月11日 00:02
http://gensen2ch.com/archives/45128634.html

韓国は超格差社会で競争が激しくて国を捨てる程になってしまったのね。そして、アジア通貨危機以来、グローバル化しすぎちゃったのね。財閥の寡占独占で、内需が減り、極端な外需依存経済になってしまった。

日本と競合する物を作っているので、価格を下げて薄利多売、自国民にはダンピング。日本に指導を受けた分野をそのまま産業や制度にしてしまうのが、問題なんだよねえ。創意工夫という概念が欠落しているのかしらん。

教育も試験制度や学制までそっくり真似してしまうし、セウォル号で未来ある若い人達を犠牲にしてしまったのも修学旅行を真似してしまったからだよ。あんなもの参加自由でいいのに、全員強制参加なんでしょう。

日本も大阪府八尾市の中学校で運動会の組体操で骨折よ。子供を学校に行かせると、命を奪われたり大怪我させられるなんて、狂ってるよね。

日本以上に個人の自由がないし、皆と同じ行動をしないといけない。過剰な空気を読まないといけないので、生き難そうだね。そもそも、難民になる以前にOECDで断トツトップの自殺率だからね。

> 韓国では「単なるマッサージ役」と見下される「偏見」
呉善花さんが『スカートの風』の中で、垢すりのおばさんが韓国では職人だとバカにされ、卑しい身分で肩身が狭い。日本に来たら、垢すりを習いに来るエステサロン関係者から「先生、先生」と呼んで貰えて嬉しいというような記述があった。

> 2万人を超え最も多いのが米国。カナダ、中国と続き
全世界、特に移民を受け入れる余地がまだある新大陸に行く人が多いと思う。とっくの昔に人の移動がもう終わってるんだよね。今は世界的に内向きな時代。日本でも1970年代にはブラジルに移住して失敗した家族が帰国していた。まだ日本の方がマシだったのね。

> 日本への帰化者も4位の3200人超を占める
外に出て、所帯だけでしか自国語で話せる人がいない。単身で移住していなくても、孤立するよね。きっと多くのニダーさんが先住者がいる所を目指して移住するはず。だから、日本にも当然やって来るでしょう。コリアタウンがあって、同胞もいるし、遠い親戚のつてを頼って来日しているかもしれない。

日本が好きなだけなんだよ
まさやんさんのブログ
日本人の罪は朝鮮半島の朝鮮人を救ってしまったこと
公開日時:2012.09.10 Mon 21:05
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-908.html

毎年、これから韓国社会を支えていく年齢層が2万人ずついなくなる。国内に雇用がないから、生きていくために仕方ないことかもしれない。貪欲なハングリー精神は素晴らしいと思う。でもねえ、我慢すればウリナラに残れるのにね。

中国人も生まれ変わったらまた中国人に生まれたくないと言う人が8割超えるという。外国人と知り合えば、結婚して国を捨てることを夢見る。

しかし、日本は国を捨てるような国民の人口を、36年間の統治で2倍に増やしたのが悪い事だったのではないかと思う。人口が過剰だから、国を捨てるという選択をする訳だ。今後、移住先で、トラブルが増えるんだろうなあ。
page back