FC2ブログ
朝日新聞デジタル
渡部暁斗、肋骨骨折したまま五輪出場 2日のW杯で転倒
配信日時:2018年2月23日00時21分  執筆者:勝見壮史
https://www.asahi.com/articles/ASL2R01DSL2QUTQP037.html

180228-1-1.jpg
複合団体の後半距離を4位でゴールし、第3走者の山元(左手前)をねぎらう第4走者の渡部暁(右手前)。右奥は第1走者の渡部善、左奥は第2走者の永井=22日、アルペンシア距離センター、林敏行撮影

 平昌冬季五輪のノルディックスキー複合日本代表で、2大会連続となる個人ノーマルヒルの銀メダルを獲得した渡部暁斗(29)=北野建設=が、左の肋骨(ろっこつ)を骨折した状態で五輪に出場していたことが、22日分かった。全日本スキー連盟(SAJ)が明かした。

 同連盟によると、今月2日に長野県白馬村であったワールドカップ(W杯)白馬大会のジャンプの公式練習で着地に失敗し、転倒して痛めた。その後、病院で肋骨骨折と診断されていたという。渡部暁はその際、報道陣に対し、「大丈夫。問題ありません。久しぶりに転んで、転ぶのはこういう感じだったなと思い出した」と話していた。

 渡部暁は白馬大会2試合に出場し、平昌五輪では、個人ノーマルヒルのほか、個人ラージヒル、団体の全3種目に出場した。

180228-1-2.jpg
複合団体の後半距離で、4位でゴールする第4走者の渡部暁=林敏行撮影

180228-1-3.jpg
複合団体の後半距離で、4位でゴールした第4走者の渡部暁。奥は優勝したドイツ=林敏行撮影

スポーツ報知
小倉智昭キャスター、渡部暁斗の肋骨骨折に「去年の11月にも骨折していた」
配信日時:2018年2月23日9時12分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180223-OHT1T50071.html

180228-1-4.jpg
渡部暁斗

 23日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で平昌五輪個人ノーマルヒル銀メダルの渡部暁斗(29)=北野建設=が、大会前の今月2日に左肋骨(ろっこつ)を骨折していたことを特集した。

 渡部暁は22日に行われた団体ラージヒル決勝にも、永井秀昭(34)=岐阜日野自動車=、山元豪(23)=ダイチ=、渡部善斗(26)=北野建設=とともに出場し4位。前半飛躍(HS142メートル)で3位につけたが、後半距離(20キロ)で順位を落とし、同種目で94年リレハンメル大会金メダル以来、24年ぶりの表彰台は逃した。全日本スキー連盟は、渡部暁が今月2日のW杯白馬大会の飛躍練習で転倒した際、左肋骨を骨折していたことを明らかにした。

 小倉智昭キャスター(70)は「かなり痛かったと思う」と思いやった上で「案外知られていないんだけど、去年の11月にW杯の前に確か肋軟骨を骨折しているんですよ。だから、それでもW杯5勝しているわけでしょ。どんな体してんだって」と驚いた。

日刊スポーツ
銀メダルに悔しさと喜び、渡部暁斗ら複合選手が帰国
配信日時:2018年2月24日19時31分
https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/nordic/news/201802240000630.html

180228-1-5.jpg
メダルを手に羽田空港に降り立った渡部暁(撮影・中島郁夫)

 平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)のノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで2大会連続の銀メダルを獲得した渡部暁斗ら複合の代表が24日、羽田空港に帰国した。渡部暁は「結果は悔しいけど、メダルをかけて帰ってきて、皆さんに喜んでいただけたのは素直にうれしい」と表情を緩めた。

 渡部暁は大会直前に肋骨(ろっこつ)を折り、平昌入り後は3日間ほど練習ができなかったという。それでも骨の一本、二本くれてやるという気持ちで臨んだ。けががなかったら金メダルを取れていたとは思っていない」と言い訳にはしなかった。

 休まず3月3日に再開するワールドカップ(W杯)に出場する。「総合優勝の可能性も残っている。そこに向けて全てをささげたい」と話した。

 団体4位の永井秀昭は「世界のトップとの差がある。もっと真摯(しんし)に競技に向き合っていかないといけない」と課題を挙げ、渡部善斗は「メダルに届かなかったのは悔しい。まだまだ頑張らないといけない」と奮起を誓った。初出場の山元豪は「いろいろな人の支えがあってここまで来られたと実感した」と周囲に感謝した。

 出番がなかった渡部剛弘は「五輪で試合をするのは小さい頃からの夢。次にチャンスがあれば挑戦したい」と話した。

180228-1-6.jpg
メダルを手に羽田空港に降り立ったノルディック複合男子日本代表。左から山元、渡部善、渡部暁、永井、渡部剛(撮影・中島郁夫)

渡部暁斗選手、偉すぎるねー!!ものすごく痛いのに言い訳しない。昨年11月のワールドカップ前にも肋軟骨(ロクナンコツ)を骨折していたとは・・・(´ノω・`*)ナケル-

肋骨骨折|一般社団法人 日本骨折治療学会
https://www.jsfr.jp/ippan/condition/ip09.html

そして、五輪開催直前の2月に左肋骨を骨折。先に肋軟骨を骨折していたので、庇いながら試合に出て、肋骨周りに負担がかかってしまったのかもしれないね。

痛み止めを打ったり、飲んだりしながらでも、ジンジン、ズキズキ痛いはず。渡部暁斗選手はアスリートの鑑ですね。

怪我があっても、ノルディック複合男子個人ノーマルヒル(NH)で2大会連続銀メダルを獲得するとは、本当に立派。怪我がなかったら優勝できていたと思わないと謙虚。

痛みがあると気が散るのに、五輪で実力を発揮して、すごい人だなあと若い方なのに尊敬します。怪我を早く治して、北京五輪に出場できるといいね。

渡部選手の名前(苗字)を見た時、渡部選手はワタベと読むけど、ワタナベさんは色んな漢字があるなあと思った。渡部選手と同じくワタベと読む有名人に俳優の渡部篤郎がいますね。

