zakzak
平昌「史上最低五輪」に決定 ノロ汚染、強風…反日・反米で相次ぐ批判“隠ぺい”
配信日時:2018.2.16
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180216/soc1802160010-n1.html

180217-1-1.jpg
14日の女子アイスホッケー日本対南北合同チーム戦にも、竹島が記された統一旗が登場。竹島は「反日」の道具となっている(ロイター)

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪の大会運営のお粗末さが際立っている。大会前にはボランティアの反発やノロウイルス感染を引き起こし、開幕後も強風、極寒の劣悪環境に選手から不満が相次ぐ。不始末への責任追及の目をそらすためか、韓国では「反日・反米」の動きが見られる。大会終盤の22日には日本で制定された「竹島の日」を迎える。14日公表された日本の次期学習指導要領改定案で、初めて竹島が日本の「固有の領土」と記されたことに韓国政府が反発しており、「反日」が過熱する可能性も浮上している。 

 「減少傾向にある。少し安心している」

 大会組織委員会は14日の記者会見で、猛威をふるったノロウイルスの感染状況について、こう見解を明らかにした。13日時点で感染者は199人に増えたが、新たに確認された感染者は5人にとどまったからだ。

 感染拡大が収まりつつあるのはいいことだが、組織委の対応はお粗末だった。

 今月初めにノロウイルスに感染したと推定される食中毒症状が明らかになったが、「団体給食が原因とみられる」と発表されたのは、13日のこと。しかも発生源となった警備員の宿泊施設で、調理用の地下水が、糞便に汚染されていたというのだから驚くしかない。

 大会運営のずさんさは、これにとどまらない。「100人の宿舎に洗濯機が3台しかない」「居室の温水シャワーが出ない」などの不満がボランティアから続出。1月末までに2194人が離脱したことが伝えられた。開会式のリハーサルが行われた今月3日にも、式典進行の業務を担当していたボランティア100人超が組織委員会への不満を訴え、ボイコットする騒ぎが起きた。

 開幕後も混乱は収まっていない。大会前から懸念されていた強風と極寒が、選手を苦しめているのだ。大会第3日の11日には強風でアルペンスキー男子の滑降が延期となり、スノーボード女子のスロープスタイル予選が中止となった。今では、競技実施時間の延期は当たり前となっている。

 劣悪環境は選手のコンディションにも影響を与えている。ジャンプの男子個人ノーマルヒルに出場した45歳の大ベテラン、葛西紀明ですら「もう信じられない。気持ちがひるんじゃう。『こんなの中止でしょう』と心の隅で文句を言いながら寒さに耐えていた」と話したほどだ。

 韓国に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「そもそも、IOC(国際オリンピック委員会)が平昌を五輪の開催地に選んだこと自体が間違いだった。雪質が悪く、強風で競技に支障をきたすかもしれないし、しかも北朝鮮がシャシャリ出てきてどうなるか分からない。そんなところを、スポーツの貴族集団はなぜ選んだのか」と疑問を呈する。

 そんななか、韓国国内では反日・反米的な騒ぎが起きている。

 韓国紙、中央日報(日本語版)によると、米NBCテレビの解説者が9日の開会式の中継で、「すべての韓国人は、発展の過程で日本が非常に重要な文化・技術・経済的モデルになったと話す」と述べたところ、非難が広がった。

 この解説者は米コーヒーチェーン大手「スターバックス」の取締役を務めており、不買運動にまで広がる雰囲気というのだ。

 反日が過熱する恐れも浮上している。大会期間中の22日、島根県が定めている「竹島の日」を迎える。竹島を「独島」と呼んで不法占拠している韓国では例年、この日に合わせて日本大使館前などで抗議活動が行われている。

 今年は特に、反発が高まる理由がある。日本の文部科学省が14日に公表した高校学習指導要領の改定案で、竹島が日本の「固有の領土」と初めて明記されたのだ。韓国外務省は同日、報道官論評で是正を求め、在韓日本大使館の水嶋光一総括公使を呼んで抗議した。

 前出の室谷氏は「新聞があおるだろうし、韓国世論が爆発する要素がある。そうなれば、騒ぎに目が行き、国内的には不手際が目立たなくなる。日本人であるということだけで、嫌がらせをしてくる韓国人が出てくる恐れがある」と話した。

 やはり、最後は「反日」に行き着くのか。

<`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *>

北朝鮮の美女応援団って言う程美女でしょうかねえ。肌が色白というだけじゃないかなあ。顔は南の人より磨れてなくて、素朴な感じね。肌の色なんかよりエラと頬骨の高さが気になってしまう。

> そもそも、IOC(国際オリンピック委員会)が平昌を五輪の開催地に選んだこと自体が間違いだった。雪質が悪く、強風で競技に支障をきたすかもしれないし、しかも北朝鮮がシャシャリ出てきてどうなるか分からない。そんなところを、スポーツの貴族集団はなぜ選んだのか
元時事通信の記者で80年代のソウルに5年滞在経験のある室谷克実さんが、平昌を五輪開催地に選んだIOCを批判してくれているので、そこに今回の五輪の不手際の原因がある。

> 米NBCテレビの解説者が9日の開会式の中継で、「すべての韓国人は、発展の過程で日本が非常に重要な文化・技術・経済的モデルになったと話す」と述べたところ、非難が広がった。
事実を言っただけで、非難が広がるとな。ニダーさん達は歴史を真実の学んでない。テョン国政府が学校でウリナラファンタジーを教えているので、あかん国がずっーと昔から先進国だと洗脳されている。

で、この正しい歴史認識のNBCの解説者の方はスターバックスの取締役をされているのね。スタバは家の近所にドライブスルー型の店舗があるけど、正直、コーヒーがおいしいと思えない。エスプレッソタイプのドリンクだったら、タリーズの方がおいしいかな。シアトルズベストコーヒーがエスプレッソタイプでは一番いいと思う。

