2010バンクーバー

疑惑の名勝負大全 永久保存版―闇に葬られたスポーツ衝撃の裏歴史を徹底暴露!! (ミリオンムック 59)
疑惑の名勝負大全 永久保存版―闇に葬られたスポーツ衝撃の裏歴史を徹底暴露!! (ミリオンムック 59) 単行本 – 2011/5/23

③スポーツ界 衝撃の事件簿
キム・ヨナ不正疑惑でまさかの金メダル剥奪か!?
男子を超える異常なハイスコア

男子でも入賞できるキムのスコア

 キム・ヨナの演技は美しかった。それは疑いようもない事実である。ジュニア時代から凌ぎを削った浅田真央とは対照的なスケーティングに位置し、キムはどこか妖艶である。

 だが、圧倒的な力でバンクーバー五輪の金メダルを勝ち取ったかといえばそうではない。残した228.56点は、2011年、ロシアで開催された世界選手権男子の7位と8位の間に位置する。6位となった織田信成でさえも232.50点だ。2010年までキムに有利なルールだったとはいえ、予想以上に"盛られた"スコアだったと言わざるを得ない。

「韓国の国民的スター、キムの絶対に負けられない相手、それが浅田真央です。日韓代理戦争の様相となり、環境の違いも韓国ではスポットが当たっていました。浅田は小さいころから素晴らしい環境でスケートをしていましたが、一方のキムはこういってはなんですが、優秀なコーチするいない環境でフィギュアを学んだ。ロクな設備もなかったんです。その苦労から這い上がって、日本に"勝つ"というのが美談であり、韓国が_______ねるところです。だから、勝つためにには手段を選ばないと言われていた」(元プロスケーター)

 五輪当時に改正された新ルール案ではジャンプに対する減点基準が緩和され、それがキムに有利に働いた。ミスを極力排除した演技が求められ、4年前からほぼ変化のない構成で五輪に出場したキムに比べ、浅田はトリプルアクセル(3A)に執拗なまでにこだわった。その結果、ジュニア時代はミスがほぼなかった浅田に極度のプレッシャーが覆い、さらに成長過程の体型の変化についていけず、バランスが乱れていった。

「どんな大舞台でも緊張しない女の子だったのに、キムとの対決報道が過熱するにつれて浅田は凄く意識するようになってしまった。力が入るからそれがミスに繋がり、悪循環を生んだ。ジュニアからシニアに転向して、いとも簡単にトリプルアクセルを跳んだときは、遅かれ早かれいずれ4回転を跳ぶとも言われていましたから、本人のプレッシャーは計り知れなかった」(同)

150905-8-3.jpg
おそらく浅田は完璧な演技をしても勝てなかった。

 バンクーバーに旅立つ前、浅田はショートプログラムでも3Aを跳び、フリーではさらに2回3Aを入れると、メディアから伝わってきた。合計3回の3A。なぜミスの危険性をはらむ3Aに何度もチャレンジしようとしたのか。それは、チャレンジの放棄は敗退に繋がったからである。

「五輪当時のルールに従ってキムに勝つためには、フリーでトリプルアクセルの二度成功。それにミスが許されない完璧な演技が必要でした」(現地で取材した記者)

 キムは2009年3月に開催された世界選手権で、200点オーバーを記録。浅田包囲網がすでに完成の域に達しており、実はこの時点で現行ルールでキムを上回るのは不可能とも囁かれていた。

今のフィギュア界に公平性はない!

 参考になる大会がある。五輪後、__を経て4週間足らずの__で2010年の世界選手権の本番に挑んだキムは、転倒という大きなミスを犯しながら、フリーの演技は浅田を上回って2位フィニッシュ。いくら金メダリストだからといって観客も歓迎するムードはそこにはなかった。

 五輪中、不可解な加点に異議を唱える各国の評論家もいたが、さすがに世界選手権では不満が続出。あの"中国メディア"でさえ、「完璧な演技を見せた浅田真央選手の点数がキム・ヨナ選手よりも低かったとき、会場からはため息が聞こえた。表彰台でキム・ヨナ選手に送られた拍手は、金メダルを獲得した浅田真央選手はおろか、銅メダルのラウラ・レピスト選手よりもずっと少なかった」と苦言を呈した。さらにこうも続けた。

「ジャッジから何らかの配慮があったのは明らかだ。フィギュアスケートにおける悲哀と言わざるを得ない。ジャッジが見せた『えこひいき』はフィギュアスケートというスポーツの公平性をさらに失わせることとなった」