ググったら、こんな記事に辿り着きました。

東洋経済オンライン
「渡辺」「渡部」「渡邊」「渡邉」の知られざる真実
安倍首相の「アベ」は阿部と一体何が違うのか
配信日時:2017年05月28日  執筆者:TBSテレビ「マイネームSHOW」取材班
http://toyokeizai.net/articles/-/173199

ワタナベさんは渡辺・渡部・渡邊・渡邉とありますね。アべさんにも阿部・阿倍・阿陪・阿邊・阿邉・安部・安倍・安陪・安辺・安邊・安邉とある。他にもあるみたいだけど。
スポンサーサイト
フィギュアスケート 女子シングルFS
2018年2月23日(金) 10時00分スタート
https://pyeongchang.yahoo.co.jp/event/fsk/live/10112

[採点表]女子FS(外部、PDF)

gorin.jpのライブを見ていました。

ニダ国のキム・ハヌルという選手の演技を見ました。キム・ハヌルという女優もいて、同じ姓名の人があかん国にはたくさんいるらしい。金・空気という意味なんだとさ。

180223-1-8.jpg

ヨン棒キッズと呼んでいたソチ五輪に出たキム・ヘジンとパク・ソヨンはどこに消えたの?ヨン棒より上手かったのに、消えちゃったわ。きっと資金が枯渇したんだろうね。ホラマサ五輪を誘致できたら、層の薄い競技に金かける余裕がなかったんだろうね。

寒村(サムソン)も斜陽企業になってるしね。会長が植物人間状態という噂があるけど、本当のところはどうなんでしょうね。五輪が終わったら、テョン国経済はガタが来てより厳しくなるだろうね。日本に出稼ぎと密入国が増えるので迷惑なんだけど。

正直、ヨン棒より上手くね?と思いました。15歳で150cm(宮原さんと同じ身長)アジア人はだいたい15歳ぐらいで身長伸びなくなるので、これは最終的にはまだ分からないけど、脚が短くて太い・・・フィギュアスケーターとしては致命的なスタイル。つうか、15歳の子しか五輪代表になれる選手がいない。チェ・ダビンが2017年のワールドで五輪2枠持って帰っちゃったから仕方ない。

キスクラでスコアを見て泣き出した顔は実にブサイクだけど、整形前・・・いや、もう既にしているのかも?!まぶたはアイプチかもしれないなあ。でも、鼻が低いので、まだお直し前かも。メイクが独特でコリアンメイクという感じ。まあ、ヨン棒のべっとり黒アイライナーよりマシだけどね。現在歯列矯正中、終われば可愛くなるかも。

ハヌルちゃんはビールマンスピンのポジションもきれいだったし、I次スピンもきれいだった。ちゃんとステップシークエンスもコリオシークエンスもあった(ヨン棒はステップはどこ?状態だった)し、ショートでミスがあったらしい(SPを見てないので分からない)ので、フリーで挽回できて良かったと思う。

素晴らしい演技をしてちゃんとした評価を貰えば、テョン国の選手でも賛辞を贈る。ヨン棒のように内容のない演技で、ミスさえしなければ(ミスしまくりだったけど)、高得点を貰っていたものね。それが我が日本から男版ヨン棒が出現して来ました。実に不名誉な事です。

李香凝という17歳の中国の選手がパッと見た印象が十代の現役時代の舞さんに似ている感じました。中国は李子君ちゃんが五輪に出ないので残念ですね。

180223-1-1.jpg

面白いなあと思ったのが、アメリカで出生したという選手が3名もいました。フィンランドのエミー・ペルトネンとスロバキアのニコル・ライチョヴァーとブラジルのイサドラ・ウィリアムズです。

ペネルトン選手はヘザー・グラハム似の美人さんで、親の仕事の関係か留学かでアメリカで生まれたのかな。

180223-1-9.jpg

NAVERまとめ
【女優】ヘザー・グラハム 現在もかわいい画像集【モデル】
更新日時:2017年11月06日
https://matome.naver.jp/odai/2150463995891467701

ライチョヴァー選手はスロバキア系の移民で、アメリカ代表だと層が厚いので、スロバキア代表で出たのでしょう。

180223-1-10.jpg

イサドラ・ウィリアムズ選手はウィリアムズという名前は英語名なので、お父さんがアメリカ人でお母さんがブラジル人なのでしょう。それで、ライチョヴァー選手と同様、アメリカの層の厚さから赤道の国で超層の薄いブラジル代表を選んだのでしょうね。

180223-1-11.jpg

あーん (x_x;) マリア・ソツコワちゃんとカレン・チェンとブラディー・テネルの滑走を見逃しちゃったよ。

180223-1-12.jpg 
180223-1-13.jpg 
180223-1-14.jpg

ガブリエル・デールマンのジャンプミスの連続を見て、痛々しくなっちゃった。デールマンのジャンプは巻き足なんだね。軸が乱れていて、可哀そうだった。五輪にピークを持って来れないのを見ると、気の毒になるね。

180223-1-17.jpg

チェ・ダビンは地元の声援を受けて、いい滑りをした。ニダ国特有のお直し顔なのかなあ?この子、ジュニアの頃からこんな顔していたから、特にいじくってないと思うけどね。目は二重にしているのかも。いや、奥二重だから、生まれつきかもね。スタイルもいいし、演技もヨン棒より上手だと思うね。盛ってない点数だとテョン国の選手でも応援したくなるけど、どうしてもフィギュアスケートの採点は不可解だ。