ドリップコーヒーならドトールが安いし、コーヒーに香りがあるのでいいと思うな。ヴェローチェは安いけど、まずい。最近、コメダ珈琲が全国展開(しかも郊外型)しているけど、店内は落ち着く純喫茶なんだが、フードメニューが微妙。UCCの珈琲館も家の近くにあるけど、全然行かない。

でも、こんなまともな歴史認識の取締役のいる会社であれば、スタバを利用して応援しないきゃいけないね。

ゴゴ通信
平昌五輪開会式でNBCが「韓国は日本のおかげで発展した」と発言した解説者 解雇に追い込まれる
配信日時:2018/02/12 15:21:53  執筆者:ソル
http://gogotsu.com/archives/37210

> 日本の文部科学省が14日に公表した高校学習指導要領の改定案で、竹島が日本の「固有の領土」と初めて明記されたのだ。
これは内政干渉で他国に言われる筋合いはないでしょう。歴史認識なんて統一しようがないんだよ。また一緒の国に戻りたいなら、文句言ってもいいよというレベルの話。

だけど、この教科書を検定するというのは日本独特の事だね。テョン国は教科書が1つしかないから、為政者からすると洗脳しやすいよね。国民全員同じ教科書で学んでるんだから、容易なことだわ。

オランダは教科書を教師が決めていいと聞く。デンマークは教科書を10年以上使うらしく、教師はもうすっかり内容を覚えていて、教え方も上達しているそうだ。数年に1回教科書を検定・改訂する国も珍しい。

教科も多すぎるし、学校あれこれ詰め込み過ぎ。そのくせ、仕事に役立たない事を教えるし、歴史は事実の羅列であって、教養趣味としては楽しめない。ただの暗記科目。無味乾燥としたものをひたすら覚えるだけのこと。

文部科学省は解体せよ
文部科学省は解体せよ 単行本(ソフトカバー) – 2017/10/27
有元 秀文 (著)

今、上の本を読んでいる途中なんですが、読み終わりましたが、文部省は防衛省と違って緊急性を伴わない無駄なペーパーワークをしている。しかし、国会の答弁に備えて毎日深夜まで残業。タクシーチケット使い放題の官僚に対して、居酒屋タクシーなるタクシーまで登場している。

国民の血税を喫緊の課題がある訳でもない省庁に使うのはおかしいのではないかと著者の有元さんは訴えている。文科省をなくせば、消費増税する必要がないとまで豪語する。

PISAの学力テストが下がったのは「ゆとり教育」のせいではないと著者は言う。学力低下の戦犯とされた「ゆとり教育」に引導を渡し、文科省は教育方針を学力重視に転換させることに成功した。その結果、益々日本の教育は詰め込み過ぎで、時代遅れになっていった。

著者が言うには学級(クラス)制を維持するなら、少人数制を実施しないといけないし、教員の人数を増やさないといけない。一斉授業で個別カリキュラムではないので、学級崩壊し特別支援学級も上手く機能していない。

部活をやらせておけば、生徒達が悪い事をしないと思っているから、部活動が盛ん。では、学校行事の多さは保護者に向けて教師がアピールしているだけだろうか?組体操で大怪我や死亡事故。全国柔道事故被害者の会によると1983年~2016年の34年間で、中学・高校内における柔道事故の死亡者は121名にも上る。

学校に行かなければいじめに遭うこともなかったし、運動会の組体操や水泳の授業に柔道の授業で死ぬこともなかったのに・・・昔はラグビーのスクラムやタックルで、あるいは鉄棒からの転落で死亡もしくは下半身不随というのをよく聞きました。

結論は、日本の学校教育は時代遅れで自分の意見のない人間を量産しており、学校を「刑務所」とまで断言する。代替案として、教師は病む前に転職を奨めている。フリースクールを開校して、自分の信念を通すべきか、非常勤の講師になるか、他業種に行くか・・・仕事量を減らすように提言している。

学校に行って被害に遭うのが嫌な子供には、オルタナティブの学校もしくはホームスクーリングを奨めている。習い事をあれこれさせるより、元国語教師の著者は読書を推奨している。本を読めば、読解力がつき、他の教科の成績も上がると。

確かに、私の知人の数学の塾を開いている方が、質問に来る子供にまず問題をよく読みなさいと言うらしい。そして、何度読んでも理解できない場合にその先生は教えるということだ。

日本は人口が多くて、簡単に物事を決定したり廃止したりができない。問題山積なのに、国民はデモや暴動をせず、真面目に働いて暮らしている。他所の国が何の教科書を使おうと関係ない事だから、いちいち口出しすんな!このボケ!(おっ、失礼)

それより、ウリナラの衛生観念を向上させて、冬季にノロウィルスが発生しないようにしていただきたい。
スポンサーサイト
AFPBB News
混乱のスノボ女子SS 「平昌の突風」でほぼ全員転倒、批判の声も
配信日時:2018年2月12日 17:21 発信地:江陵/韓国
http://www.afpbb.com/articles/-/3162116

180213-1-1.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒するカルラ・ソマイニ(2018年2月12日撮影)。©AFP/FRANCOIS XAVIER MARIT

【2月12日 AFP】平昌冬季五輪は12日、スノーボード女子スロープスタイル決勝が行われ、激しい風が吹き荒れる危険なコンディションで多くの選手が転倒する中、米国のジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)が混乱を乗り切り、2大会連続の金メダルを獲得した。

 予選が中止になった前日に続き、この日も強風でスタートが1時間以上遅れた。しかし、フェニックススノー競技場(Phoenix Snow Park)で行われた決勝では、激しい風の影響でアンダーソンを含むほぼすべての選手が転倒大けがをした選手はいなかったようにみえたが、相次ぐ転倒は競技続行にも疑問符が付くものだった。

 オーストラリア代表団の中では最年少となる17歳のテス・コーディ(Tess Coady)は、前日の練習中に左膝を骨折して棄権この日の決勝を15位で終えたオーストリアのアンナ・ガッサー(Anna Gasser)は「すでに多くの選手が風のせいでけがをしていた」「昨日だって朝の練習は危険だった」という。

