オーウェルの「1984年」は監視社会を風刺したSF小説で有名だが、今まで読んだ事がありませんでした。私は普段小説を読まない人間で、ノンフィクション・実用書の類しか読みません。

「1984年」の翻訳者高橋和久さんのあとがきでは、イギリスで「1984年」を読んだふり本の栄えある第1位が「1984年」とのこと。まあ忙しかったり、難解だと思うと、読むのを避ける傾向にあるでしょうね。

SFというより、ディストピア小説に分類される。ディストピアはユートピア(理想郷)の反対の意味なんですね。

小説「1984年」を読み始め、最初の方はあまり読み進まず、イメージが湧きませんでした。なので、映画化されてないかなあと思って、ググッてみました。昔、映画化されているようだけど、オンデマンドでレンタルできないので、映画を見るのは諦めました。

そしたら、漫画版の「1984年」がありました。

170923-2-1.jpg
「政府が真実を隠し大衆を「ウソ」で支配するSFが現実に!?
トランプ政権誕生で再注目!

1984年 (まんがで読破 MD100) 文庫 – 2012/1/31
ジョージ・オーウェル (著)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781607268/

これを読むと、具体的な場面が分かるので、小説が読みやすくなりました。でも、小説の方が細かい情景を描いていて、漫画版より面白さは上でした。話も原作と違う点が至る所にありました。

「1984年」の終盤、ウィンストンがオブライエンに最後の拷問をかけられる場面。金網カゴに入ったネズミをウィンストンの顔に被せるシーンがあります。ふと、カナダ製作のテレビドラマ「ニキータ」のとあるシーンを思い出しました。

ニキータが敵の組織に捕まって、拷問をかけられる時、ネズミが入った金網カゴにニキータの顔を入れられて、自白を強要されます。パクリだったとは・・・というか、「1984年」は様々な作品に影響を与えているでしょう。

ちなみに「ニキータ」はマギーQ主演の新しいものはシーズン1の第1話をおまけで見て、あまり面白くないので、それ以降の話を見ようと思いませんでした。

カナダ版の「ニキータ」はファイナルシーズンを見てないし、地上波だったので、途切れ途切れ見て、話が繋がりませんでした。しかし、シーズン3まで圧倒的な面白さでした。

このドラマの組織が「24 -TWENTY FOUR-」に引き継がれていて、同じプロデューサー兼脚本家のジョエル・サーノウならではの世界観が描かれていました。

170923-2-2.jpg
トランプ政権誕生で再びベストセラー!
世界の「今」を予言した傑作古典

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) ペーパーバック – 2009/7/18
ジョージ・オーウェル (著), 高橋和久 (翻訳)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200533/

話は「1984年」に戻ります。私はあまり味わって読んでないせいもあって、全体主義的社会、長時間労働で考える隙を与えず、政府に疑問を持たずという恐怖は感じませんでした。設定が戦時中のお話なので、食料は配給制で代用品による食事のまずさ、党員は制服を着ています。

テレスクリーンが党員の自宅の壁に設置されていて、朝起床してすぐ一斉体操をしなければなりません。(ヌルプン体操か?)しかも、テレスクリーンの向こうから、四人の子持ちのインストラクターが監視していて、主人公のウィンストンは前屈して指でつま先が掴めないため、やる気がないと注意されてしまいます。

読んでいて疑問に思ったのが、党という組織に馴染めないウィンストンは党員を辞めて、85%もいるプロールという被支配層に転身する事はできなかったのだろうかと思いました。プロールにはテレスクリーンで監視されないのですから、多少物質に不自由したり、学問的知識は劣っても、言論・思想の自由があります。

党員は子孫を残すためにだけ結婚できるけど、決して愛情で結ばれたカップルではないので、ウィンストンはキャサリンという名の妻と別居中。何だか、ナチスドイツのレーベンスボルンのようだなあと感じました。レーベンスボルンはかなーり昔に犬HKのドキュメンタリー番組でその存在を知り、驚愕しました。

ウィンストンはジュリアという若い党員と不倫関係になります。ジュリアの方から、「I Love You」と書かれた紙切れをウィンストンに通りすがりに渡して接触を図ります。

共産党一党独裁ファシストでありながら、結婚は種を残すためなのに、恋愛は禁止。結婚という形に捉われなくても、子供が生まれさえすれば、人口増加に繋がるのに、このお話では、子供と老人の姿がプロールという被支配層以外では見当たりません。

出版社はこの小説にトランプ政権誕生で再び注目というキャッチフレーズを付ければ、売れると思ってるのでしょうか?トランプ政権はアメリカ国民が選んだ(特にラストベルトという地域の人々)のであって、一党独裁の共産党政権の国とは違います。

トランプは不法移民を国外追放しろと言ってるのであって、合法移民を排斥しようと言ってるのではありません。私はこの小説は歴史を改ざん・捏造するので、むしろテョン国について描いているのではないかと思いました。