180223-1-2.jpg

長洲未来ちゃん、SPとLPでトリプルアクセル成功ならず。めちゃくちゃ悔しい 。゚(゚´pωq。`)゚。 ああー決まって欲しかった。でも、団体戦のフリーでトリプルアクセルをクリーンに決めたから、それだけでも良かった。トリプルルッツジャンプもミスしてしまい、団体戦の演技が個人戦であれば良かったのにと悔やまれる。一時は復活できないのかと思っていたけど、復活して戻って来て、二度目の五輪出場を果たして、本当に嬉しかった ゥレスィ━━(>∀<人)━━♪♪

180223-1-3.jpg

最終グループの初めは宮原知子。「蝶々夫人」の衣装を着物っぽくしたくないと言ってたらしいね。SPも「SAYURI」で和風プロで揃えたんだ。ショートの動きは芸者ではなく歌舞伎みたいであんまりだし、フリーもどこが「蝶々夫人」なのか分からない。身体が小さいせいもあるけど、動きがチマチマしていて演技が小さく見える。

ジャンプの高さが相変わらず低い。回転不足にならないのが、魔法のよう。五輪ボーナスですか?関心したのが、ニダ国の観客。前よりモラルが向上したよ。昔はただホーホー言うだけだったのに、曲の盛り上がりに手拍子したり、技が決まると拍手したり、観客のマナーが良くなってたよ。

カロリーナ・コストナーが滑走。ジャンプのステッピングアウトや片手を付くことが目立った。ジャンプの着氷に滑らかさがなくなったので、ソルトレイクシティ五輪のマリア・ブッテルスカヤを思い出した。ブッテルスカヤはソルトレイクの時で29歳で、ジャンプの転倒はなかったけれど、ジャンプの着氷が詰まり、フリーで順位を後退した。世界女王でも年を取ると、ジャンプの着氷が滑らかでなくなる。カロリーナはまだ現役を続けるのかなあ。

180223-1-15.jpg

坂本花織が滑走。順調に滑っていたが、最後から二番目のトリプルループの着氷が乱れステッピングアウト。表現力で劣るのか、コストナー選手より順位が後になった。いやー納得できないねえ。坂本ちゃんの方がミスが少なかったのに、なぜなの?どうしてそうなるの?意味不明な採点。坂本ちゃん、めちゃくちゃ頑張った!!偉かったぞ~!

180223-1-4.jpg

坂本ちゃんの事を某所で吉田戦車の「伝染するんです」のかわうそくんにそっくりだと書き込まれていました。それを見て以来、坂本ちゃんがかわうそくんに見えて仕方ありません。ごめんね、坂本ちゃん (≧≦) ゴメンヨー

180223-1-16.jpg

ミドルエッジ
最強脱力不条理マンガ「伝染るんです。」の魅力的な世界
更新日時:2015年9月17日
https://middle-edge.jp/articles/I0002015

アリーナ・ザギトワの滑走。ジャンプの基礎点が1.1倍になる後半に持って来れるのは、15歳で力がみなぎっている今だからこそできる。トリプルルッツ-トリプルループを単独トリプルルッツになり、今シーズン初めてのミス。2回目のトリプルルッツの時にトリプルループをリカバリーしてくる。ほとんどのジャンプにタノやたけのこがつく。今日のジャンプはいつもに比べて着氷が危なっかしいものが多かった。今は足首が柔らかいので、堪えている感じの着氷に見える。

ケイトリン・オズモンド、「ブラック・スワン」。ケイトリンはインド系の血が入ってるとか?愛くるしい顔立ち。脚が一時と比べて細くてきれいなシルエットになった。怪我明けから、だいぶ引き締めてきたね。ジャンプの高さと勢い、3番目のトリプルルッツでステッピングアウト。その後のジャンプをクリーンに決めて、スピードも落ちなかった。曲の特徴をよく捉えていてメリハリのある動作で、滑走者中歓声が一番大きかった。ザギトワを超えてもいい演技だと個人的には思った。宮原さんはこの時点で4位確定。

180223-1-5.jpg

最終滑走、エフゲニア・メドベージェワはノーミス。ミスしにくい・したとしてもリカバリーしやすいプログラムを作っているのか、エテリの作戦はすごいなあと感心。脚が細すぎて、ジャンプしたら折れそうに見える。実際、右足関節の怪我をしていたでしょう。結果は2位になったけど、演技全体としてはメドべの方が上だと思ったけど、ザギトワの方が難易度の高いジャンプを跳んでいるからね。

ここで世代交代が起こるのかな。しばらく、ザギトワが女子シングルの覇権を握ることになったね。これからしばらくは、メドべはザギトワのミスがない限り、万年2位になっちゃうのかも。メドべは今までトップだったのに、可哀そうになるね。

180223-1-7.jpg

ザギトワは誕生日が早かったから良かったね。五輪開催日に15歳であれば出場できるようにしたらいいのに、金メダルを獲った後にすぐにプロ転向したタラ・リピンスキーという前例があったからだという。真央さんがトリノ五輪に出場していたら、フィギュアスケートの歴史が変わっていたのに!ISUはもったいない事をしたと思うよ。

真央さんはちゃんと学校に通っていたけど、タラ・リピンスキーは学校に行かずスケートリンクに入り浸り。同じようにザギトワもメドべも学校なんか行ってないでしょう。旧共産圏はスポーツ選手は体育学校に行って、お勉強は一切しない。