 さらに、この日の決勝は「くじ引き」のようだったというガッサーは、「フェアな競技だったとは思わない。強行した主催者には少し失望している」「私の考えでは、女子スノーボードにとって良いショーではなかったと思う」と続けた。

「激しい突風」

 転倒もあり17位で終わった英国のエイミー・フラー(Aimee Fuller)は、この日のコンディションはキャリアで最も難しかったものの一つで、強風にあおられた最後のジャンプで着地を決めるのは「不可能」だったと振り返っている。

 転倒したものの負傷は免れた26歳のフラーは、「きょうのコンディションは間違いなく難しかった。(自分の演技は)望んでいたものでも、期待していたものでもなかった。五輪の決勝という舞台で夢見ていたものではなかった」と悔やむ。「激しい突風があった。『平昌の突風』と呼ぶことに決めた」

 決勝では五輪のスノーボード競技で二つの金メダルを獲得した史上初の女子選手になったアンダーソンに続き、カナダのローリー・ブルーアン(Laurie Blouin)が銀、フィンランドのエンニ・ルカヤルビ(Enni Rukajarvi)が銅メダルで続いたが、人々の話題は氷点下の気温と相まって選手と観客を苦しめた風に集中した。

 吹き飛ばされるような風との駆け引きが求められる高いレールとジャンプ台が配置されたコースでは、この日の決勝までに英国のケイティ・オームロッド(Katie Ormerod)とコーディが負傷し、競技出場を断念することを余儀なくされた。

 自身初の五輪で前十字靱帯(じんたい)を断裂し、数か月の離脱を余儀なくされたコーディは、転倒の原因は風だったとした上で、「きょう、私の五輪は突然に終わりを迎えた…。練習中に最後のジャンプ台で風にあおられた。それに前十字靱帯なんて最悪!」と自身のインスタグラム(Instagram)でつづっている。©AFP/Peter STEBBINGS

180213-1-2.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒するイサベル・デルングス(2018年2月12日撮影)。©AFP/Kirill KUDRYAVTSEV

180213-1-3.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒する藤森由香(2018年2月12日撮影)。©AFP/LOIC VENANCE

180213-1-4.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒する広野あさみ(2018年2月12日撮影)。©AFP/LOIC VENANCE

180213-1-5.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒するジュリア・マリーノ(2018年2月12日撮影)。©AFP/FRANCOIS XAVIER MARIT

180213-1-6.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒する藤森由香(2018年2月12日撮影)。©AFP/Martin BUREAU

180213-1-7.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒するカルラ・ソマイニ(2018年2月12日撮影)。©AFP/LOIC VENANCE

保守速報
【冬季五輪】混乱のスノーボード女子 「平昌の突風」でほぼ全員転倒、批判の声も
公開日時:2018年02月12日22:27
http://hosyusokuhou.jp/archives/48810914.html

優勝したアメリカのジェイミー・アンダーソン選手も二連覇とはいえ、転倒したんだね。ほぼ全員転倒ということは、転倒大会だよ。バレエと違って該当者なしという訳にいかないから、マシな順から表彰台に上がっていく。

テョン国で開催される五輪なんて、夏季大会でもまともに開催できないのに、冬季大会になると天候的な事情で初めから無理と云われていた。袖の下とハニトラで大会誘致を成功させただけで、気候環境について考慮していない。

袖の下とハニトラにかかったIOCの委員は雪なんて見た事がないような南半球の人が多かった。冬季大会は採点競技が多くて詰まらない上に、白人の優越主義的なものがある。

今回、平昌に五輪開催地が決まった事は、白人に対する仕返しみたいに捉えて、屋外競技は滅茶苦茶になると諦めた方がいいと思う。日本人は黄色人種なので、とばっちり受けたようなもんだ。

屋外競技だって、まともに実施できないんだから、今回はぐちゃぐちゃな試合結果になると分かりきっている。スピードスケートの換気口の問題は解決できたんでしょうかね。仁川アジア大会のバドミントンの疑惑の風を思い出すよね。

スキージャンプは高梨沙羅選手が銅メダルを獲れたのは喜ばしいけど、ベストコンディションでの結果だろうか疑問が残る。普通では開催中止というような強風突風だもんね。凪になるのが夜のみ。ライトを照らして夜間に試合を実施したらいいのにね。

テョン国で五輪に限らず、スポーツの国際大会が開かれるのは、罰ゲームとしか思えない。この世に、こんなに段取りが悪い運営をする国民性の国が隣にあるとはねえ。

気候上無理だと分かり切っているのに、政治家が五輪誘致で実績を作りたいがために、無理して誘致した。日本の天才フィギュアスケーターを潰してまで手に入れた五輪開催。史上最低の五輪という不名誉を受けて、借金だけが残る不様な大会なるでしょうね。

テョン国人は往生際の悪い、しつこい民族だと思わざるを得ない。その子供っぽいわがままのために、出場選手が迷惑をかける。オーストラリアのテス・コーディ選手が前日の練習中に前十字靱帯を断裂し、競技出場を断念することを余儀なくされた。

平昌五輪は開催前から「突風に苦しめられる」という事は分かり切っていたからねえ。四年間、五輪に向けて頑張って来た選手にとっては堪ったものじゃない。一瞬にして夢が破れた。そして、言い訳するなと言われた上に、大怪我しては何のための五輪なのだろうか?

tess_coady

https://www.instagram.com/p/BfDTpu6jbng/
2018年2月12日

Well Olympics came to a screeching holt today for me... got picked up in the wind on the bottom jump in practice and my acl was not a big fan! Thanks for all the lovin everyone...brb

まあオリンピックは今日私のために息をのむようなホルトに来た...実際にボトムジャンプで風に拾われたと私のACLは大きなファンではなかった! すべての愛する皆さんありがとう... brb

180213-1-9.jpg 

それにしても、スノボは五輪に重きを置いてないと聞くけど、果たしてどうなんだろうね。

日刊スポーツ
スノーボードにとっては「たかが五輪」
配信日時:2014年2月13日1時1分
http://www.nikkansports.com/sochi2014/column/ogishima/news/f-sochi-tp0-20140213-1256744.html