主人公は真理省の記録局で歴史の改ざん作業を行っています。ある日、党にょってテロリストとして処刑された三人のアリバイ記事を見付けます。もちろん、職務遂行のため気送管の「記憶穴」に放り投げました。

オブライエンから拷問される時、その記事を一瞬見せられて、「記憶穴」に廃棄されてしまいます。また、オセアニアはイースタシアと戦争していたのに、ずっとユーラシアと戦争していた事になっているのです。

過去がなく、未来が不明で、現在しかないのです。まるであかん国の歴史捏造そっくりだと思いました。党には就労可能な年齢の人しかおらず、核戦争前の昔の事を知っている人が存在しないのです。

ウィンストンはプロールの居酒屋で老人と接触し、昔の話を聞こうとしますが、老人は学がないので、自分の身近な些細な出来事を話してくれても、政治的な事は一切話してくれません。インテリは粛清されてしまったのかもしれません。

ニダ国は外観至上主義なので、若い事が全てです。美容整形に走るのも若ければ良いという考え方なのでしょう。腐った儒教なので、老人を敬いません。日本統治時代は良かったと話した老人が、泥酔した非正規の男性に頭を杖で殴打されて、亡くなってしまいました。

バ姦国は老人に酷い事をするという点では、鬼才スタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」のような世の中だと思いました。

そして、ジョージ・オーウェルが1949年、46歳で「1984年」を世に送り出します。1944年に構想を固めたとのこと。1944年から見て、1984年はディストピア社会だと想像したのでしょうか?ちょうど40年後の世界。翌年、1950年47歳で結核により死亡。天才は短命なのね。

170923-2-3.jpg
あらゆる権力は腐敗する。
それは歴史の必然なのか。

動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) 文庫 – 2017/1/7
ジョージ・オーウェル (著), 水戸部功 (イラスト), 山形浩生 (翻訳)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200878/

山形浩生さんの翻訳なので、読みやすかったです。

動物農場」は1945年に発表された作品で、全体主義やスターリン主義の批判を寓話的に描いた作品だと云われています。動物が主人公なので、柔らかい雰囲気になっています。

こちらは短いのでさくっと読めますが、読んだ感想は何で動物のくせに人間の言ってる事が分かったり、人間が置いて行った道具を使いこなせるのか・・・豚、特にナポレオンは人間と交渉する能力があります。設定が突飛すぎると思いました。

カエルの楽園
カエルの楽園 単行本 – 2016/2/26
百田尚樹 (著)

こちらの作品は百田尚樹さんの「カエルの楽園」を思い出しました。百田さんは「動物農場」の設定を真似したように感じます。「動物農場」との大きな違いは「カエルの楽園」には一切人間が登場しません。

「動物農場」ではメージャーという老豚が「イギリスの獣たち」という歌を農場の動物達に教えて死んでいきます。「カエルの楽園」では「謝りソング」という歌をツチガエルのナパージュという国では、国民全員で大合唱します。

「動物農場」では七戒が出てきます。「カエルの楽園」では三戒が出てきます。

動物農場の七戒
1. 二本足で立つ者はすべて敵。
2. 四本足で立つか、翼がある者は友。
3. すべての動物は服を着てはいけない。
4. すべての動物はベッドで寝てはいけない。
5. すべての動物は酒を(過剰に)飲んではいけない。
6. すべての動物は他のどんな動物も殺してはいけない。
7. すべての動物は平等である。

カエルの楽園の三戒
現在の三戒本物の三戒占領後の三戒
一、 カエルを信じろ一、 スチームボート様を信じろ一、 ウシガエル様を信じろ
二、 カエルと争うな二、 スチームボート様と争うな二、 ウシガエル様様と争うな
三、 争うための力を持つな三、 争うための力を持つな―――。三、 争うための力を持つな

以上でした バィビィー☆(´ゝ∀・`)ノシ
スポンサーサイト
河惣益巳(かわそうますみ)さんがテョン国嫌いというのがよく分かりますね。こうやって思い切ってこういう表現をしてくれるのは、嫌韓の人からすると溜飲を下げてくれて、気分がスッキリします。

マスゴミは在日に支配されていますから、未だにあかん国マンセーばかりですものね。テレビは受動的なので、情報が垂れ流されるのをじっと見てるだけ。そして、いつの間にか洗脳されてしまっている。

今から10年ぐらい前にあった犬HKで放送されたウリナラファンタジードラマの「チャングムの誓い」では韓方医というのが李朝には存在したとされていました・・・(・∀・)??