テョン国の選手も同様で、勉強する人と体動かす人と子供の頃から分けられる。儒教の考えも相まって、汗をかく人は卑しい人となり、蔑視しているのかもしれない。五輪でメダル(特に金)を獲ったら、褒賞金が出て、生涯保障。一攫千金を夢見て、子供をスポーツ選手にさせるのかもしれない。

日本の選手はきちんと学校に通っているので偉いよ。フィンランドのキーラ・コルピという超美人の元スケーターがいたけど、高校を休学してトリノ五輪に挑んでいたよ。学業とスポーツを両立させる国の選手が偉いなあと思う。

真央さんも大学を休学して、2年遅れて卒業したのは、ちゃんと単位を取っていたからだよ。宮原知子さんも今休学しているんだっけ?宮原さんは医者志望という噂があるけど、ご両親がお医者さんだからスケートは辞めるのかな。gorin.jpのインタビューでは次に繋げたいと言ってたけどねえ。次の五輪は24歳。まだ続けるのかも。。。

180223-1-6.jpg
ハフィントンポスト
ネイサン・チェンは「歴史を作った」 4回転ジャンプに5回成功【フィギュア男子・フリー】
http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/16/nathan-chen_a_23364020/
投稿日時:2018年02月17日 11時58分  執筆者:南 麻理江

ショートでは17位と出遅れました。

180218-1-1.jpg

平昌オリンピックは2月17日、フィギュアスケートの男子フリープログラムがあり、アメリカのネイサン・チェンが史上初めて、オリンピックで4回転ジャンプを5回成功させる快挙を成し遂げた 。

180218-1-2.jpg 
180218-1-3.jpg

最高難度の4回転ルッツをはじめ、4種類の4回転ジャンプに6回挑戦した。1度手をつくシーンがあったものの転倒はなく、5回成功させた。実況のNHKアナウンサーは「歴史を作りました」と力を込めた。

チェンは、自己ベストとなる215.08点を獲得。16日のショートプログラムと合計で297.35点の高得点を叩き出し、メダル圏内に躍進した。

180218-1-4.jpg 
180218-1-5.jpg 
180218-1-6.jpg 
180218-1-7.jpg

金メダル候補の1人として名を連ねたチェンだが、ショートプログラムでは17位と出遅れていた。

ネイサン・チェン 平昌オリンピックフィギュア男子SP

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32752257

ネイサン・チェン 平昌オリンピックフィギュア男子FS

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32751382

【ショートの曲】

Benjamin Clementine - Nemesis

https://youtu.be/ugGN_Z1jPoM

ウィキペディア  ネメシス
https://ja.wikipedia.org/wiki/ネメシス

ネメシスは、ギリシア神話に登場する女神である。人間が神に働く無礼(ヒュブリス)に対する、神の憤りと罰の擬人化である。ネメシスの語は元来は「義憤」の意であるが、よく「復讐」と間違えられる(訳しにくい語である)。

【フリーの曲】

映画『小さな村の小さなダンサー』予告編

https://youtu.be/-acoMvGzF50

『小さな村の小さなダンサー』/"MAO'S LAST DANCER"
http://www.werde.com/movie/new/maoslastdancer.html

日本では2010年8月に公開された映画。氷上のバレエダンサーであるネイサンに相応しい選曲。

[採点表]男子FS(外部、PDF)

私はテレビを持ってないので衛星放送なんて見れないし、携帯電話にワンセグがついてないので、オリンピックはネットだけに頼る情弱者です。昨日は出かけていて、その最中に男子シングルの結果が出ていたんですね。

外出先のとある場所で「宇野昌磨君は背が小さいから~ふんたらかんたら、羽生君は背が高くてスタイルいいから~ふんだららー」と熟女が盛り上がっていらっしゃいました。

私はそれを聞いて、予想通り奴が勝ったんだとほんのちょびっと気落ちしました。あれが頭角を現し、オーサーの元に行ってから男子シングルはもう見なくなりました。全く興味が持てなくなったんです。

今回の毒きのこのSP・LPとも見る気が起きません。難易度を下げて、無難に済ませたのでしょう。団体戦に出ず、遅れて平昌に入って来て、練習で絶好調アピール。試合に出ず体力を温存していたのは卑怯ですよね。

あれは首長族のように首が長すぎるので、個人的には身体のバランスが悪いなあと思っています。背が低かろうと宇野昌磨選手の方がアスリートらしい体つきをしているので、好ましく感じます。高橋大輔さんも織田信成さんも背は低いですが、バランスが摂れた体つきでした。

奴からの当たり屋として被害を受けた選手達が出場していたのを嬉しく思いました。ハン・ヤン君は23位に終わりました。前回五輪では銅メダリストのデニス・テン君は、松葉杖での生活を余儀なくされる程の足首の怪我をしました。結果はSPで予選落ちでしたが、五輪出場まで治って良かったです。

Pちゃんは9位だったので、たぶんエキシに出ないでしょう。出なくて良かったですよ。前回の五輪のエキシでは、あれがPちゃんの目の前でいきなりバタフライをやり、スケート靴の刃でPちゃんの脇腹をぐさりとやりましたからね。

ナンデス君は前回4位でしたので、今回表彰台に上れて良かったですね。フィギュアスケートの五輪メダリストはスペイン初の快挙ではないでしょうか?おめでとうございます!!(*^▽^)/★*☆オメデト♪

昌麿君はフリーの冒頭の4回転ループの転倒が惜しいですね。あれが成功していたら・・・きっと他のジャンプが詰まったからという理由で絶対王者より下げるでしょうねえ。プロトコルを見たところ、4回転ループに挑戦していたのは昌麿君だけでしょうか?転倒したけれども、難易度の高いものに挑戦した昌麿君は立派ですね。