180213-1-8.jpg
スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルの平野(左)と銅メダルの平岡(右)。中央は優勝したポドラドチコフ(撮影・PNP)

 待望の日本選手メダル第1号は、スノーボード男子ハーフパイプ(HP)だった。12日の一夜明け会見、銅メダルの平岡卓と壇上に並ぶ銀メダルの平野歩夢を見て「子どもだな」と思った。まだ15歳、時折見せるシャイな表情が中学生らしくてほほ笑ましかった。

 日本の冬季五輪史上最年少のメダリスト。スキー、スノーボードの雪上競技に限れば、世界でも最年少記録だ。それまでが60年スコーバレー大会スキー女子滑降銅のヘッヒャー(オーストリア)で、16歳145日。何と54年ぶりに記録を塗り替える快挙だった。

 五輪3連覇を狙ったホワイト(米国)は27歳、優勝したポドラドチコフ(スイス)が25歳。2人に比べて平野と平岡が目立つが、実はこの種目は若い選手が多い。決勝進出した12人のうち最年長がホワイトで、次ぐのがポドラドチコフ。17歳で5位のハブリュツェル(スイス)のように10代が12人中5人もいる。

 日本代表も若手ばかりだった。2回目の五輪に出場した青野令は、日体大の壮行会で「ベテランらしい経験を生かした試合を」と話した。まだ、23歳なのに。もう1人の代表、子出藤歩夢も19歳。今大会男子HP代表4人は全員平成生まれだった。過去5大会代表延べ19人の平均年齢は20・2歳。五輪代表でも、極端な「若手チーム」になる。

 競技自体が若い。本格的な国際大会は80年代後半から。五輪も98年からで、日本で人気のジャンプやフィギュアに比べると歴史は浅い。だからなのか、伝統的な冬季競技の選手とは、五輪に対する考え方に温度差を感じる。「最高の大会は五輪じゃない」というボーダーもいる。五輪軽視とは言わないが、取り巻く環境を含めて他の競技と違う空気を感じるのも確かだ。

 選手を含めてスノーボード界に、いい意味で「たかが五輪」という思いがあるのかもしれない。平野や平岡がプレッシャーに負けずに最高の演技をしたのも、前回大会で国母が服装問題で物議をかもしたのも、根っこの部分では同じ。五輪は特別ではない。「いつも通りの自分で、いつも通りにやるだけ」。それが、メダルにつながった。恐れを知らない若い競技に若い選手、それがスノーボードの強みなのかもしれない。

 ジャンプの高梨沙羅は4位に終わった。たぶん敗因の中には、五輪のプレッシャーもあったのだろう。我々マスコミも含めて伝統競技を取り巻く環境からくるプレッシャーが。同時間帯に行われていたスノーボードを見た直後、高梨が涙をこらえて答えるインタビューに胸が締め付けられた。
朝日新聞デジタル
五輪開会式後、深夜に観客大混乱「電車は終わりました」
配信日時:2018年2月10日12時19分  執筆者:高野遼
https://www.asahi.com/articles/ASL2B1DZ1L29UHBI03Y.html

180211-1-1.jpg
オリンピックスタジアムから、最寄り駅に向かうシャトルバスには長蛇の列ができた=9日午後11時50分、韓国・平昌

 平昌(ピョンチャン)五輪の開会式が終わり、スタジアムを埋めた観客が一斉に帰途についたのは9日午後10時半ごろ。その先には、深夜に及ぶ大混乱が待っていた。

 「珍富(ジンブ)駅はこちらへ」。スタジアムを出ると、最寄り駅へと誘導された。駅まではシャトルバスで20分ほど。バス乗り場には、あっという間に200メートル以上の大行列ができた。

 気温は零度を下回り、冷え込んでいく。音楽を流して楽しむ団体もいれば、イライラし出す人も。遅々として進まない行列に、ある米国人男性は「輸送で、五輪の評価は決まるよね」。1時間かかってバスに乗った時には、日付が変わっていた。

警察官の言葉に…

 午前1時になろうとするころ、駅に続々と、満員のシャトルバスが到着した。東海岸の江陵(カンヌン)駅を目指す人が多い。だが案内する警察官の答えは「もう電車は終わりました」。思わずみんな天を仰ぐ。駅内にある出発時刻の案内画面も消えてしまった。

 タクシー乗り場に数十人の行列ができた。だが、ここは深夜の田舎駅。タクシーは30分に1台ほどしか姿を見せない。やがて「江陵駅へ車で輸送する」という案内が。一気にそちらに行列が移る。

 今度はカナダ人の女性が走ってきた。「1番線に電車が来るって!」。その声を聞き、人々は一斉に駅へと走り出した。江陵駅行きの電車がようやくやって来ると、人々をのみ込んで走り去った。

英語スタッフが少ないことも拍車

 混乱に巻き込まれたのは、欧米系の人たちが中心だった。英語が話せるスタッフは少なく、片言でのもどかしいやりとりが、あちこちで見られた。

 タクシー乗り場で待ちぼうけをしていたスイス人女性は、ホテルの住所を印刷した紙を持って困り果てていた。「どうやって行ったらいいの? 携帯の電池も切れちゃって」。書かれた住所は平昌エリアだが、駅からは遠く離れた場所だった。

180211-1-2.jpg
午前1時を過ぎても、珍富駅の構内は多くの人であふれていた=10日午前1時8分、韓国・平昌

180211-1-3.jpg
タクシー乗り場で延々と待ち続ける外国人観光客たち。タクシーは一向にやってくる気配がない=10日午前1時23分、韓国・平昌

> 案内する警察官の答えは「もう電車は終わりました」。
はぁー?何のために高速鉄道を平昌まで延伸したの?五輪のためになんでしょう。それなら、なぜ乗客全員乗せて帰る責務を果たさないのかねえ。ほとほと呆れるわ。

たぶん、仕方なく平昌周辺のホテルに泊まるように仕向ける算段だったんじゃないのかな。ぼったくり価格で一泊10万円盗る取るんでしょ?そして、洗面所のコップをトイレブラシで洗ってる超不衛生な所なんでしょうね。