 中国メディアは政治に対してはトンでも報道を繰り返すが、スポーツメディアは日本より______いる場合が多い。

 浅田と同じく、男子にも被害を被った選手がいる。ロシア人のプルシェンコだ。ショート、フリーで4回転ジャンプを成功させても五輪では銀メダル。浅田以上に、プルシェンコは男子の中で絶対的な王者。その王者はメディアの前で胸のうちをさらけ出した。

「3回転ジャンプは20~25年前からあった。それから3回転半、4回転が始まったが、今の制度では評価されない。フィギュアスケートの進歩は止まってしまった。

 結局のところ、人が見て判断する採点競技は、採点方式が変化するだけで順位がガラリと入れ替わってしまう。

「2大会連続で日本勢が金メダルを獲るのは好ましくない。ISU(国際スケート連盟)はそう考えているようでした」

 と前出の記者もいうが、日本は過去にノルディックでもスキージャンプでも頂点に立つたび、ルール改正が壁となり、阻まれてきた。いい加減、日本も連盟が力を発揮して、日本人選手に有利になるよう、ロビー活動ができないものか。

150905-8-1.jpg
150905-8-2.jpg 
150905-8-4.jpg
150905-8-5.jpg

※画像が不鮮明で文字の判別不能な箇所をアンダーバーで表示してあります。
スポンサーサイト
『この冬アタマにきた日本人ベスト10』

第9位と第8位には、主に酔っ払いのおじさん達からのちょっと厳しすぎる意見。
続いて第8位もオリンピックから―

150823-3-1.jpg
  • やっぱりプレッシャーに弱かったですね。

  • ハングリーさもないし、(生まれ育った)周りの環境が良かったから。(結果は)順当かな。

  • キム・ヨナに勝てないんじゃないかと思ってたら、やっぱりそうだったみたいなところで。そこんところくつがえしてほしかったですね。
第8位はフィギュアスケート浅田真央選手。

150823-3-2.jpg

金メダル獲得の期待が高まる中、フリーで難度の高いトリプルアクセルを2回決めたが、ライバルの韓国キム・ヨナ選手に完敗。期待が高かった分、あたまにきちゃった国民もいるみたいですね。

田中裕二: はい、なかなか厳しい意見がありましたが――

太田光: ちょっと厳しいっすね、これねえ。

渡辺周: さっきのねえ、あのねえ、SN広場の新橋の酔っ払いに腹が立つ。頭にくる。

150823-3-3.jpg

野村沙知代: でもねー、このフィギュア見ててねー、韓国のキムヨナ選手には勝てませんよ、この子。何でかって言ったらね、3回転半2回やったとか何とか言ってるけれども、そりゃ技術面ではそうでしょう。しかし、後はこうやってお遊戯してるだけよ。

太田光: えっー違うよ!あれ凄かったよね、途中のあれ(ステップ)。

村主千香: そうですね、後半のステップにはかなり真央ちゃんも力を入れてましたので、そこの評価は――

150823-3-4.jpg

太田光: 俺の採点でもキム・ヨナがわずかに金だったの。わずかに金だったんだけど、ただそれはね、パンクしたっていうかね、つまづいちゃったような。あれがあったから、申し訳ないけど、ちょっと2ポイント下げさせてもらった。

田中裕二: 村主さんはどう見ます?

150823-3-5.jpg

村主千香: あそこの大舞台でトリプルアクセルを3回とも決めるということは、やはり女性として素晴らしいなと思います。

野村沙知代: だって、3回転半って誰だって出来るんじゃないの?

太田光: できない!やってみなよ、じゃあ。

150823-3-6.jpg

Yahoo!知恵袋
サッチーこと野村沙知代さんはなぜ消えたのでしょうか?
質問日時:2015/2/1800:19:32
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11142103981

太田総理の時のサッチーは既に認知症の兆候が出ていたのかも・・・
150821-3-1.jpg
150821-3-2.jpg
150821-3-3.jpg

キムヨナのひどすぎる練習妨害  バンクーバー直前公式練習にて

https://youtu.be/1qhLcZiTgAs

真央さん、本当によく耐えたね!!ヨン棒は専用リンクにおし留めて缶詰にして、そこでぼっちで練習していて貰いたいわ ( ゚Д゚)㌦ァ!!