昌麿君にはこれからの4年間活躍して、次回の五輪にも出場して欲しいですが、山田満知子先生の門下生はなぜか2位止まりという事が多いですよね。なので、法則通りになると、次も銀以下もしくは入賞でお終いかもしれません。

ボーヤン君は次回の地元開催の五輪でメダルを狙って欲しい!ボーヤン君とネイサンは技術力が王者より上でも、PCSが抑えられるという不条理。男子フィギュアは見ていてアホらしくなるね。あれが引退するまで、絶望的につまらない試合が続くことになる。出来レース、毒だけ加点てんこ盛りの特別扱い優遇されすぎ。

ネイサンのフリーの追い上げ、見事でしたね!フリーは1位だったので、ショートのミスが悔やまれます。フリーを滑る時はメダルはもう無理で、何も失うものはないからと気持ちを切り替え、全ての力を出し尽くしたんでしょうね。

ソチの真央さんのフリーを思い出す方が多かったようですが、私は真央さんの演技の方が円熟味があり、ネイサンはまだ若いので違うと感じました。まだ18歳、男子は二十代が活躍する時です。

ネイサンはハーバードの医学部に進学するというのは本当なのでしょうか?そしたら、もうスケートは辞めちゃうのでしょうか?あと4年は続けて欲しいですね。きっと、今回の五輪の経験を活かすことができると思います。

ネイサンのスケートは目の保養になりますね。姿勢がいいし、手先まで神経の行き届いた演技。バレエをやってる人はイーグルが美しいです。スケーティングも滑らかだし、本当に素敵な演技をする選手だなあと思います。

勝ち方が正々堂々としていないので、自国の選手が優勝しても、全然喜べないんですよ。また憂鬱な4年間が始まります。4回転アクセルに挑戦するそうですよ。先に3回転ルッツジャンプを確実に跳べるようにしていただきたいですね。
zakzak
平昌「史上最低五輪」に決定 ノロ汚染、強風…反日・反米で相次ぐ批判“隠ぺい”
配信日時:2018.2.16
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180216/soc1802160010-n1.html

180217-1-1.jpg
14日の女子アイスホッケー日本対南北合同チーム戦にも、竹島が記された統一旗が登場。竹島は「反日」の道具となっている(ロイター)

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪の大会運営のお粗末さが際立っている。大会前にはボランティアの反発やノロウイルス感染を引き起こし、開幕後も強風、極寒の劣悪環境に選手から不満が相次ぐ。不始末への責任追及の目をそらすためか、韓国では「反日・反米」の動きが見られる。大会終盤の22日には日本で制定された「竹島の日」を迎える。14日公表された日本の次期学習指導要領改定案で、初めて竹島が日本の「固有の領土」と記されたことに韓国政府が反発しており、「反日」が過熱する可能性も浮上している。 

 「減少傾向にある。少し安心している」

 大会組織委員会は14日の記者会見で、猛威をふるったノロウイルスの感染状況について、こう見解を明らかにした。13日時点で感染者は199人に増えたが、新たに確認された感染者は5人にとどまったからだ。

 感染拡大が収まりつつあるのはいいことだが、組織委の対応はお粗末だった。

 今月初めにノロウイルスに感染したと推定される食中毒症状が明らかになったが、「団体給食が原因とみられる」と発表されたのは、13日のこと。しかも発生源となった警備員の宿泊施設で、調理用の地下水が、糞便に汚染されていたというのだから驚くしかない。

 大会運営のずさんさは、これにとどまらない。「100人の宿舎に洗濯機が3台しかない」「居室の温水シャワーが出ない」などの不満がボランティアから続出。1月末までに2194人が離脱したことが伝えられた。開会式のリハーサルが行われた今月3日にも、式典進行の業務を担当していたボランティア100人超が組織委員会への不満を訴え、ボイコットする騒ぎが起きた。

 開幕後も混乱は収まっていない。大会前から懸念されていた強風と極寒が、選手を苦しめているのだ。大会第3日の11日には強風でアルペンスキー男子の滑降が延期となり、スノーボード女子のスロープスタイル予選が中止となった。今では、競技実施時間の延期は当たり前となっている。

 劣悪環境は選手のコンディションにも影響を与えている。ジャンプの男子個人ノーマルヒルに出場した45歳の大ベテラン、葛西紀明ですら「もう信じられない。気持ちがひるんじゃう。『こんなの中止でしょう』と心の隅で文句を言いながら寒さに耐えていた」と話したほどだ。

 韓国に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「そもそも、IOC(国際オリンピック委員会)が平昌を五輪の開催地に選んだこと自体が間違いだった。雪質が悪く、強風で競技に支障をきたすかもしれないし、しかも北朝鮮がシャシャリ出てきてどうなるか分からない。そんなところを、スポーツの貴族集団はなぜ選んだのか」と疑問を呈する。

 そんななか、韓国国内では反日・反米的な騒ぎが起きている。

 韓国紙、中央日報(日本語版)によると、米NBCテレビの解説者が9日の開会式の中継で、「すべての韓国人は、発展の過程で日本が非常に重要な文化・技術・経済的モデルになったと話す」と述べたところ、非難が広がった。

 この解説者は米コーヒーチェーン大手「スターバックス」の取締役を務めており、不買運動にまで広がる雰囲気というのだ。

 反日が過熱する恐れも浮上している。大会期間中の22日、島根県が定めている「竹島の日」を迎える。竹島を「独島」と呼んで不法占拠している韓国では例年、この日に合わせて日本大使館前などで抗議活動が行われている。

 今年は特に、反発が高まる理由がある。日本の文部科学省が14日に公表した高校学習指導要領の改定案で、竹島が日本の「固有の領土」と初めて明記されたのだ。韓国外務省は同日、報道官論評で是正を求め、在韓日本大使館の水嶋光一総括公使を呼んで抗議した。