不衛生な所でノロウィルスに感染して帰国って、何の罰ゲームかね。五輪関係者以外あんな国の五輪なんて行きたいと思う訳ないだろう。

デイリースポーツ
レジェンド葛西 強風、極寒地獄に「こんなの中止でしょう、と心の隅で文句を」
配信日時:2018.02.11
https://www.daily.co.jp/olympic/2018/02/11/0010975517.shtml

180211-1-4.jpg
2回目の飛躍を終え、白い息を吐く葛西紀明(共同)

 「平昌五輪・スキージャンプ男子ノーマルヒル・決勝」(10日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 冬季五輪歴代最多8度目の五輪となる葛西紀明(45)=土屋ホーム=は1本目で104・5メートル、2本目で99メートルに終わり、213・3点で21位に終わった。

 ただでさえマイナス10度を下回る極寒の中、強烈な強風が吹きすさび、たびたび競技が中断。競技終了は予定よりも1時間押した。厳しい環境での試合を葛西は苦笑いで振り返った。「(寒さは)もう信じられないぐらい。風の音がすっごいんですよ。気持ちが怯むぐらい。ブワーって。W杯でもほぼない条件。“こんなの中止でしょうってちょっと心の隅で文句いいながら寒さに耐えてました」。

 この日の2本のジャンプは「2本とも失敗です」。ただ、着実に手応えは掴んでおり「いい動きはしてる。あとは体の伸びとバランスが上手く合わない点。そこだけ。心配はしてない。すぐに良くなる」と、16日からのラージヒルに向けて、前を向いた。

180211-1-5.jpg
180211-1-6.jpg

葛西選手はすごいね。45歳になっても五輪代表になっているし、こんな危険なスポーツをやり続ける勇気を持っていて、現役時代が実に長い。19歳でアルベールビル五輪に出場してから、ずっとトップを走り続けている。

平昌のスキージャンプ台は展望台と兼ねて作ったので、普通のジャンプ台より高い所にある。妙な所で節約したり、一石二鳥を狙うテョン国人ならではのジャンプ台。

凪になるのは夜間のみ。試合は夜間に行うことができないため、防風ネットで凌ぐという話になったけど、そんな物で納まる強風ではないんだよね。

朝日新聞デジタル
風に翻弄、運ないと勝てず ジャンプ台、気流変化激しく
投稿日時:2018年2月11日10時10分  執筆者:菅野範弘(東京美装スキー部総監督)
https://www.asahi.com/articles/ASL2B61RCL2BUTQP02N.html

180211-1-7.jpg
男子ノーマルヒル本戦の2回目を終えた葛西紀明=細川卓撮影

 風で結果が大きく左右された試合だった。

 1回目は乱高下する風の中、うまく風に乗った選手と追い風にたたかれた選手に分かれた。今季のワールドカップ(W杯)で個人総合8位の小林潤志郎(雪印メグミルク)がそう。追い風を受けて、飛距離を伸ばせなかった。

 平昌のジャンプ台は風力発電の施設が近くにある。防風ネットも設置されているが、非常に気流の変化が激しく、何が起きるか分からない。4年に1度の五輪でこのような条件のジャンプ台では、実力に加えて運もないと勝てないと感じた。

 ただ、上位に入った選手は、テイクオフで飛び出す方向と力強さがしっかりと伴っていた。飛び出すときは蹴るイメージではなく、足の裏全体で押し出す。そのパワーがきちんと伝わると空中に出たときにスキー板が大きくたわむ。外国選手と日本選手の差は、このたわみ具合の違いにある。

 ジャンプは飛びだしてから約20メートルは体を動かさないことが大切。飛び出してから、たわんだスキー板が戻るまで我慢することで、空中に出て行く際の推進力が増し、飛距離を出すことが出来る。上位の選手は、その辺の技術が優れていた。

 風の強いジャンプ台。パワーと正確な技術が、より要求されるだろう。(東京美装スキー部総監督)

180211-1-8.jpg
男子ノーマルヒル本戦、小林潤志郎の1回目のジャンプ=林敏行撮影

屋外競技は選手達が本当に気の毒すぎる。ニダさん達は運も実力のうちとか言い出すのかな。屋内競技だって、ホッケーリンクの電光パネルが落下したり、スピードスケートはエアコンが追い風になり記録が出すぎるということだ。

あかん国の卑怯力は技術力のなさといい加減なケンチャナヨ精神から来ている。こんな国で開催された五輪でメダルを獲ろうが、大した価値はないよ。と開き直るぐらいの方がいいと思うの。
zakzak
平昌危険! 外務省が重大警告 -22℃、犯罪急増、ノロ…室谷氏「『平昌には行かない方がいい』と読める」
配信日時:2018.2.7
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180207/soc1802070003-n1.html

180209-2-1.jpg
数々の危険が指摘される韓国。五輪会場の警備には、警察の特殊部隊も動員されている(共同)

 韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕まで3日となった6日夜、マイク・ペンス米副大統領が来日。「核・ミサイル開発」を強行する北朝鮮や、「従北」姿勢が目立つ韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に、対抗・牽制するため、安倍晋三首相と日米の連携強化を確認する。朝鮮半島の緊張は維持されたままだが、隣国の危険はそれだけではない。外務省は情報サイト「海外安全ホームページ」で、韓国の犯罪の多さや、平昌の極寒ぶり、感染症などについて、警告を発した。 

 《韓国 2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会開催に伴う注意喚起

 外務省のHPに掲載された、海外安全情報(スポット情報)を読むと、この時期の訪韓には「相当の覚悟」が必要のようだ。

 まず、安全対策について、《韓国の治安は比較的安定した状況にあります》といいながら、《年間の犯罪発生件数は約185万件》《日本と比較すると、殺人が約2・5倍、強盗が約1・2倍多く発生》とある。韓国の人口は約5127万人で、日本(人口=約1億2711万人)の半分以下なので、凶悪事件が多発しているようだ。