ヨン棒は練習で進路妨害に逆走する。ルールを守れない。故意があってもなくても、頭おかしい。極論を言うと試合に出て来ないで貰いたい。最初からメダルをお買い上げしていいから、出て来なくていい。

しかし、ヨン棒が台乗り、しかも真ん中に立って、拍手&喝采メダルを首からかけて貰いトロフィを手に取りホルホルするところが、ニダ国民にとっては一番の楽しみ。だから、ヨン棒は何が何でも出場して来る。そして、あかん国国歌が流れてテョン国民が発狂しながら泣くのがさらなる娯楽。

でもねえ、こんな事しか楽しみがない・・・蕎麦国政府にとったら、失政の矛先を反日もしくはスポーツで国威掲揚するしかない。金メダル以外は意味がないんだね。出場するだけでいいぐらいな考えがない。自国がメダルを獲れない場合は、“他人の祭り”だものね。常にウリにスポットライトが当たってないと気が済まないらしい。

150821-3-4.jpg

やっぱりカプサイシンのせいなんだろうか?強迫神経症的な考え方だよね。
東洋経済オンライン
科学の世界でも「イメージ」が大切
SF作家・小松左京氏②
配信日時:2010年04月14日 週刊東洋経済編集部
http://toyokeizai.net/articles/-/4081

150608-3-1.jpg

こまつ・さきょう 1931年大阪生まれ。SF作家。京都大学文学部卒業。経済誌記者などを経て、62年にSFプロデビュー。73年発表の『日本沈没』は400万部を超えるベストセラーに。代表作に『復活の日』『果しなき流れの果に』『首都消失』など。大阪万博や花の万博のプロデューサーも務めた。

 僕は還暦を迎えたパーティの席で、「これからは文学原論を究めるために作家に専念する」とあいさつしました。それまで引き受けていた博覧会のプロデューサーや諸々の委員、社長業などからすべて自由になると決めたのです。

 実はその40年前、プロの作家としてデビューする前の同人誌で、「文学の科学を確立しなければならない」と宣言していました。小説家の高橋和巳らと一緒に作った同人誌です。当時から文学の本質を定義づける必要があると思っていたのです。

 しかし40年間作家をやってきても「文学とは何か」を定義づけるまでに至っていませんでした。

 先日のバンクーバー五輪のフィギュアスケートでは、浅田真央さんがキム・ヨナさんに負けました。僕にはその理由がよくわからなかった。真央さんのほうが人間として華があると感じた。「華」というあいまいなものに対してフィギュアスケートはきちんと評価する基準を持っているものと思っていましたが、文学の定義づけと同様、現実にはなかなか難しいようです。

文学も科学も共有できる世界がある

 「文学とは何か」と追究していく中で気がついたことは、「物語性」です。ストーリーはヒストリー(歴史)と同じ語源で、「調べる」「尋ねる」という意味がありますが、「うそ」「作り話」という意味もあります。人間は言葉を使い始めたときから、「物語」を作り続けてきたのではないでしょうか。それが口承文学として語り継がれ、神話や説話、歴史になってきたのではないでしょうか。その頃の「物語」は、あらゆるイメージの総体として「哲学」と言ってもよかったかもしれません。それがある時期から「科学」と「文学」に分かれてきたのです。

 僕がSFに惹かれたのは、そうした「文学」と「科学」を、もう一度、「哲学」に一体化できるかもしれない、という気がしたからです。

 科学の世界には「虚数」という概念があります。英語で言うと「イマジナリーナンバー」です。そうです。科学の世界でも「イメージ」することは大切なのです。文学も科学も共有できる世界があるのです。

 僕はいろいろな先端科学者と交流してきましたが、彼らの多くは実に人間的で、SF作家もビックリするくらいとんでもない発想をします。

 科学者が解明した世界から物語を編み出すと同時に、「美」や「愛」といった、数式では表現できない世界を文章で表現することによって、逆に新しい科学のイメージが広がるかもしれない、と思っています。

( *・x・)( *・x・)( *・x・)( *・x・)( *・x・)( *・x・)( *・x・)

思想に関係なく本物の審美眼洞察力を持っている人には、真央さんの方が素晴らしいと分かるよね。お金で点数を買ってるんだもの。ルールを変えて国ぐるみで優勝するようにした事は大したものだなあと感心はする。

日本は個人に頼りすぎている。国営のオリンピック選手養成所はないし、以前は企業がスポーツ事業に取り組んでいたけど、景気が失速して、実業団も廃れてしまった。

学校の部活動に頼るのが一番おかしい。高校は私学であれば、ある程度専門のコーチや監督を抱えている。中学校は公立なら転勤して来たその競技未経験の教師に部活の顧問にさせたりといい加減。後は、精神論根性論で乗り切るという旧態依然の非科学的なスポーツ。

日本は止めたらいいのにと思う部分の福祉が過剰に手厚く、諸外国ではセーフティネットの対象の事に対しては自己責任論を振りかざす。スポーツは余裕の産物というのであれば、日本国として負け続ける。スポーツは代理戦争なんだよ。
page back