 前出の室谷氏は「新聞があおるだろうし、韓国世論が爆発する要素がある。そうなれば、騒ぎに目が行き、国内的には不手際が目立たなくなる。日本人であるということだけで、嫌がらせをしてくる韓国人が出てくる恐れがある」と話した。

 やはり、最後は「反日」に行き着くのか。

<`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *><`∀´ *>

北朝鮮の美女応援団って言う程美女でしょうかねえ。肌が色白というだけじゃないかなあ。顔は南の人より磨れてなくて、素朴な感じね。肌の色なんかよりエラと頬骨の高さが気になってしまう。

> そもそも、IOC(国際オリンピック委員会)が平昌を五輪の開催地に選んだこと自体が間違いだった。雪質が悪く、強風で競技に支障をきたすかもしれないし、しかも北朝鮮がシャシャリ出てきてどうなるか分からない。そんなところを、スポーツの貴族集団はなぜ選んだのか
元時事通信の記者で80年代のソウルに5年滞在経験のある室谷克実さんが、平昌を五輪開催地に選んだIOCを批判してくれているので、そこに今回の五輪の不手際の原因がある。

> 米NBCテレビの解説者が9日の開会式の中継で、「すべての韓国人は、発展の過程で日本が非常に重要な文化・技術・経済的モデルになったと話す」と述べたところ、非難が広がった。
事実を言っただけで、非難が広がるとな。ニダーさん達は歴史を真実の学んでない。テョン国政府が学校でウリナラファンタジーを教えているので、あかん国がずっーと昔から先進国だと洗脳されている。

で、この正しい歴史認識のNBCの解説者の方はスターバックスの取締役をされているのね。スタバは家の近所にドライブスルー型の店舗があるけど、正直、コーヒーがおいしいと思えない。エスプレッソタイプのドリンクだったら、タリーズの方がおいしいかな。シアトルズベストコーヒーがエスプレッソタイプでは一番いいと思う。

ドリップコーヒーならドトールが安いし、コーヒーに香りがあるのでいいと思うな。ヴェローチェは安いけど、まずい。最近、コメダ珈琲が全国展開(しかも郊外型)しているけど、店内は落ち着く純喫茶なんだが、フードメニューが微妙。UCCの珈琲館も家の近くにあるけど、全然行かない。

でも、こんなまともな歴史認識の取締役のいる会社であれば、スタバを利用して応援しないきゃいけないね。

ゴゴ通信
平昌五輪開会式でNBCが「韓国は日本のおかげで発展した」と発言した解説者 解雇に追い込まれる
配信日時:2018/02/12 15:21:53  執筆者:ソル
http://gogotsu.com/archives/37210

> 日本の文部科学省が14日に公表した高校学習指導要領の改定案で、竹島が日本の「固有の領土」と初めて明記されたのだ。
これは内政干渉で他国に言われる筋合いはないでしょう。歴史認識なんて統一しようがないんだよ。また一緒の国に戻りたいなら、文句言ってもいいよというレベルの話。

だけど、この教科書を検定するというのは日本独特の事だね。テョン国は教科書が1つしかないから、為政者からすると洗脳しやすいよね。国民全員同じ教科書で学んでるんだから、容易なことだわ。

オランダは教科書を教師が決めていいと聞く。デンマークは教科書を10年以上使うらしく、教師はもうすっかり内容を覚えていて、教え方も上達しているそうだ。数年に1回教科書を検定・改訂する国も珍しい。

教科も多すぎるし、学校あれこれ詰め込み過ぎ。そのくせ、仕事に役立たない事を教えるし、歴史は事実の羅列であって、教養趣味としては楽しめない。ただの暗記科目。無味乾燥としたものをひたすら覚えるだけのこと。

文部科学省は解体せよ
文部科学省は解体せよ 単行本(ソフトカバー) – 2017/10/27
有元 秀文 (著)

今、上の本を読んでいる途中なんですが、読み終わりましたが、文部省は防衛省と違って緊急性を伴わない無駄なペーパーワークをしている。しかし、国会の答弁に備えて毎日深夜まで残業。タクシーチケット使い放題の官僚に対して、居酒屋タクシーなるタクシーまで登場している。

国民の血税を喫緊の課題がある訳でもない省庁に使うのはおかしいのではないかと著者の有元さんは訴えている。文科省をなくせば、消費増税する必要がないとまで豪語する。

PISAの学力テストが下がったのは「ゆとり教育」のせいではないと著者は言う。学力低下の戦犯とされた「ゆとり教育」に引導を渡し、文科省は教育方針を学力重視に転換させることに成功した。その結果、益々日本の教育は詰め込み過ぎで、時代遅れになっていった。

著者が言うには学級(クラス)制を維持するなら、少人数制を実施しないといけないし、教員の人数を増やさないといけない。一斉授業で個別カリキュラムではないので、学級崩壊し特別支援学級も上手く機能していない。

部活をやらせておけば、生徒達が悪い事をしないと思っているから、部活動が盛ん。では、学校行事の多さは保護者に向けて教師がアピールしているだけだろうか?組体操で大怪我や死亡事故。全国柔道事故被害者の会によると1983年~2016年の34年間で、中学・高校内における柔道事故の死亡者は121名にも上る。

学校に行かなければいじめに遭うこともなかったし、運動会の組体操や水泳の授業に柔道の授業で死ぬこともなかったのに・・・昔はラグビーのスクラムやタックルで、あるいは鉄棒からの転落で死亡もしくは下半身不随というのをよく聞きました。

結論は、日本の学校教育は時代遅れで自分の意見のない人間を量産しており、学校を「刑務所」とまで断言する。代替案として、教師は病む前に転職を奨めている。フリースクールを開校して、自分の信念を通すべきか、非常勤の講師になるか、他業種に行くか・・・仕事量を減らすように提言している。