 さらに、防寒対策・感染症対策として、《平昌地域は(中略)夜間にマイナス20度近くまで冷え込む》《現在、韓国では鳥インフルエンザが発生しており》とあり、テロ支援国家・北朝鮮の存在に触れて、《朝鮮半島情勢が引き続き予断を許さない状況にある》と呼びかけている。

 韓国の「犯罪大国」ぶりについては、近現代史研究家の細谷清氏が昨年9月、韓国の最高検察庁年報(2016年)をもとにした分析を、夕刊フジに緊急寄稿している。

 これによると、15年の韓国の犯罪件数は、詐欺が25万7620件でトップで、以下、窃盗(24万6424件)、暴行(16万1636件)と続いた。刑法犯が過去10年間で26%も増加し、詐欺犯罪も27%、強姦を含めた性暴力犯罪も57%も増えているという。

 現地の「極寒ぶり」は突出している。

 五輪開会式(9日夜)は、江原道(カンウォンド)横渓里(フェンゲリ)の平昌オリンピックプラザで行われる。

 韓国メディアは、3日のリハーサルが《気温マイナス14度、体感温度マイナス22度》だったことを受けて、「平昌五輪 杞憂ではなかった寒さ」(朝鮮日報)、「なぜ寒い夜8時に開会式?」「(米国紙によると)歴代最も寒い五輪として記録される可能性が高い」(中央日報)「一部の観客ら寒さ耐えられずに帰る」(ハンギョレ)などと、危機感を伝える記事を掲載した。

 開会式当日の天気予報は「雪または雨」で、「最低気温はマイナス8度。強い風が吹けば体感温度はマイナス17-18度まで落ちる可能性」もあるという。オリンピックプラザは屋根がなく、シベリア方面から凍えるような風が吹き付ける。

 感染症については、平昌でノロウイルスが新たに検出された。

 韓国KBSニュースによると、五輪警備にあたる民間警備会社スタッフが1日、腹痛や頭痛などの食中毒症状を訴えたという。地元の保健衛生当局が調べたところ、同様の症状に見舞われた31人(4日まで)のうち、少なくとも20人からノロウイルスが検出されたというのだ。

 ちなみに、厚労省検疫所のHPには、韓国渡航時の《気候と気をつけたい病気》として「食中毒」「A型肝炎」「細菌性赤痢」「腸チフス」「コレラ」「日本脳炎」「マラリア」、《受けておきたい予防接種》として、「A型肝炎」「B型肝炎」「破傷風」「日本脳炎」が記されている。

 こうしたデータを読むと、楽しい五輪観戦という気分にはなれない。

 『韓国リスク』(産経新聞出版)を最近上梓したジャーナリストの室谷克実氏は「外務省は強姦件数を公表していないが、人口比でいうと日本の約10倍だ。韓国の警察は、日本人が駆け込んできても、ほぼ相手にしないから、自分の身は自分で守らなければならない」といい、続けた。

 「これ以外の危険もある。43人の死者を出した韓国南部・密陽市(ミリャン)市での病院火災では、スプリンクラーが設置されていなかった。自動車トンネルの支柱が足りなかったり、KTX(韓国高速鉄道)では鉄橋が崩壊したり、インフラの問題も非常に多い。外務省の注意喚起を読むと、私には『平昌には行かない方がいい』と読める」と語っている。

NAVERまとめ
朝鮮カルタが面白くてわかりやすい!アクチョンカルタ
更新日時:更新日: 2013年04月29日
https://matome.naver.jp/odai/2136723281418378401

180209-2-3.jpg 
180209-2-4.jpg 
180209-2-5.jpg

平昌投機冬季五輪に行かれる方は自己責任でお願い致します ☆(ゝω・)vキャピ

Five minutes 2018/02/08 平昌危険、外務省が重大警告・-22℃・犯罪・ノロ・鳥インフル・食中毒・肝炎・赤痢・チフス・コレラ・日本脳炎・マラリア・破傷風 !!

https://youtu.be/iYV-owuC3jU

ノロウィルスって夏に蔓延するものなんじゃ???なぜ真冬でこんなに広がるの?

保守速報
【衝撃!】中国に続き韓国の超高級ホテルがトイレを洗ったたわしで客のコップなども洗い炎上 !!!
公開日時:2018年02月06日11:47
http://hosyusokuhou.jp/archives/48810498.html

保守速報
韓国元ホテル従業員「10年前も便器磨いたスポンジでコップ洗っていた。昨日今日のことではない」
公開日時:2018年02月07日19:12
http://hosyusokuhou.jp/archives/48810567.html

こういうホテルの清掃の従業員にモラルがないといか、イザベラ・バードの「朝鮮紀行」の時代から全然変わっていない不衛生さ。身分の下の者は卑屈になっていて、わざと嫌がらせでこういう事をやってしまうのか?

あるいは、全く罪悪感がないとしたら、この人の知能に問題がある。こんなレベルの人が普通に社会に生きているという事が、テョン国のレベルの低さを感じる。漢字を学校教育から追いやって、ハングルだけの世の中で生きているからこうなるのかなあ (~ヘ~;)ウーン

読売新聞
安倍首相が韓国に到着、文大統領と首脳会談へ
配信日時:2018年02月09日 15時16分

180209-2-2.jpg
韓国の襄陽国際空港に到着し、出迎えを受ける安倍首相(中央右)(9日午後0時53分)=代表撮影

 安倍首相は9日午後、韓国北東部の襄陽ヤンヤン空港に政府専用機で到着した。

 午後に文在寅ムンジェイン大統領との首脳会談を行い、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力路線の堅持を再確認する。慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意については韓国側の着実な履行を求める考えだ。その後、平昌ピョンチャン五輪開会式に出席する。首相の訪韓は15年11月以来で、文政権になってから初めて。

 首相は出発前、首相官邸で記者団に「北朝鮮の脅威に対し日米韓の協力関係が揺るぎないことを世界に発信する。日韓合意では日本の立場を明確に伝えたい」と述べた。両首脳の会談は昨年9月以来で、韓国政府が日韓合意の新方針を今年1月に公表してから初めてとなる。首相は会談で「新方針は受け入れられない」との立場を鮮明にする