トンスル(う○こ酒)とか犬糞水という汚すぎる民間療法が残っている国で、漢方薬より進んだ韓方薬があったとは到底考えられませんよね。

日本は常に朝鮮半島と関わるとろくな事がありませんでした。歴史的にかの国から学ぶ事はなく、日本が常に手を差し伸べていて、損をするという事を繰り返していました。

ところで、「蜻蛉」の真の主人公は韓梨花(ハン・イファ)なんじゃないかと思います。白目の多い蛇のような目、協調性のないぼっち、自己愛性人格障害、事大主義、サイコパス。。。元五輪チャンピオンの誰かさんを彷彿とさせます。

170907-3-1.jpg 
170907-3-2.jpg 
170907-3-3.jpg 
170907-3-4.jpg 
170907-3-5.jpg

韓梨花主役のホラー漫画と位置付けた方が面白みが増すかもしれませんね。

170907-3-6.jpg 
170907-3-7.jpg

韓梨花姫のサイコぶりも忌憚なく発揮されています。3巻が楽しみな「蜻蛉(せいれい)」2巻でした。
弥夜(みや)の父であり、尚和(しょうわ)国の王太子である春宮(とうぐう)殿下・陽弥(たかや)様は牢屋に入れられてしまいました。

170907-2-1.jpg

春宮が国主の座に就かないと、朔弥(さくや)は尚和国の国主になれません。弥夜を救出に行くために、ちょうど台風(神風)の季節にも関わらず、虯(キュウ)帝国に向けて出航します。きっと海神(わたつみ)が助けてくれるのでしょう。

弥夜は是欣(シシン)に5人の姫君達が拉致されたので解放して欲しい事、日弥(はるや)の首をはねられた事を話します。早速、是欣は尚和国の帰国団を城外に追って行った部隊を探すように命じます。

170907-2-2.jpg

非色(フェイセ)部隊=外人部隊、1巻で出てきた虯帝国に滅ぼされたバーラム王国金髪碧眼のアルデシール王子が日弥の首をはねたと名乗り出ます。ところが、アルデシール王子を庇うために、バーラム王国の部隊は全員が名乗り出ます。

非色部隊・白組・副隊長のクテシ・ワルカが犯人だと名乗り出てきます。弥夜の下にアルデシール王子とクテシ・ワルカが連れて来られます。私は先に、弥夜は御社(おやしろ)様のような能力をまだ習得していないと書きました。

しかし、弥夜はクテシ・ワルカが日弥の首をはねた時、剣の達人が躊躇なく首をはねたので、明らかに殺意があったと見抜きます。尚和国の親王を虯国の一兵卒が殺害する理由がないので、誰がそれを命じたか口を割らせるのに、超能力を使います。弥夜の超能力はなかなかの腕前です。

170907-2-3.jpg

そして、クテシ・ワルカの口から、「安寧(アンニョン)国王太子 韓正敬(ハン・チョンギョン)」と出てきます。父娘揃って、テョン国人の陰湿な気質をよーく表現していると思います。河惣益巳(かわそうますみ)さんはネトウヨなのかしらね(笑)

最後に、弥夜の叔父である地基(ちき)が春宮と弥夜を虯皇帝から奪還に向かうところで2巻は終わります。

弥夜の後見人である右騎(うき)左季(さき)前希(ぜんき)の三人が助けを求めに行った時、尚和国は大使館を閉鎖されていました。2005年に中国であった官製の反日暴動を思い出しますね。国是が反日という国とはお付き合いしたくありませんよね。

170907-2-4.jpg

3巻目が楽しみです。朔弥が虯国に無事到着して、地基が虯皇帝に拝謁(はいえつ)して、弥夜と春宮は救出されるのでしょうか?あるいは、4巻まで続くのかな?さらに長編化するのかな?

ひとつの巻に白泉社メロディ」の4ヶ月分の連載が掲載されるので、まだまだこの作品は巻数が続くかもしれませんね。あまり長編になって欲しくないけどなあ。途中でダレないように、ちょうどいいぐらいの長さで終わって欲しいものです。

希望としては、この作品の最後は安寧国の王太子と姫君がタヒってくれると溜飲を下げられていいなあと思います。「正義は勝つ!」じゃないと読んでいられませんよね♪(*´∀`*)

(゚Д゚)ノ⌒③に続くよー★
「蜻蛉(せいれい)」を教えて下さったkittoさんは元気にしているかなあ?