学校に行って被害に遭うのが嫌な子供には、オルタナティブの学校もしくはホームスクーリングを奨めている。習い事をあれこれさせるより、元国語教師の著者は読書を推奨している。本を読めば、読解力がつき、他の教科の成績も上がると。

確かに、私の知人の数学の塾を開いている方が、質問に来る子供にまず問題をよく読みなさいと言うらしい。そして、何度読んでも理解できない場合にその先生は教えるということだ。

日本は人口が多くて、簡単に物事を決定したり廃止したりができない。問題山積なのに、国民はデモや暴動をせず、真面目に働いて暮らしている。他所の国が何の教科書を使おうと関係ない事だから、いちいち口出しすんな!このボケ!(おっ、失礼)

それより、ウリナラの衛生観念を向上させて、冬季にノロウィルスが発生しないようにしていただきたい。
AFPBB News
混乱のスノボ女子SS 「平昌の突風」でほぼ全員転倒、批判の声も
配信日時:2018年2月12日 17:21 発信地:江陵/韓国
http://www.afpbb.com/articles/-/3162116

180213-1-1.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒するカルラ・ソマイニ(2018年2月12日撮影)。©AFP/FRANCOIS XAVIER MARIT

【2月12日 AFP】平昌冬季五輪は12日、スノーボード女子スロープスタイル決勝が行われ、激しい風が吹き荒れる危険なコンディションで多くの選手が転倒する中、米国のジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)が混乱を乗り切り、2大会連続の金メダルを獲得した。

 予選が中止になった前日に続き、この日も強風でスタートが1時間以上遅れた。しかし、フェニックススノー競技場(Phoenix Snow Park)で行われた決勝では、激しい風の影響でアンダーソンを含むほぼすべての選手が転倒大けがをした選手はいなかったようにみえたが、相次ぐ転倒は競技続行にも疑問符が付くものだった。

 オーストラリア代表団の中では最年少となる17歳のテス・コーディ(Tess Coady)は、前日の練習中に左膝を骨折して棄権この日の決勝を15位で終えたオーストリアのアンナ・ガッサー(Anna Gasser)は「すでに多くの選手が風のせいでけがをしていた」「昨日だって朝の練習は危険だった」という。

 さらに、この日の決勝は「くじ引き」のようだったというガッサーは、「フェアな競技だったとは思わない。強行した主催者には少し失望している」「私の考えでは、女子スノーボードにとって良いショーではなかったと思う」と続けた。

「激しい突風」

 転倒もあり17位で終わった英国のエイミー・フラー(Aimee Fuller)は、この日のコンディションはキャリアで最も難しかったものの一つで、強風にあおられた最後のジャンプで着地を決めるのは「不可能」だったと振り返っている。

 転倒したものの負傷は免れた26歳のフラーは、「きょうのコンディションは間違いなく難しかった。(自分の演技は)望んでいたものでも、期待していたものでもなかった。五輪の決勝という舞台で夢見ていたものではなかった」と悔やむ。「激しい突風があった。『平昌の突風』と呼ぶことに決めた」

 決勝では五輪のスノーボード競技で二つの金メダルを獲得した史上初の女子選手になったアンダーソンに続き、カナダのローリー・ブルーアン(Laurie Blouin)が銀、フィンランドのエンニ・ルカヤルビ(Enni Rukajarvi)が銅メダルで続いたが、人々の話題は氷点下の気温と相まって選手と観客を苦しめた風に集中した。

 吹き飛ばされるような風との駆け引きが求められる高いレールとジャンプ台が配置されたコースでは、この日の決勝までに英国のケイティ・オームロッド(Katie Ormerod)とコーディが負傷し、競技出場を断念することを余儀なくされた。

 自身初の五輪で前十字靱帯(じんたい)を断裂し、数か月の離脱を余儀なくされたコーディは、転倒の原因は風だったとした上で、「きょう、私の五輪は突然に終わりを迎えた…。練習中に最後のジャンプ台で風にあおられた。それに前十字靱帯なんて最悪!」と自身のインスタグラム(Instagram)でつづっている。©AFP/Peter STEBBINGS

180213-1-2.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒するイサベル・デルングス(2018年2月12日撮影)。©AFP/Kirill KUDRYAVTSEV

180213-1-3.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒する藤森由香(2018年2月12日撮影)。©AFP/LOIC VENANCE

180213-1-4.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒する広野あさみ(2018年2月12日撮影)。©AFP/LOIC VENANCE

180213-1-5.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒するジュリア・マリーノ(2018年2月12日撮影)。©AFP/FRANCOIS XAVIER MARIT

180213-1-6.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒する藤森由香(2018年2月12日撮影)。©AFP/Martin BUREAU

180213-1-7.jpg
平昌冬季五輪、スノーボード女子スロープスタイル決勝。転倒するカルラ・ソマイニ(2018年2月12日撮影)。©AFP/LOIC VENANCE

保守速報
【冬季五輪】混乱のスノーボード女子 「平昌の突風」でほぼ全員転倒、批判の声も
公開日時:2018年02月12日22:27
http://hosyusokuhou.jp/archives/48810914.html

優勝したアメリカのジェイミー・アンダーソン選手も二連覇とはいえ、転倒したんだね。ほぼ全員転倒ということは、転倒大会だよ。バレエと違って該当者なしという訳にいかないから、マシな順から表彰台に上がっていく。

テョン国で開催される五輪なんて、夏季大会でもまともに開催できないのに、冬季大会になると天候的な事情で初めから無理と云われていた。袖の下とハニトラで大会誘致を成功させただけで、気候環境について考慮していない。