<*`∀´><*`∀´><*`∀´><*`∀´><*`∀´><*`∀´><*`∀´>

寅さん、安倍首相が来てくれて、やったニダ♪という感じでしょうか?安倍首相、くれぐれも無事でいてくれますように!!命懸けの呆韓訪韓ですね。
外務省 海外安全ホームページ
韓国:2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会開催に伴う注意喚起
告示日時:2018年02月01日
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C014.html

【ポイント】
●2月9日から25日まで,平昌(ピョンチャン)及び江陵(カンヌン)地域を中心に,第23回オリンピック冬季競技大会が,また,3月9日から18日まで,同地で第12回パラリンピック冬季競技大会が開催されます。

●在韓国日本国大使館ホームページ内の「平昌大会特設ページ」等を参照し,必要な安全対策,防寒,感染症対策に心がけて下さい。

●韓国の最新の安全情報や緊急時に大使館等から連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に連絡先等を登録してください。

(内容)
1 2月9日から25日までの間,韓国北東部の平昌(ピョンチャン)・江陵(カンヌン)地域を中心に,第23回オリンピック冬季競技大会が,また,3月9日から18日までの間,同地にて第12回パラリンピック冬季競技大会が開催されます。
 
2 安全対策
(1)韓国においては,近年,大規模なテロ事件等は発生していません。年間の犯罪発生件数は約185万件で、ほぼ横ばいで推移しており,韓国の治安は比較的安定した状況にあります。しかしながら,主な犯罪の発生リスクを日本と比較すると,韓国は殺人が約2.5倍,強盗が約1.2倍多く発生しています。

(2)韓国滞在中は,在韓国日本国大使館のホームページ内の「2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会特設ページ」にある「安全の手引き」を参照するなど,安全対策に関する最新の情報の入手に努めて下さい。また,競技会場などの大勢の人が集まる場所や公共交通機関等では,周囲の状況に注意を払うなど,犯罪等にまきこまれないようご注意下さい。
なお,大会期間中,現地に大使館連絡事務所が設置される予定です(連絡先等は上記の特設ページをご参照下さい)。

3 防寒対策
平昌地域は韓国内でも最も厳しい寒冷地であり,大会期間中の2月,3月は夜間にマイナス20度近くまで冷え込むこともあります。観戦に当たっては万全の防寒対策をとるようにして下さい。
また,競技会場付近で事前の予約なしにホテル等の宿泊施設を見つけることは難しいので,韓国訪問前に十分な旅行・観戦計画を立てるようにして下さい。

4 感染症対策
 現在,韓国では鳥インフルエンザが発生しており,当局による家畜農家に対する防疫対策が取られています。韓国内では、これまで人体への感染は報告されておりませんが,養鶏場や渡り鳥の飛来地への訪問は控え,死んだ鳥に触ったりしないようにするとともに,手洗い・うがいの励行,必要に応じてマスクを着用するなど基本的な対策を心がけて下さい。

5 緊急事態発生時の対応
 大規模な自然災害や騒乱・テロなどの発生時に備え,また,北朝鮮との関係において朝鮮半島情勢が引き続き予断を許さない状況にあることを踏まえ,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館等からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。

●参考URL
たびレジ
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

・「2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック大会特設ページ
  http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/pyeongchang.html

・「安全の手引き
  http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/pyeongchang/anzen_guide.html

大使館連絡事務所
  http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/pyeongchang/annai.html

(問い合わせ窓口)
外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(外務省代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 (内線)5139

領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連) 
 (内線)3047

外務省海外安全ホームページ
 http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(現地在外公館連絡先)
在韓国日本国大使館領事部
 住所:大韓民国ソウル特別市鍾路区栗谷路6 ツインツリータワーA棟8F
 電話:02-739-7400(領事部代表)
   国外からは(国番号82)2-739-7400
 FAX:02-723-3528(邦人援護)
   国外からは(国番号82)2-723-3528
 ホームページ:http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/index.htm

在釜山日本国総領事館
 住所:釜山広域市東区古館路18
 電話:051-465-5101(代表)
   国外からは(国番号82)51-465-5101
 FAX:051-464-1630
   国外からは(国番号82)51-464-1630
 ホームページ:http://www.busan.kr.emb-japan.go.jp/jhtm/index_j.htm

在済州日本国総領事館
 住所:済州特別自治道済州市1100路3351世紀ビル9階
 電話:064-710-9500(代表)
   国外からは(国番号82)64-710-9500
 FAX:064-743-5885
   国外からは(国番号82)64-743-5885
 ホームページ: http://www.jeju.kr.emb-japan.go.jp/japanese/index.html
                  
日本大使館連絡事務所(平昌・江陵)
 電話:平昌・江陵共通
     010-3880-5266
     010-5383-4001
     010-8775-0182
平昌
  住所:江原道平昌郡大関嶺面オリンピック路
     171The RIDGE 354(JOCジャパンハウス内)
江陵
  住所:江原道江陵市江東面塩田ギル255
     Maple Beach Resort

J-CASTニュース
韓国では殺人が日本の2.5倍、強盗は1.2倍 外務省が平昌五輪渡航で注意喚起 ネットでは「お、GJ!」
配信日時:2018/2/ 2 18:36
https://www.j-cast.com/2018/02/02320333.html?p=all

 外務省が2018年2月1日公式ホームページで、韓国・平昌オリンピック観覧のための渡航予定者に対し韓国の犯罪発生率は日本と比較し殺人が約2.5倍、強盗が1.2倍に上る、と注意喚起したところ「お、外務省GJ」「相当な進歩だろ!」 などと歓喜の声があがった。

 韓国は反日感情が渦巻いていて、日本人には危ない国なのに政府やメディアはそれを報じないだけでなく、芸能や文化を必要以上に持ち上げている、と忸怩たる思いのネット民が多いだけに、「英断だ!」と歓迎されたのだが、果たして外務省の思惑とは。

180209-1-1.jpg
外務省公式HPより

外務省はこれまでなぜ警告を出さなかったのか?