蜻蛉 2 (花とゆめCOMICS)
蜻蛉 2 (花とゆめCOMICS) コミックス – 2016/11/18
河惣益巳 (著)

蜻蛉(せいれい)の2巻が2016年11月に出ていたと知らずにいました。2017年6月に買って、7月に読みました。マンガのくせに読み応えがあって、結構読むのに時間がかかりました。

その理由がセリフが多めだし、古語調のセリフのせいもあります。でも実は、河惣益巳さんの画力のなさもありますね。登場人物が多い。2巻目の初めに相関図があるので、新しい人やキャラクターの違いがあまりよく描ききれていない人は、相関図に戻っていちいち確認しないといけません。

1巻目の終わりで主人公の尚和(しょうわ)国の姫君である秋津媛命(あきつひめのみこと)・弥夜(みや)安寧(アンニョン)国韓梨花(ハン・イファ)に呪詛をかけました。気になる続きは、無事に(?)梨花姫は生きていました。

弥夜にはそこまでの呪術はないのかと少しがっくりきました。いや、梨花姫には虯(キュウ)帝国の皇太子である是欣(シシン)のお妃になって貰い、弥夜の御一行は安心して尚和国に帰国するために、梨花姫を生かしておいたのかもしれません。

1巻の終わりで弥夜と5人の姫君達は虯帝国の皇太子の後宮に捕らえられました。安寧国の韓梨花姫だけ、後宮に居ればよいのに、弥夜を含め5ヶ国の姫君達はとんだとばっちりを受けてしまいました。

170907-1-1.jpg

弥夜の母君である御社(おやしろ)様は絶世の美女である上に、降霊術までできる巫女のようです。弥夜の兄であり、許婚(いいなづけ)であった日弥(はるや)(故人)の霊を自分の体に呼び込みます。そして、新たに登場した日弥の弟である朔弥(さくや)と日弥の霊を引き合わせ、「弥夜を頼む」と言って消えていきます。

170907-1-2.jpg

弥夜の後見として、1巻では右騎(うき)左季(さき)前希(ぜんき)が虯帝国について来ていました。尚和国に残っている新登場人物として、後己(こうき)が登場してきます。後己と前希は鳥を使って、交信します。尚和国の媛の周りにはすごい超能力者の人達ばかり居るんですね。

170907-1-3.jpg

それで、尚和国の媛(ひめ)の周りには超能力者ばかり居るのに、日弥が首をはねられるのを予知できなかったのが、何でなんだろうと疑問に思いました。たぶん、虯帝国の首都・翅遥(しよう)にある皇城は瘴気(しょうき)が漂っていて遮られてしまい、超能力が使えないのかもしれません。

(。・ω・)σ ⌒②に続くよ~♪
テコンダー朴2
テコンダー朴2 コミック – 2017/1/20
山戸大輔 (著)、白正男 (著)

ツイッター  白正男@テコンダー朴★2巻発売は1/20
@mr_beck36

170123-2-1.jpg

一般的にニダーさんは後進国というか、暖かい所に住んでいる人をバカにする。

170123-2-2.jpg

寿司も忍者もウリナラが起源ですよね。そんなの当たり前じゃないニカ?

170123-2-3.jpg

戦後のどさくさの時期に暴れまくった、朝鮮進駐軍のような警察官。

170123-2-4.jpg

ヨン様のマネキンの首がぁぁぁぁぁー<`Д´;><`Д´;><`Д´;>アイゴー

170123-2-5.jpg

李信恵(リ・シネ)さんモデルの林里恵(イム・リネ)登場。顔もきれいにスタイルも良く描いてるし、これでリ・シネさんは怒るのかなあ。

170123-2-6.jpg

今は日本第一党党首の桜井誠氏モデルの在糾会の桜木誠。日本最大の差別団体のリーダー。

170123-2-7.jpg

今現在も慰安婦強制連行は続いている。これ以上被害者を増やさないためにどうしたら良いのか?

170123-2-8.jpg

精神科医の香山リカさん登場。

170123-2-9.jpg

そうニダ。劣等民族のチョッパリとは世界一優秀なニダーさんは結婚してはならない。ニダーさんは半チョッパリと結婚して、世界一醜悪な差別国家かつ放射能で汚染されたイルボンから離れて、素晴らしいウリナラへご帰国いただけると大変嬉しく思います。

170123-2-10.jpg 
170123-2-11.jpg

ウリナラはテロリストが義士ニダ。靖国爆破事件は犯罪じゃないんでスミダ。戦争犯罪者を祭っている靖国神社は壊滅して良いんデヨ。チョン・チャンハン様は英雄ニダ。

NAVERまとめ
【靖国神社トイレ爆破事件】やはり犯人は韓国人だった!その再入国の理由とは【テロ】【実刑判決】
更新日時:2016年09月17日
https://matome.naver.jp/odai/2144963216021522301

170123-2-12.jpg

香山リカさんは強いニダ。かっちょいい女性でスミダ。

170123-2-13.jpg

そうニダ!在日の方々しかレイシストを裁く資格と権利はないニダ!

170123-2-14.jpg

精神科医だけど一応応急処置ぐらいはできるよね?有田芳生先生はおケガ大丈夫かなあ。不逞チョッパリを退治するために日々戦っておられるお二人は活動家の鑑です  <丶`∀´> -3 ホルホル

<*`∀´>つ⑤に続くニダ~♪
page back