袖の下とハニトラにかかったIOCの委員は雪なんて見た事がないような南半球の人が多かった。冬季大会は採点競技が多くて詰まらない上に、白人の優越主義的なものがある。

今回、平昌に五輪開催地が決まった事は、白人に対する仕返しみたいに捉えて、屋外競技は滅茶苦茶になると諦めた方がいいと思う。日本人は黄色人種なので、とばっちり受けたようなもんだ。

屋外競技だって、まともに実施できないんだから、今回はぐちゃぐちゃな試合結果になると分かりきっている。スピードスケートの換気口の問題は解決できたんでしょうかね。仁川アジア大会のバドミントンの疑惑の風を思い出すよね。

スキージャンプは高梨沙羅選手が銅メダルを獲れたのは喜ばしいけど、ベストコンディションでの結果だろうか疑問が残る。普通では開催中止というような強風突風だもんね。凪になるのが夜のみ。ライトを照らして夜間に試合を実施したらいいのにね。

テョン国で五輪に限らず、スポーツの国際大会が開かれるのは、罰ゲームとしか思えない。この世に、こんなに段取りが悪い運営をする国民性の国が隣にあるとはねえ。

気候上無理だと分かり切っているのに、政治家が五輪誘致で実績を作りたいがために、無理して誘致した。日本の天才フィギュアスケーターを潰してまで手に入れた五輪開催。史上最低の五輪という不名誉を受けて、借金だけが残る不様な大会なるでしょうね。

テョン国人は往生際の悪い、しつこい民族だと思わざるを得ない。その子供っぽいわがままのために、出場選手が迷惑をかける。オーストラリアのテス・コーディ選手が前日の練習中に前十字靱帯を断裂し、競技出場を断念することを余儀なくされた。

平昌五輪は開催前から「突風に苦しめられる」という事は分かり切っていたからねえ。四年間、五輪に向けて頑張って来た選手にとっては堪ったものじゃない。一瞬にして夢が破れた。そして、言い訳するなと言われた上に、大怪我しては何のための五輪なのだろうか?

tess_coady

https://www.instagram.com/p/BfDTpu6jbng/
2018年2月12日

Well Olympics came to a screeching holt today for me... got picked up in the wind on the bottom jump in practice and my acl was not a big fan! Thanks for all the lovin everyone...brb

まあオリンピックは今日私のために息をのむようなホルトに来た...実際にボトムジャンプで風に拾われたと私のACLは大きなファンではなかった! すべての愛する皆さんありがとう... brb

180213-1-9.jpg 

それにしても、スノボは五輪に重きを置いてないと聞くけど、果たしてどうなんだろうね。

日刊スポーツ
スノーボードにとっては「たかが五輪」
配信日時:2014年2月13日1時1分
http://www.nikkansports.com/sochi2014/column/ogishima/news/f-sochi-tp0-20140213-1256744.html

180213-1-8.jpg
スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルの平野(左)と銅メダルの平岡(右)。中央は優勝したポドラドチコフ(撮影・PNP)

 待望の日本選手メダル第1号は、スノーボード男子ハーフパイプ(HP)だった。12日の一夜明け会見、銅メダルの平岡卓と壇上に並ぶ銀メダルの平野歩夢を見て「子どもだな」と思った。まだ15歳、時折見せるシャイな表情が中学生らしくてほほ笑ましかった。

 日本の冬季五輪史上最年少のメダリスト。スキー、スノーボードの雪上競技に限れば、世界でも最年少記録だ。それまでが60年スコーバレー大会スキー女子滑降銅のヘッヒャー(オーストリア)で、16歳145日。何と54年ぶりに記録を塗り替える快挙だった。

 五輪3連覇を狙ったホワイト(米国)は27歳、優勝したポドラドチコフ(スイス)が25歳。2人に比べて平野と平岡が目立つが、実はこの種目は若い選手が多い。決勝進出した12人のうち最年長がホワイトで、次ぐのがポドラドチコフ。17歳で5位のハブリュツェル(スイス)のように10代が12人中5人もいる。

 日本代表も若手ばかりだった。2回目の五輪に出場した青野令は、日体大の壮行会で「ベテランらしい経験を生かした試合を」と話した。まだ、23歳なのに。もう1人の代表、子出藤歩夢も19歳。今大会男子HP代表4人は全員平成生まれだった。過去5大会代表延べ19人の平均年齢は20・2歳。五輪代表でも、極端な「若手チーム」になる。

 競技自体が若い。本格的な国際大会は80年代後半から。五輪も98年からで、日本で人気のジャンプやフィギュアに比べると歴史は浅い。だからなのか、伝統的な冬季競技の選手とは、五輪に対する考え方に温度差を感じる。「最高の大会は五輪じゃない」というボーダーもいる。五輪軽視とは言わないが、取り巻く環境を含めて他の競技と違う空気を感じるのも確かだ。

 選手を含めてスノーボード界に、いい意味で「たかが五輪」という思いがあるのかもしれない。平野や平岡がプレッシャーに負けずに最高の演技をしたのも、前回大会で国母が服装問題で物議をかもしたのも、根っこの部分では同じ。五輪は特別ではない。「いつも通りの自分で、いつも通りにやるだけ」。それが、メダルにつながった。恐れを知らない若い競技に若い選手、それがスノーボードの強みなのかもしれない。

 ジャンプの高梨沙羅は4位に終わった。たぶん敗因の中には、五輪のプレッシャーもあったのだろう。我々マスコミも含めて伝統競技を取り巻く環境からくるプレッシャーが。同時間帯に行われていたスノーボードを見た直後、高梨が涙をこらえて答えるインタビューに胸が締め付けられた。
page back