 外務省が注意喚起の告知をしたのは「海外安全ホームページ」のスポット情報でのこと。9日から25日まで平昌、江陵地域を中心に第23回オリンピック冬季競技大会が、3月9日から18日までは第12回パラリンピック冬季競技大会がそれぞれ開催される。

 同国の年間犯罪発生件数は約185万件で、これは横ばいのため治安は比較的安定した状況にあるけれども、

「しかしながら,主な犯罪の発生リスクを日本と比較すると,韓国は殺人が約2.5倍,強盗が約1.2倍多く発生しています」

とした。韓国滞在中は、在韓国日本国大使館のホームページなどから安全対策に関する最新の情報の入手に努めるとともに、北朝鮮との関係において朝鮮半島情勢が引き続き予断を許さない状況にあることを踏まえ、大使館等からの連絡を受け取ることができるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してほしいと呼びかけた。

ネット上ではこれを見て「お!珍しく仕事してる」などといった声があがることになった。掲示板には、

「外務省GJ やればできるじゃん。ついでにHPの渡航危険レベルもあげなよw」
「注意喚起でも相当な進歩だろ」
「外務省怒りの嫌韓だな、おかげで心置きなく嫌韓に邁進していけるものと思います」

などといったことが書き込まれた。一方で、

「昨日今日こうなったわけじゃ無し、外務省はこれまでなんで警告を出さなかったのか」
「8日前に言われてもw もとより金貰っても行かないけどな」

といった批判も出た。

 ネット上では政府やメディアが韓国に関するちゃんとした情報を発信せず、「忖度」ばかりで芸能や文化を持ち上げてばかりいる、という忸怩たる思いが渦巻いている。そしてとうとう外務省が口火を切った、と歓迎されたのだが、本当にそうなのだろうか。

実は「平昌」以外でも危険度は出していた

 実は外務省は、オリンピックが開催される毎に、同じような警告を出していて、韓国だけが特別ではなかったのだ。12年7月12日に出したロンドン・オリンピック・パラリンピックに関する注意喚起では、

「英国は、比較的安全な国だと考えられていますが、犯罪発生件数は日本の3倍以上であり、英国の人口は日本の約半分であることを考慮すると、犯罪発生率はかなり高いものとなっています」

とした。16年7月22日に出したリオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックでも、ブラジルは、貧困層が多く麻薬の売買のトラブル等に起因する殺人や強盗等の凶悪犯罪が多発している、とし、

「リオデジャネイロでは2015 年中、1205 件の殺人事件(一日当たり 3.3 件)が発生しており、8万1740 件の強盗事件(一日当たり 224 件)が発生している状況にあります」

と掲載した。つまり、開催国の犯罪数を出す事によって渡航者の気を引き締め安全に注意してもらおうというテンプレ仕様だったわけだ。

 ただし、ロンドンやリオ五輪に比べると危険度を訴えるトーンが弱いと指摘する人もいる。発生リスクが日本と比較し殺人が約2.5倍、強盗が約1.2倍という数字はどうなのか、と疑う人もいて、

「注意喚起なのか、安全アピールしているのか分からんな」

という感想も掲示板に書き込まれている。

<#`Д´><#`Д´><#`Д´><#`Д´><#`Д´><#`Д´><#`Д´>

J-CASTニュースのこの記事のコメント欄を読むと面白いですよ♪中には、外務省のテョン国への渡航注意喚起が生っちょろいという書き込まれている方もいらっしゃいますね。

Yahoo!ニュースのコメント欄はニュース掲載期間が過ぎるとコメントも削除されてしまう。その点、J-CASTニュースとテョン国メディアの中央日報はコメント欄が削除されないので、いつまでも見る事が出来て助かる。

過去のニュースを探す時に、2、3年で掲載終了というサイトは困るんだよねえ。サーバーがいっぱいになってしまうのだろうけど、ネットぐらいいつまでも掲載していてくれてもいいのにと思ってしまう。

絶対王者の個人戦を観に行かれる方は宿泊先を確保して行かれないと、極寒の寒空を彷徨うことになりますよ。

デイリー新潮
韓国・平昌五輪、日本への対抗意識で開催もチケット売れず
週刊新潮 2017年6月8日号 掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06120559/?all=1

「インフラ整備は遅れながらも何とか間に合わせるかもしれません。が、現地は北東部の山間で宿泊施設数、飲食店数、タクシー台数などのサービス面はまったく手配が進んでいません。観客は寒空の下を彷徨することになりそうです」

昌磨君が団体戦に出て、それから個人戦になるけど、大丈夫かなあ。個人戦のSPは1位通過で絶好調みたいだけど、調子を崩さず個人戦に行って欲しいよね。

東スポWeb
【フィギュア】宇野昌磨の団体戦SP出場は吉か凶か
配信日時:2018年02月09日 16時30分
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/pyeongchang2018/912760/

日本はペアとアイスダンスが弱いので団体戦に出たところで、メダルは獲れない。本来、団体戦は欠場すべきだし、もし実施するとしても、個人戦の後にやって欲しい。団体戦は所詮お祭りみたいなものなのだから、要らないと思うんだよね。

ロシアがメダル欲しさにソチから実施したんだろうなあと思う。選手は被害者。ソチでもうこりごりだと思わないのだろうか?日本スケート連盟はブラック公益法人としか思えない。絶対に言わなきゃいけない時に黙ってる。自国の選手を守らない。

開閉会式は屋根がないスタジアムで、マイナス15度以下とするならば体感温度はマイナス20度にも下がる。2017年11月4日に開閉会式でコンサートがあった際、低体温症が続出。

デイリースポーツ
平昌五輪、開閉会式場コンサートで低体温症が続出 現地メディア「赤信号」
配信日時:2017.11.07
https://www.daily.co.jp/general/2017/11/07/0010711900.shtml

スタジアムは3万5千人に対して、トイレが10箇所。そして、やぐらのような観客席。トイレに行く迄に間に合わない人が出たり…するかもね。恐ろしい光景が多発するんだろうなあ ガクガクガクカヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
page back